« 書評--QC―心のクワイエットコーナーを探そう | トップページ | 書評--100人の村は楽園だった »

2012年9月 8日 (土)

書評--薔薇色のスピリチュアルレッスン

薔薇色のスピリチュアルレッスン―幸せなオーラが甦る
姫乃宮 亜美 (著)
¥1300 実業之日本社

--絶版だがAMAZONの中古が¥1--買いです。

5月16日に「虹色のスピリチュアルレッスン 」を紹介し、その結果、上司が異動になったという結末を書いた(6月1日)

その著者の本なので迷わず購入。

女性向けだし、色のエネルギーやら形のエネルギー、パワーストーンなどマユツバだが、この著者なら許せます。

お掃除をすると運がよくなる・・・っていうのも怪しいですが、心の雑念を掃除しよう(P40)というのはOKでしょう。

祈りをこめると料理が美味しくなる(P48)もそうかも知れません。

第二章の「愛される女性になるレッスン」は、女性が本気で取り組めばうまくいくのではないでしょうか?
4週間後には愛されるように変われそう。

自分とデートする(P109)は僕と発想が同じ。僕も既にHPで書いている。
http://homepage3.nifty.com/yeonso/bun30.htm

「仕事が嫌いでも心をこめて仕事をすることはできる」(P124)は納得です。
さらに進んで「仕事から愛されるようになろう」は良い言葉です。

この本は珍しい構成で、P175の「あとがき」でいったん終わり、次のページから「ハートセラピーブック」になっています。(~P244)
文字を大きくしてもう1冊の本を出版することもできたのに、お得感があります。

またまた著者の優しさが伝わってくる1冊でした。

お勧め度★★★★☆
また著者の本が中古で売っていれば買いそうです。

« 書評--QC―心のクワイエットコーナーを探そう | トップページ | 書評--100人の村は楽園だった »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55604772

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--薔薇色のスピリチュアルレッスン:

« 書評--QC―心のクワイエットコーナーを探そう | トップページ | 書評--100人の村は楽園だった »