« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

書評--だれでもわかる最新・素粒子の世界

だれでもわかる最新・素粒子の世界 (じっぴコンパクト新書) [新書]
京極 一樹 (著)
¥800 実業之日本社

今回はスピリチュアル系ではありません。物理系です。

2012年7月4日 ヒッグス粒子が発見されたらしいという発表が・・・

これが「終わりなき愛」でイエスが語った「アダマンタイン粒子」ではないか?とスピリチュアルなサイトでは囁かれている。

==2010/11/19分、再掲==
私たちは次のように構成されているそうです。(ここではうまく描けませんが正三角形だと思ってください)

      愛
    /\
    /    \
      /         \
     /             \
    /                 \
   /                     \
  -----------------
アダマンタイン   スピリット
粒子

愛が頂点にあり、スピリットが愛に共鳴し、愛がアダマンタイン粒子に命令を下します。
すべての創造はこうして起こります。

「あなたのエッセンスが愛そのものでいるということは、自分が置かれている人生の状況を受け容れ、それとつながりを持つことを意味します」P124
「あなたはハートをとおしてアダマンタイン粒子を引き寄せ、愛によってアダマンタイン粒子に指令を発しています」P163

==再掲終わり==

これが本当ならすごいかも、とタイトルの書籍を購入。

しかし、途中から読むのが辛くなる。
著者は専門家の罠にはまっているらしい。
パソコンのマニュアルがいかにわかりづらいか、というのは経験あるかも知れません。
専門家は初心者が何が解らないのか、を解らないのです。

たとえばこうです。
「コピーしたい範囲をクリックしてドラッグ&ドロップしてください。」
最初の頃はこれでは本当に解らないです。だからマニュアルでは足りずにたくさんの入門書が出る。

もう一つ例を挙げましょう。
空調について、ご存知ない方は、以下の説明では、たぶんわからないはず。

冷凍機の説明です。
http://www.sankikeiso.co.jp/TechnicalInformation/Informationrefrigeratingcycle.html
次に冷温水発生器の説明です。
http://www.khi.co.jp/corp/kte/product/genri_kyusyu_sigma.html

これでビルの空調の説明が終わったら意味不明ではないでしょうか?

さて、タイトルの本も、同様。
「だれでもわかる」ってタイトルだけど理科系の僕にもわかりませんでした。
あとでまた読めばもう少し解るかも知れません。
ともあれ、素粒子のしくみの最新までを新書本1冊というのは無理があります。

お薦め度★★☆☆☆
(★2にしたのは、ヒッグス粒子が発見された?ばかりで、他に入門書がないから)

2012年11月27日 (火)

書評--自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート、金森 重樹、 冨永 星
¥ 1,680 大和書房

先月、「2日で人生が変わる「箱」の法則」について記しました。

順序が逆になってしまいましたが、今回は最初の「箱」の本です。

私たちはいかに、知らないうちに「箱」の中に閉じこもってしまっているか?

「私は他の人を思いやれる人間だと思っているとき、実際には誰のことを考えているんだろう?」P147

「相手に逆らうのをやめた瞬間に、箱の外に出ることができる。自分を正当化しようという考えや感情から解き放たれる」P228

箱については詳しくは、前にも紹介した次のHPで。
http://www.arbingerjapan.com/index.html

セミナーは高いので、(2日間で¥15万)、本を読んで理解できれば特に講義を受ける必要はないと思われます。
それより、前回と今回の2冊で、「箱」の概念は理解できるでしょう。
理解出来なければ僕が\1500/時で解説します(笑)

ともあれ、自分が講義を受けているような臨場感あふれる文章で、3時間で一気に読んでしまいました。
学びがあります。

お勧め度★★★★★

2012年11月23日 (金)

書評--勉強のすすめ

勉強のススメ
石井 貴士 (著)
\1400 サンマーク出版

タイトルから受ける印象は勉強をしなさい、という本のようだが、中身は成功哲学。
amazonの「なか見検索」で最初の方だけでも読んでみてください。

ピアノを弾いたことがない人は、ピアノが弾けません。
それと同じで、できないのではなく、ただやっていないだけなのです。(P30)

「5年後の成功している自分だったら、どう話すだろう?」、という未来から先取りした自分として話すこと(P178)

まあ、途中で相当のページをさいて説明されている1分間で1冊の読書はマユツバですが、他の部分は、他の自己啓発書に負けない内容です。

お勧め度★★★☆☆(amazonで中古が¥2--買いでしょう)

2012年11月19日 (月)

書評--セドナ・プラス(本ではありません。HPです)

セドナメソッドを説明している唯一の?邦訳本が
「人生を変える一番シンプルな方法」

ところが、原文と比べて、かなりの省略が行なわれているらしいことが検索して判った。

http://sedonaplus.info/

ホーム→記事→セドナメソッド→補足資料

これで、どれだけ翻訳をカットされているか紹介されている。
翻訳されていない部分から「補足資料」です。
ざっと見ましたが、かなり重要と思われる部分も平気でカットされているようです。

どうり、で日本語版は解りづらかったはず。
今度、補足資料と一緒に読まねば・・・・・
(完全版が出版されることを望みます)

タイトルは英語ですが、クリックすれば、日本語訳が出てきます。

そういえば、「ザ・シークレット」の相当なメンバーやスピリチュアルリーダーもセドナメソッドを経験しているとか。

本とは関係ありませんが、(前に紹介した)セドナ・メソッドの創設者、レスター・レビンソンの話もURLごとなくなっている。
今あるのは以下のとおりですが、URLが長すぎるので検索ワードも紹介しておきます。
「メソッド発見に至る自己探求の旅」
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&aq=&oq=%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4ADRA_jaJP440JP440&q=%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e7%89%a9%e8%aa%9e+%e3%83%a1%e3%82%bd%e3%83%83%e3%83%89%e7%99%ba%e8%a6%8b%e3%81%ae%e6%97%85&gs_l=hp..0.0l2j0i5l2.0.0.4.28266...........0.UKisCK9l6Ds

お勧め度★★★★★(日本語版を読むなら併用して必読と思われます。)

2012年11月16日 (金)

質問への回答(42)


マ-フィーの本のレビューに「他人に悪い感情をもつと、自分を悪く言うのと同じになってしまう」と書いてありました。 これはマ-フィー以外でも、引き寄せのことでネットの中でも書かれてるのを見たことがあります。
この理論は、私の体験からいうと疑問です。私は人のことを思いやってきましたが、自分を思いやることに繋がるどころか、時に裏切られ、悲しい結果となることもあったからです。


1、
成功哲学(マーフィーは「引き寄せの法則」という言葉は使っていません)は、宇宙との取引ではありません。
「人を思いやれば自分に返ってくる。だから思いやっている」というのは、そもそも本当の思いやりではないことはお分かりになりますか?
人を思いやっているように見えて、実は相手を利用して、自分に良い出来事を引き寄せよう、としている、というわけです。
本当の思いやりでないから、結果もそのとおりのことが戻ってきただけです。

=============

Q&A

>願うだけで引き寄せられるとか、もはや宗教的になっていません?
願うだけで引き寄せられる、とは、どの引き寄せ本にも書いていません。何の本を読みました?
(一部の(というか、半分くらい?)「引き寄せ」系が宗教的になっているのは確かです。各本には「テクニック」が書いてあります--「テクニック」って法則にあるの?と僕は思いますが)

>例えば死んだ人が生き返るよう
これは、物質てきには変更できない、という意味だと思いますが、死んだ人が生き返った実際の報告があります。(ただし、2日以内程度までです)

>引き寄せの法則とは結局なんなんですか?
非常に良い質問です。

「引き寄せの法則」というのは約100年前にW・J・アトキンソンか、ジェームズ・アレンが書籍のタイトルになっていましたが、(資料は手元にいくつもありますが、時間の都合で検索してません)、その後、しばらくは「引き寄せ」という言葉はありませんでした。成功法則・成功哲学などの言葉でナポレオン・ヒルやC・ブリストル、ジョセフ・マーフィーなどが紹介していました。
その後、2003年くらいにエイブラハム・ヒックス夫妻が出版した本が日本語版になったのですが、その本が、英語の原題で「引き寄せ」になっていました。
それから「引き寄せ」ブームにあやかって、原題は異なるのに、日本語版の成功関係の本は「引き寄せ・・・」というタイトルになりました。(出版社は商業主義ですから)

出版事情は以上のとおりですので、「引き寄せの法則」を標榜してもそれは本当の引き寄せの法則の場合でないこともあるので、ご注意ください。

さて、本題です。
引き寄せの法則とは?
「法則」と名前がつく限り普遍的なものです。
よく例に出すのですが、「万有引力の法則」は、信じるとか信じない、に関係ありません。
高いところから飛び降りれば落下します。

よくある質問は
「引き寄せの法則を実践」
とか
「引き寄せの法則を使って」
などです。

そんなものはありません。
万有引力の法則は実践するものや使うものでなくて、常に働いているのです。

あなたがおっしゃるように「引き寄せの法則」で死者を生き返らせるのは”通常は”不可能です。

>願うだけで引き寄せられる
そんなことはありません。
では1億円欲しい、と願いましょう。
そのままでは99.9%引き寄せられません。(99.9と書いたのは注意してください。100%ではありません)

”願う”だけではほとんど引き寄せられません。
ここで、キーワードは「波動」(バイブレーション)です。
宇宙はあなたが「願ったとおり」でなくて発した波動のとおり、を返してくれるのです。
(そういう意味で、僕は「引き寄せ」でなくて「宇宙の法則」というような言葉を使っています)

「引き寄せ」って、まるで魔術みたいな、宣伝主義的用語には反感を感じています。

2012年11月 8日 (木)

質問への回答(43)


自己啓発本は読むだけムダって批判されました。
(これ、元の質問の分は凄く長いのですが、著作権法に鑑み、これだけにします)

------------

僕から言わせれば、文学やライトノベルを読んでいる人こそ、信じられない世界です。
(僕は、自己啓発+スピリチュアル+ゴルゴ13(笑)しか読みません)

文学やライトノベルを好んで読んでいる人は、面白いから読んでいるのでしょうけれど、「面白い」だけで、人生にとって何の学びもありません。(まあ、娯楽と考えれば、人それぞれですから、趣味としては良いでしょう)

よく、国語の先生が本を読みなさい、といいました。大文豪の夏目漱石やら森鴎外やら読んでも全く面白くない。
人生にも役立たない。(僕にとっては)
どうして本を読めばよい、と教えているか、未だに不思議です。

しかし、読んだ方が良い本はあります。
それが自己啓発系+精神世界(スピリチュアル系)です。

これは人生の勉強そのもの。
夏目漱石や森鴎外を読んで、人生の勉強になった人もいるでしょう。
でも、それって、殆どがストーリーですよね?
ストーリー展開の楽しみで読むのですよね?

自己啓発系は違います。
人生の本質(昔で言うと哲学とか倫理学)を説明している。
精神世界の本を読まない人こそ、人生に真面目でない、と思います。

なお、読書そのものをしない人は問題外です。
そんな人の批判は無視するだけです。
生き方の低レベルの人は本を読みませんね。

別に、時々いるのが「本を読まねばならないのは低レベル。自分は感性を信じて生きているから本は必要ない」というタイプ。
そんな方の生き方って尊敬できるような生き方でしたか?
僕が知っている感性の優れている方は本をたくさん読んでいました。

>「そんな本を読んでる人は馬鹿」
では、その人はどんな本を読んでいるのでしょう?
本そのものを読まないで、遊んでいる人ではないでしょうか?
確かに、人生に与えられた時間は有限なのですから、その時間でおもいっきり楽しく遊ぼう、という生き方をしている人からすればそうでしょう。(なお、「バカ」というのは差別語です)
その人の人生観からすれば、楽しまないのは「バカ」というわけです。
でも、あなたの生き方は違うでしょう?

>「読んでる時間が無駄」
という方はもっと悲惨です。
人生全体の時間を無駄にしているのですから。

=========
自己啓発って、書いてありますが、あなたが小林正観を読んだのか、浅見帆々子を読んだのか、スティーブン・コビー、デール・カーエギー、バイロン・ケイティ、飯田史彦、本田健、・・・・・不明ですが、

ここで、質問する、ということそのものが、まだ「生き方の自信のなさ」を表明しています。
好きな本を読んで批判があるから・・・という質問に見られますが、
他の人の目を気にする、という観点では、実は、まだまだ読み足りない(勉強が足りない)のです。

>憂鬱に悩み苦しむばかりの日々を過ごしてきました。
憂鬱(ウツ?)から逃れるのは自己啓発ではありません。
「頑張れ」というのは落ち込んでいる人に言ってはいけない、というのはご存知ですか?
ネガティブな状態の人にポジティブになれ、というのは苦しみを生むだけです。
語るべき言葉は「今のままのあなたで良いのです」。

ひょっとしてポジティブ思考でうまくいく、というような本で自分を無理やり元気づけていませんか?
ポジティブ思考でなくても、今のあなたで良い、という本に巡り会っていないのではないでしょうか?

だから最初に書いたように、「読みたりない」、というわけです。
というか、ジャンルを精神世界(スピリチュアル)に変えたほうが良いかも知れません。

こちらのジャンルは違います。
たとえば、ドリーン・バーチューのCDブック「チャクラ・クリアリング」などはいかがでしょう?
「あなたはいつでも守護天使が見守っています」
これって安心できませんか?
あなたの担当の守護天使や守護霊がいて、生まれてからあの世に戻るまでずっと見守る存在があります。

※守護天使なんていない。そんな本は読まない、というなら、それはそれで構いません。
でも、それって、「自己啓発」を最初から否定するのに似ていませんか?
別に、宗教の勧誘ではありません。
「神との対話」(ニール・ドナルド・ウォルシュ著)の中でも、神は「私はあなた方に天使以外の何も送らなかった」と語っています。(悪魔は送らなかった、という意味です)

書評--あなたのストーリーを棄てなさい。

あなたのストーリーを棄てなさい。あなたの人生が始まる。
ジム・ドリーヴァー著、 今西礼子訳
¥ 2,100 ナチュラル・スピリット

アドヴァイタ系という言葉があったのですね。
アドヴァイタというのは非二元論。
つまり世界は一つ(ワンネス)である、ということ。

私が私だと思っているのは、エゴであり単なるストーリー。
その私を背後から観察している「気づき」が本当の私。

まだ、読みはじめですが、(乱暴に斜め読みすると)
これを本全体をとおして説明してくれています。

生徒の体験談や生徒との会話、そして著者の体験談・気づきなども紹介されています。

これまでに紹介した「悟り」系の中でもかなり良い線いってます。

「過去にも未来にもとらわれない・・・」の著者、ステファン・ボディアン同じ師匠(ジーン・クレイン)らしいが、ステファンのように、「ザ・シークレット」はエゴの塊、などとは言わない。
第7章は先に読んでしまったが、すべてがワンネスなのだから、内面と外面もひとつ。
精神面が満たされれば物質面も満たされる。その方法は・・・・とあり、これまでの悟り系とは違う。
覚醒した人も経済生活があるので、指導でお金を儲けるのは当たり前、とある、と。

これまで矛盾しているかのように見えた、物質生活を満たすことと精神性を高めること、この2つの両立に、僕としては光が見えてきたように思う。
これは時間をかけてじっくり読みたい本である。

お薦め度★★★★★

また、読み進めて、何か気づいたらUPします。

2012年11月 6日 (火)

書評--脱ポジティブマインド

うつにならないための脱ポジティブマインド―輝く心を取り戻すメンタル小説
堤 大郎 (著)
\1200 カナリア書房

物語風。
著者は精神保健福祉士として、ウツやパニック障害などの相談にのっているらしい。

その経験からこの物語を書いたようで、サブタイトルが「がんばりすぎるとキケンです!」とある。

「脱ポジティブ」ということから、ポジティブ思考をやめる方向の本かな?とも思ったのだが違う。
無理してでんる自分であり続ける必要はない、ということだ。

自分の中に「できる自分」と「できない自分」が共存している。
それなのに「できない自分」を隠して「できる自分」だけ表現し続けようとすることに無理がある。

ひと言で書くとそれだけなのだが、途中に説明や図が入っており、わかりやすい。

とても勉強になりました!

お勧め度★★★★☆
(今ならamazonの中古d¥1--買いです)

書評--ザ・クエスト(DVD BOOK)

ザ・クエスト(The Quest DVD BOOK)
¥1880 宝島社

「ザ・シークレット」の続編?という感じのDVD。(解説本あり)

まだ10月末に発売されたばかり。

ザ・シークレットは「引き寄せの法則」が中心だったが、こちらは人生全体を語る。
58分の日本語吹き替え部分と32分の字幕。
どうしてこのような分け方が知らないが、字幕部分がスピリチュアル度が高い。

ザ・シークレットに出演していない、ダライ・ラマとかバイロン・ケイティなども登場。

見ていると「名言」がどんどん出てくる。

「成功は幸せの土台ではないが、幸せは成功の土台である」P15
by マーシー・シャイモフ

時々、繰り返して見たい1枚です。

DVDとしては安いので購入されても良いのでは?
(「ザ・シークレット」なんて本だけで¥1890もする)

お薦め度★★★★★

なお、ザ・シークレットも見たことないという方は次のサイトで最初の20分が見られます。
http://www.thesecret-jp.tv/

書評--人生が変わる瞬間

人生が変わる瞬間
佐藤 英郎 (著)
\1300 アチーブメント出版

7つのエピソードが紹介されていて、7つとも感動したり関心したりするものがない本も珍しい。

ネタバらし

第二話は「夫にご苦労様と声をかけてみたことあるのか?」という話
第三話は「本当にやりたいことは何か?」ということで、気づきを得た、という話
第六話は「愛していると言ったことがあるのか?」という話。

お薦め度★☆☆☆☆

仕事の大切さなどは以下の話の方がずっと良いです。
(僕のHPでも紹介しています。)

レジ打ちの女性
http://www.youtube.com/watch?v=2M08p9leBio&feature=related

人であふれた駐車場
http://www.youtube.com/watch?v=eJw-W2Ja1ho&feature=related

心のサプリ 6つの物語 第3話「筆箱」(シリーズのようです)
http://www.youtube.com/watch?v=RMi13dV-zvw&feature=related

感動シャンプー
http://www.youtube.com/watch?v=I6SsSWaD_m0

タクシー運転手との出来事
http://www.youtube.com/watch?v=RkhKoukjN8c

(注意)以下の動画は涙もろい人は見ない方が良いです。

亡き父への「ありがとう」
http://www.youtube.com/watch?v=cZjoMDC4xf8&feature=related

泣けるけど心温まる話
http://www.youtube.com/watch?v=_YKG3bbklCc&feature=related

手話
http://www.youtube.com/watch?v=3gkmT673VJA&feature=related

2012年11月 3日 (土)

書評--沈黙からの言葉―スピリチュアルな目覚めへの招待状

沈黙からの言葉―スピリチュアルな目覚めへの招待状
レナード・ジェイコブソン (著), 今西礼子 (翻訳)
¥1600 ナチュラル・スピリット

著者の「今この瞬間への旅」が勉強になったので購入したのだが・・

本全体が散文というか詩というか。

「私は鏡です」P44

「ほとんどの人たちは夢から覚めずに、その夢をよりよくしようと望んで夢に留まっているのです。」(P81)

って、このページは1行で終わり?というのがたくさんある。

これってページを稼ぐため?

中には文字で埋まっているページもあるのだが、説明というより、散文のようなものなので、これは感銘を受けた、という文章がない。

目覚めの直前の人は深く味わえるかも知れないが・・・・

3部作というが、この1冊目を見たら、もう2部・3部は買う気がしなくなった。

お勧め度★★☆☆☆

奥様はメンタルヘルス2種受験者

いよいよ試験が明日(11月4日)

公式テキストと2012年問題集を買って勉強中。
もう一冊、わかりやすいのが下記。

ひとりで学べるメンタルヘルス・マネジメント検定2種 第2版
高橋 修 (著)
\2100 ナツメ社

スピリチュアル本ではないので感想は特に紹介しません。
(公式テキストよりずっとまとまっている、とだけ書いておきましょう)

さて、勉強していて、知らなかったことがたくさん出てきたので、少し紹介します。

○職場で強いストレスや不安を抱える労働者の割合・・約6割。もっとも多いのが職場の人間関係、次が仕事の質、それから仕事の量。

○自殺者は1998年から3万人/年 を超える。メンタルヘルスの不調が原因?

○2008年、労働契約法が施行。
 第5条「使用者は、労働契約に伴い、労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することができるよう、必要な配慮をするものとする」と明文化。

○2007年「ワーク・ライフ・バランス憲章」が発表された。
http://wwwa.cao.go.jp/wlb/government/pdf/charter.pdf

○労働者の健康や満足感と組織の生産性を両立させることは可能である・・・アメリカ国立労働安全衛生研究所(NIOSH)

○個人がストレッサー(ストレス要因)に直面すると、不安・不満・怒り・悲しみなどの感情を引き起こし、自立神経系。内分泌系、免疫系に反応を引き起こす。(ストレス関連疾患・・・糖尿病・脳卒中・不眠・下痢・腹痛など)

○職場で見られやすい心身症
 ・過敏性腸症候群・・・下痢・便秘など
 ・緊張型頭痛
 ・摂食障害

○職場で見られるメンタルヘルス不調・精神疾患
 ・うつ病・・・人口の2~3%。
 ・躁うつ病・・人口の0.5%
 ・統合失調症
 ・アルコール依存症
 ・パニック障害
 ・適応障害
 ・睡眠障害

○ストレス判定・・メンタルヘルスサポートページ
http://mental.m.u-tokyo.ac.jp/jstress/hanteizu/index.htm

○ストレス予防の基本は休養と睡眠

○ストレスを受けやすい性格
 ・真面目/几帳面/仕事好き/人間関係に気をつかう

○ジョハリの窓・・・(ネット検索してね)

○ストレス反応
 1、ストレッサーに遭遇するとショック相から「闘うか逃げるか」の反応(抗ショック相)警告反応期。
 2、抵抗期・・抵抗力が高まる
 3、抵抗期にストレッサーが解決されないと、疲はい期となり、ストレス反応が発現する。
    (身体面・心理面・行動面)

○メンタルヘルス対策の公的機関(こんなにたくさんあるのです)
 ・中央労働災害防止協会
 ・産業保健推進センター・・・47都道府県に設置
 ・地域産業保健センター・・・労働基準監督署単位ごと
 ・精神保健福祉センター・・・都道府県と政令指定都市
 ・勤労者メンタルヘルスセンター・・14の労災病院
 ・勤労者心の電話相だ・・・20の労災病院
 ・障害者職業センター・・・各都道府県

○うつ病治療
 1休養/2薬物療法・3認知療法・精神療法

=========

ということで、勉強になりました。

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »