« 書評--2012年アセンション最後の真実 | トップページ | 書評--クラリオン星人はすべてを知っていた »

2012年5月25日 (金)

書評--宇宙を味方にする方程式

宇宙を味方にする方程式
小林 正観 (著)
\1500 致知出版社

==amazonの中古が¥45-===買いです!

小林正観は何冊目だろう?
別の著者のファンでも何でもないのだが、ブックオフで¥105で売っていれば読んでみよう、という存在。

この本は文字が大きいです。(もっと小さくして代金を安くすべきだと思います)
講演が下敷きになっているようで、面白い言葉もしばしば。
とりあえず、これまで読んだ著者の本の中では一番、宇宙の法則に近いかな?

「玄米を一所懸命に食べる人は病気になりやすい。
玄米は身体に良いからと、意識している人は、身体に悪いものを常に考えて買い物している・・・」
なるほどね、という感じですP149

「神社にお願いをしてはいけない。
それは今の状況を否定して神様に戦線布告していることになるから・・・」
これもなるほどね、です。P182

般若心経の解説もあります。

そして、女性特有の病気になる人は共通しているというP68
「一つ目、女になんか生まれたくなかった。
二つ目、男に生まれてきたかった。
三つ目、今度生まれてくるときは絶対男だ。
そう言い続け、思い続けてきた人たちだそうです。」

お勧め度★★★★☆

« 書評--2012年アセンション最後の真実 | トップページ | 書評--クラリオン星人はすべてを知っていた »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54797513

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙を味方にする方程式 :

« 書評--2012年アセンション最後の真実 | トップページ | 書評--クラリオン星人はすべてを知っていた »