« 書評--エドガー・ケイシーの魂の進化 | トップページ | 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 »

2012年6月13日 (水)

質問への回答(32)

質問への回答--今回はyahooではありません。



私は引き寄せの法則を二年ほど勉強してきました。
ですが最近辞めようと思い立ちました。

願いが叶わないから辞めるのではなく(実際叶ったのもあるので信じてます)、
何かこの先また願いが叶ってもそれは引き寄せの力を借りて叶えたものとなるので
なんといいますか、薄っぺらいものになるような気が最近してきたのです。

引き寄せの力を借りないで自分自身の努力や力で達成した方が何倍も嬉しいし
人生が豊かになることに最近なんとなく気が付きました。

引き寄せの法則を否定はしません。法則が存在しているのは事実だと思います。

しかし、いろいろ調べていたら、引き寄せはフリーメーソンと関わりもあるようで
既にキバリオンまで手を出していましたので、もう読まないことにします。

また、どうしても何か書籍を読みたい場合、
聖書か、仏教か昔からある信頼されている書物をなにか読んでみたいと思うのですが、
なにか良いものはありますでしょうか??

======

まず、質問がおかしいです。
「法則」って辞めることができないから「法則」なのではありませんか?

たとえば物理学の「ボイルの法則」電気の「オームの法則」
これらは辞めることができますか?

あなたの意見は
「万有引力の法則」
これを「フリーメーソン幹部であるアイザック・ニュートンが唱えたから辞める」という論理ですよ。
誰が主張しても正しいものは正しいし間違っているものは間違っている。

フリーメーソンを引き合いに出す人たちは引き寄せの法則を全く信じていない人たちです。
その人たちは、無数にいる「引き寄せの法則」の本の著者の中の一人、W・アトキンソンがフリーメーソンだったから、引き寄せの法則は全部ウソだ!という論理です。
その論理でよろしいのでしょうか?

「キバリオン」も違います。ヘルメス哲学の解釈をしただけで、フリーメーソンの宣伝ではありません。

さて、
>「引き寄せの力を借りないで自分自身の努力や力で達成した方が何倍も嬉しいし
人生が豊かになることに最近なんとなく気が付きました。」

ということは仏教や聖書にも頼らないで自分自身の力で達成すべき、という論理になりませんか?

--批判は以上--

本題に入りましょう。
願いが叶うのは引き寄せの法則を信じる・信じないに関係ありません。
信じなくても、成功する人は成功する。
「法則を辞める」というのはあり得ません。
自分の力で達成する、というポジティブな考えが働いて達成するところがまた「引き寄せの法則」の証明になってしまうのです。

ただ、おっしゃることは解ります。
>「薄っぺらいものになるような気が」
多くの「引き寄せ」は単にエゴを満たす方法だけですからね。

しかし、それだけでなく、「引き寄せの法則」を”信じている”なら、人を救うにも役立つと思いませんか?
お金に困った友達のためにお金を引き寄せる。
病気で苦しんでいる人に健康を引き寄せる。など。

お勧め書籍ですが・・・・(きわめて乱暴な説明ですが)
聖書は「求めよ、さらば与えられん」という、引き寄せの法則の原型ですよ。
仏教も--宗派によって異なりますが--「唯識」(ゆいしき=潜在意識)にあるものが末那識(まなしき=現象界)に現れるという、「引き寄せの法則」の本質と変わりません。
(つまり、「引き寄せの法則」の原型は聖書や仏典にあるのでした。フリーメーソンではありません。)

ですが、「唯識」の方は、薄っぺらにエゴを満たすことを否定しています。
現象界は幻想に過ぎないのだから、そこに何か求めても無意味である、と。
読まれるなら「唯識入門」あたりからではいかがでしょう?
とりあえず、唯識を詳しく説明しているサイトを紹介しておきますね。
http://www.idotservices.info/page.cgi?kouitsu
これで興味をもたれたら「唯識」というキーワードでAMAZONなどを検索すればたくさん出てきます。

« 書評--エドガー・ケイシーの魂の進化 | トップページ | 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/54952478

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(32):

« 書評--エドガー・ケイシーの魂の進化 | トップページ | 書評--光の剣 遥かなる過去世への旅 »