« スピリチュアルに生きる(121)--死ぬときに後悔すること | トップページ | 書評--富士山が教えてくれた幸運の法則 »

2012年9月21日 (金)

質問への回答(38)

Q,
4年制の看護大学に通っている2年生の者です。
卒業すると看護師や保健師、養護教諭の受験資格が得られる大学ですが、資格が取れても仕事をする自信がないです。
医学の研究の仕事にやっぱり興味があります。
大学から課題が出てもやる気が出ずに逃げたい気持ちになります。

それでも今の大学は卒業しておいたほうがいいのかなと思うのですが、努力するのが嫌になってしまいます。

A
とりあえず、資格は全部取る。
あと2年半ですよね?前半終了まであと一息。
それで「看護師や保健師、養護教諭」が取得できるのですよね?
通常は3年の看護学校で看護士だけです。

>資格が取れても仕事をする自信がないです。
別に自信がなくても構いません。むしろ自信があるほうが患者として怖いでしょう?
(あなたは病気になった時に、自信満々のナースに担当して欲しいですか?
それとも「自信ないから至らないことは何でも言ってください」というナースが良いですか?
あとは看護実習で患者さんと接しながら自分の生きる道が看護なのかどうか見極めればよろしいのではないでしょうか?

>医学の研究
って、ありますし、医師を志す方はみんな最初はそうなのかも、と思います。
ですが、「看護学の研究」ってほとんどないようです。
医学の最終目的は全ての病気を治すことですよね?
看護の最終目的は?と考えると全ての患者さんに満足してもらうことではないでしょうか?
その研究が日本においては遅れていると思います。その研究をあなたが立候補しませんか?
単に、医師の指導の下で働いているという・・・
ナイチゲール以来はないのかも・・・

この知恵袋でも「看護士辞めようか」なんて質問をお見受けします。
そう質問される方は、単に、労働=仕事の対価 なのですよね?
看護士の仕事は、医師のアシスタントでなくて、看護はそれなりの役割でしょう?
それを提案された方が(僕の知る限り)いません。
それを研究されてはいかがでしょう?

そうでなくても、保健士・養護教諭になれば公務員と同じ待遇です。
(そういいながら待遇のために生きるのが正しいと思いませんが)
看護学校よりずっと優位な立場にあります。

小学校の養護教諭になれば、「全校児童の健康は私が・・・」と生きがいを持って仕事を継続できます。
中学校の養護教諭になれば、管理的な学校の最後の非難所になれます。(他に頼るところがない)

>大学は卒業しておいたほうがいいのかなと
卒業してください。
卒業さえすれば様々な選択肢がありますが、辞めたら単なる「高卒」です。
あなたの医療に関する理想(または人生の理想?)も叶えられません。

PS
それでもどうしても辞めたい、というのなら、せめて大学2年間終わって62単位取得してからにしてください。
そうすれば短大卒と同じ学歴となります。様々な国家試験も受験できます。

=================================

Q,
火薬類取扱保安責任者の資格を持っていると
どんな職業に有利なんでしょうか?
この資格を持っていないとダメな職業ってなんでしょうか?

>この国家試験をパスした方の回答が欲しいです

A,
ということで、私は国家試験合格者なのでお答えします。(実務経験はありません。)
試験そのものはそんなに難しくありません。普通に勉強すれば合格します。危険物乙種程度です。

火薬類の資格は、本来、役立つのはビル解体爆破なのですが、アメリカのように当たり前になっていない日本では周知されていません。
隣接する他のビルに影響ないの?
ということです。
私が知る限り、日本で実験的に行われたのは高島のビル解体でしょう。(これは成功しています)
次に琵琶湖湖畔のビル。(これも成功しています)
以上が10年前までの情報の記憶です。

職業としては、これから伸びるとは思います。
重機で解体することを考えれば費用は1/3程度。
日本ではあまり受け入れられていないので、あとは営業努力でしょう。

実際に今の日本でこの資格が必要なのは、トンネル工事とか砕石現場です。
ダイナマイトを使うには必要な資格です。
(ところでダイナマイトの形状ってご存知ですか?かけっこのリレーのバトンのような形態でなくてソーセージのような形です)

花火師というのがありますが、これは業界的には既に飽和状態です。
(取扱保安の他に製造保安丙種が必要です--簡単に取れます)

なお、発破技士という労働安全衛生法関係の資格がありますが、火薬類取扱の方が上位資格です。
(発破技士は3日の講習を修了せねばなりませんが、火薬類取扱いは筆記試験のみです。)

メリット:危険物取扱者乙種を受験するときに一部免除になる。

デメリット:実務に就くには毎年、「保安講習」に出席して保安手帳の交付を受けねばならない。--受講料がかかる。(試験合格の年は受講の必要なし)

ということで、受験は良いのではないでしょうか?
しかし、就職のためであれば、これまで1件の募集もみたことありません。
今年であれば(来年度から取得が厳しくなるので)ホームヘルパー2級をお勧めします。

« スピリチュアルに生きる(121)--死ぬときに後悔すること | トップページ | 書評--富士山が教えてくれた幸運の法則 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55713463

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(38):

« スピリチュアルに生きる(121)--死ぬときに後悔すること | トップページ | 書評--富士山が教えてくれた幸運の法則 »