« 7月7日セミナーレジュメ | トップページ | 書評--続・アメリカの心 »

2012年7月 9日 (月)

書評--未来文明の暗号

未来文明の暗号
ROSSCO (著)
ハギジン出版 ¥1400

著者の既刊2冊は読んだ。(すでにこのブログで紹介済)
「すべてを幸せにする鏡の奇跡―この世はミラーワールド」
「ミラーワールドの魔法―たった一日で究極のパートナーと出会える!」

以上は、まあまあの内容だったのでタイトルの本も購入。

==超要約==
プラスとマイナス、上と下、男と女、全ては対になっていて片方だけでは存在しない。
ポジティブだけを追うとネガティブも大きくなる。
この世はミラーワールド。
パートナーは自分を映し出す最大の鏡。
パートナーに不満な箇所があるならそれはあなた自身。
パートナーを愛せれば、あなたの未来は開ける
==超要約終わり==

って、論理的に飛躍しすぎ。
パートナーのいない人は読者対象ではないし、サブタイトルが「男が女を愛するとき」となっていて、女性対象でもない。
パートナーを愛せば、人生のすべてはうまくいく、っていう結論は強引過ぎる。

帯に「今世紀最大の話題作」ってあるが、今世紀は始まったばかり。これはおかしい。
また、帯裏に「この世のトリックを明かし、人生を完全にリセットできる究極の暗号の解明。人類史を塗り替えるこの暗号の意味と隠された秘密・・・」っていうのがあまりにも誇大広告。

とりあえずHPは以下のとおり。
http://rossco.jp/
http://www.mirossacademy.com/
開いてみたら、1dayセミナーが¥63000だそうな!

お勧め度★☆☆☆☆(ただし、amazonのレビューでは絶賛している人もいる)

« 7月7日セミナーレジュメ | トップページ | 書評--続・アメリカの心 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55155831

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--未来文明の暗号 :

« 7月7日セミナーレジュメ | トップページ | 書評--続・アメリカの心 »