« 書評--「並の人生」では満足できない人の本 | トップページ | 質問への回答(42) »

2012年10月22日 (月)

書評--人生を心から楽しむ

人生を心から楽しむ―罪悪感からの解放
ラメッシ・S. バルセカール (著),  高木 悠鼓 (翻訳)
¥1800 マホロバアート

絶版で中古も定価の数倍~購入の必要なし。

全ての出来事は自分の行為ではない。
神の意思だから何をしても良い。
それで良いの?

犯罪も神の意思?(P133)

「あなたが自分の人生を生きているのではありません。
あなたの人生は、源泉、つまり神によって生きられています。
それゆえ、どんなときにも
自分がやるべきだと思うことをやってください」
(P155)・・・なるほどだからサブタイトルが罪悪感からの解放なのか!?

悟りを説明しようとしているのだろうが、イマイチ、ピンとこない。

読み取りが足りないのはわかっているのだが、・・・深く理解したい、という気にならない文章です。

お勧め度★☆☆☆☆

« 書評--「並の人生」では満足できない人の本 | トップページ | 質問への回答(42) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55944781

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生を心から楽しむ:

« 書評--「並の人生」では満足できない人の本 | トップページ | 質問への回答(42) »