« 書評--人生にもう一度灯りをともす7つの智恵 | トップページ | 書評--ECTON×SUGIZO »

2012年10月 2日 (火)

質問への回答(39)

Q、
引きよせの法則
1つめの会社は資格をとっても、会社の言った約束どおりには配置転換されなかった。
2つめの会社は頑張っても、会社の約束どおりには、正社員になれなかった。

なにがいけないの?


「引き寄せの法則」は「波動の法則」とも言います。
つまりあなたが発した波動を宇宙は返してくれるのです。

さて、あなたは
1、配属変えをしてほしい、という思いでがんばって資格をとった。
2、正社員になりたい、という思いでがんばって仕事をした。

あなたの波動は、「配属変えしてほしい」&「正社員になりたい」だったわけです。
宇宙は「配属を変えてほしい」「正社員になりたい」という状態を継続してくれます。

わかりますか?
波動の法則は「願ったとおり」でなく「思ったとおり」を実現してくれるのです。

これを「神との対話」の著者は動画でうまく説明しています。
ニール・ドナルド・ウォルシュ「欲しいものは得られない」
http://www.youtube.com/watch?v=VVQHy7xpNGs

ではどうすれば良かったのか?
この場合は感謝です。
働く場所があるだけでありがたい、ということで感謝すればより感謝することが引き寄せられるのです。

周囲を観察すれば、その逆の方が多いのにお気づきになると思います。
不平不満をずっと言い続けている人は、全く状態が改善されない。

宇宙はあなたに感謝することを教えてくれているようです。

=========

Q、私は宅建試験に絶対合格したい。引き寄せの法則も活用したい。

A、
「絶対に合格したい」と思っていると、「合格したい」状態が継続します。つまり不合格です。
「合格して当然」と思っていると、「当然」の結果となります。
「合格して当たり前」の状態まで引き上げてください。

さて、資格試験の場合、別の有効な手段があります。
その仕事に就いたときの自分をどう想像されているのでしょう?
試験は過去質を見ると宅建のようですが、それならお客さんの前で説明しているところをシミュレーションする。
宅建資格を持っているということは、不動産の専門家ですから、お客さんは様々な深いことを質問してきます。
実際に仕事に就いたら、どんな質問が想定され、どんな答えができるか、
実際に、不動産を売買するときに、自分ひとりで最初から最後まで手続きを終えるにはどうしたらよいか、どんな法律的制約をどのようにクリアするのか?などのシミュレーションです。
その際に、単に「試験に出るから」という理由を超えた、これまではっきりしなかった法律の意味や規則が見えてきます。
受かるためでなく、お客さんを喜ばせるため。そういう視点で勉強すると記憶の定着もこれまでと違います。

引き寄せの法則は信じたとおりに働きます。
あなたは「勉強をしなくて引き寄せの法則というものに頼った人」と「しっかり勉強して直前まであきらめなかった」人とどちらの合格を信じますか?
今回は試験のことでしたが、「引き寄せの法則」のよくある質問の答えがここに凝縮されています。

============

引き寄せの法則を試してみたいのてわすが、スタイルをよくしたいという事を引き寄せようとして、成功しますか?


成功しません。
それは「試す」という言葉で始まっているから。

「試す」というのは信じていない、ということです。
すると、宇宙は信じていないことを現実化してくれます。

法則・・・たとえば万有引力の法則は高いところから飛び降りれば下に落ちることを言います。
これは「試し」てしまったら大怪我します。試すことでもありません。

これと同じで、疑いの気持ちを持っていれば「やっぱり疑ったとおりになった」という現実が引き寄せられます。

上記の理由で「試して」みたら、宇宙は疑ったとおりの現実を創造してくれます。

「スタイルを良くしたい」と思ったら、「スタイルを良くしたいと思う」現実が引き寄せられます。
つまりスタイルが良くないままです。

ではどうすればよいのか?
スタイルを含めて、100%、今の自分を肯定し、今の状態に感謝するのです。
すると100%肯定し、感謝する現実が引き寄せられます。

« 書評--人生にもう一度灯りをともす7つの智恵 | トップページ | 書評--ECTON×SUGIZO »

その他」カテゴリの記事

コメント

私も引き寄せの法則を読んだことがありますが、とても核心を突いた、かつ、深い内容ですよね。引き寄せるだけでなく、自らが向かっていくケースもあるな…と、最近は感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/55795011

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(39):

« 書評--人生にもう一度灯りをともす7つの智恵 | トップページ | 書評--ECTON×SUGIZO »