« 書評--この世で一番のメッセージ | トップページ | 書評--あなたはできる 運命が変わる7つのステップ »

2012年4月21日 (土)

書評--人は生まれ変わる

人は生まれ変わる   
船井 幸雄 (著)
\1575 ダイヤモンド社

--amazonの中古が¥1--

第一章と第二章は輪廻転生の説明。
「生まれ変わりは存在するのです」と改めて言われても、僕からすれば「とっくに知っているよ」という感じ。
しかし、まだ輪廻転生を半信半疑の方、ブライディ・マーフィーやエドガー・ケーシーのことを知らない人には勉強になるでしょう。

第三章は著者が学んだ本の紹介。
まあ、ここに紹介されているメンバーの本は僕もそこそこ読んだがそれほど悪くはない。

スウェーデンボルグ、ユング、関英男、正木和三、、、、中には出口王仁三郎やロバート・モンローもあったりしますが。
それらのメンバーの著作なども紹介されていますので興味があれば読み進めるのに役立ちます。

第四章はカルマの法則・・・「人は魂の学びのために生まれ変わる」なんて感じです。

第五章はヘミシンクの説明なので読み飛ばした。

ということで、いろいろな本からの引用や紹介が多く、単なる寄せ集めの感がある。
しかし、最初から輪廻転生の紹介本として読めば、知らなかった人には役立つかも。

お勧め度★★☆☆☆(星2つ)

« 書評--この世で一番のメッセージ | トップページ | 書評--あなたはできる 運命が変わる7つのステップ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54521526

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人は生まれ変わる :

« 書評--この世で一番のメッセージ | トップページ | 書評--あなたはできる 運命が変わる7つのステップ »