« 書評--ECTON×銀色夏生 | トップページ | 書評--なぜ人生は、うまくいかないのか? »

2012年9月 5日 (水)

書評--願いが必ず叶う本

願いが必ず叶う本
来宮 法山 (著)
\1050 星雲社

内容が古い、と思って奥付を見ると昭和の時代の初版。
ナポレオン・ヒルやらマーフィーが紹介されている。

基本的には成功哲学なのだが・・・

下記HPで目次を見てもらえれば判ると思うが、

>第17日目
>東郷平八郎を見習おう
>第19日目
>ヒトラーは一種の他力法で英雄になった

など、殺人者の東郷やヒトラーを肯定している段階でどうしようもない、と感じた。

ただ、ロングセラーなので勉強になる人にはなっているのだろう。

アラヤ識=潜在意識 という説明からすれば、仏教(唯識)のパクリ。

この本は「21日間願望達成法」の続編だという。

その本を含む関係書の内容は、この著者の?HP、六燿会というので判る。
http://www.6you.net/

お勧め度★☆☆☆☆

« 書評--ECTON×銀色夏生 | トップページ | 書評--なぜ人生は、うまくいかないのか? »

書評」カテゴリの記事

コメント

私もナポレオンヒル博士の本を読んで、強く影響を受けました。初めは上手くいきませんでしたが、0→1を乗り越えたあとから、ナポレオン博士の教えが深く理解でき、実践できるようになりました。お陰で、今でも、最高の教えの1つだと感じています。ご紹介されていた本は、読んだことがありませんでしたので、早速、読んでみたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55587369

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--願いが必ず叶う本 :

« 書評--ECTON×銀色夏生 | トップページ | 書評--なぜ人生は、うまくいかないのか? »