« 書評--過去世回帰ワークブック | トップページ | 書評--前世の癒し »

2012年6月21日 (木)

書評--進化する魂

進化する魂 
ジェームズ・レッドフィールド (著), 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳)
\1800 角川書店

著者は「聖なる予言」という小説の作者。
結局9つの予言を見つけるまでを綴ったものだが、9つの予言を直ぐに読みたければ「第十の予言」を買ったほうが早いのでした。

さて、タイトルの本だが、「スピリチュアリズムの歴史」の解説書のようなもの。
資料集のような存在としては役立つが、魂の向上そのものには直接結びつかない。
巻末の[文献紹介]は数も多く、役立ちそうだが、翻訳されたものが少ないのが欠点。

お勧め度★★☆☆☆

« 書評--過去世回帰ワークブック | トップページ | 書評--前世の癒し »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55018055

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--進化する魂:

« 書評--過去世回帰ワークブック | トップページ | 書評--前世の癒し »