« 質問への回答(28) | トップページ | 書評--バシャール・ペーパーバック8 »

2012年4月 9日 (月)

書評--バシャール・ペーパーバック7

バシャール・ペーパーバック7―ワクワクとは、あなたの魂に打たれた刻印である
バシャール , ダリル・アンカ著、 北村麻紀 (翻訳)
¥1000 VOICE新書

なぜこの本を今まで購入しなかったか、というと、旧版BASHAR1~3を持っていて、ペーパーバックはそれが8冊に分かれたもの、と思い込んでいたからです。
実際には1~3の分はペーパーバック6までで、7及び8に関しては、2002年のワークだとのこと。(最近知った)

BASHAR1~3のあと、「ニューメタフィジック」(絶版)はあるものの、「BASHAR2006」まで、内容的にちょっと開きを感じていた。
その中間に位置するものがこの本なのでした。

Q&Aが中心ですが旧版BASHAR1~3より洗練された感じがして、勉強になるフレーズも多く、BASHAR GOLDよ(内容が20年前)りは感覚的に新しいです。

« 質問への回答(28) | トップページ | 書評--バシャール・ペーパーバック8 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54427098

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--バシャール・ペーパーバック7:

« 質問への回答(28) | トップページ | 書評--バシャール・ペーパーバック8 »