« 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 | トップページ | 書評--進化する魂 »

2012年6月21日 (木)

書評--過去世回帰ワークブック

過去世回帰ワークブック
ネビル ロウ (著)
\1950 VOICE

--絶版だが「過去世セラピー (VOICE新書)」と同一内容。amazonの中古が¥35-- 買いです!

7月7日は奥様が「霊界のシステム」の話をする、ということで僕も復習中。
http://sirius-b.cocolog-nifty.com/blog/cat7972513/index.html
(本日現在、まだ残席あります。)

ということで、10年ほどまえに読んだタイトルの本を読み返し。

当時は気づかなかったけれど、かなり深い本です。

前世療法と、引き寄せの法則と、悟りの方向性を示している。

残念ながら著者は山岳事故で亡くなっています。もっと著書を読みたかった・・・

(過去世セラピーで)「こんなものはたんなる空想にすぎない」というクライエントに対しては、私はふたつのことをお話しています。
まず第一に世の中には無限のものがあるのに、なぜあるものを想像して、あるものは想像しないのかということです。
そのつぎに、世の中にはたんなる想像というものは存在しない、ということです。究極的にはすべてのものは想像で、あなたが座っている椅子も、じつは想像です。」P30

「もし過去世でだれかを殺して罪悪感を持ち、そのために今度は自分がその人に殺されることを前もって同意していたとしても、すでに自分自身にも人にも判断を下さない(裁かない)ところまで意識のレベルが高まっていたとすれば、もうその人に殺されて自分を罰する必要がなくなります」P54

「だれか他の人があなたの信じていることを信じないからといって、その人が間違っているわけではありません。その人はただ「あなたとは別の現実を生きている」というだけなのです。」P63

これは↓他のサイトで長々と引用している人がいるのでそのまま持って来ました。
「自分を裁くような想念が出てきたときには、それに気付いて下さい。そのような想念が出てくるということは、潜在意識の中にあったものがわきあがってきているのですから、抑圧することは出来ません。
今まで気付かなかったこれらの想念を自分の表面意識にのぼらせてあげると、それだけで潜在意識の中でおのずと自分の思考が組み変わっていきます。自分で分からなくても、それは起こっています。
あなたがその想念に気付いた瞬間に、そのエネルギーを解き放つことが出来ます。
解き放ったあとも、想念はくりかえし浮かび上がってくるでしょう。そのたび、それをそっと受け入れて、自分の表面意識にこう言ってあげるのです。
「その想念が私の潜在意識の中にあることを伝えてくれてありがとう。でも、今、私はその想念を受け入れないことを選択します。私は自分が聖なる存在であると信じることを選択します。私は自分の最善をつくしてこの地球上の生活、この世界を体験しているのです」
あなたは本当にすばらしくユニークな存在なのです。
すべての創造物、すべての時、すべての空間を見ても、あなたと同じ創造物というものはありません。今までもなかったし、これからもありません。
それなのに、なぜあなたは自分自身に判断を下すのでしょうか? あなたは誰と自分を比べているのでしょうか? 自分はこうあるべきというような思いと闘っているのでしょうか? それとも、自分はこうすべきだったと考えているのですか?
なぜ自分以外の他の人たちに、それだけパワーを与えてしまうのでしょう。
自分のユニークな美しさを祝福し、受け入れて下さい。他の人と比較するのではなく、あるがままの自分自身の姿をです。それが自分を愛するということです。
自分自身を愛し、受け入れることが身についたとき、他の人を愛することが出来るようになります。人が何をしても、それに対して良い悪いの判断を下さないようになります。それが真の愛です。 」P74~75

「時間とは、私たちが信じているから存在するのです」P95

そして、前回紹介した「光の剣」の過去世を変えるということへの疑問までここに書かれている。
「すべての過去世、すべての人生というのは、じつは同時性です。ですから「いまだに経験し続けている過去」に影響を与えることができるのです。・・・だからこそあなたはそこにさかのぼって、自分の子ども時代やはるかな過去を癒し、解放することができるのです」P96

「何かを想像するたび、すでに経験したことを「思い出して」いるか、もしくは宇宙の一部として何かを「創造して」いるかのどちらかです。・・・結局はその両方が同じなのだということに私たちは気づくでしょう。」P97

ということで、本の前半である説明部分は終わり。
後半は各瞑想ワークです。誘導がCDになっているとよかったのだが。

お勧め度★★★★☆(4と5の中間)

« 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 | トップページ | 書評--進化する魂 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55016603

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--過去世回帰ワークブック:

« 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 | トップページ | 書評--進化する魂 »