« 書評--人生が劇的に上向く「脳内会話」の法則 | トップページ | 書評--2日で人生が変わる「箱」の法則 »

2012年10月10日 (水)

書評--エンゼルヒーリング

エンゼルヒーリング
高坂 美紀 (著)
\1500 コスモトゥーワン

「エンジェル・ヒーリング」で検索すると、ドリーン・バーチューの本が出てくる。
こちらは「エンゼル」。

内容は、ドリーン・バーチューよりも日本人向け。
守護霊と守護天使は同じ、とある。(違うと思うけど)

守護天使に祈るのは、魂の成長のため。
天使はお金儲けなどには協力しないが、一緒に成長するためなら、惜しみなく力を貸してくれる、という。

あるいは、自分のためでなく、人のために癒そうとするときにも協力してくれる、という。

理想の夫に出会えたり(P48)、
飛行機に乗れそうもなくて、天使の助けを借りて間に合ったり(P62)、
身近な体験談もあり。

ヒーリング能力があるのだが、自分に関しては使えない、という方で自分を癒して欲しい場合は、一度天使に預けると良いとか。(P69)これはなるほどです。

この本の巻頭には28枚のカードが付いていて、その活用法も書いてあるのだが、
古本を¥105で購入したため、カードは既に切り取られていたのに気づかなかった。

中古で(今なら¥1)購入される方は、カードが付属しているかどうか、気をつけましょう。

お勧め度★★☆☆☆
(カードがあればもっと評価があがるような・・・)

« 書評--人生が劇的に上向く「脳内会話」の法則 | トップページ | 書評--2日で人生が変わる「箱」の法則 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55856539

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--エンゼルヒーリング:

« 書評--人生が劇的に上向く「脳内会話」の法則 | トップページ | 書評--2日で人生が変わる「箱」の法則 »