« アセンションが・・・・ | トップページ | 書評--死後の世界を突きとめた量子力学 »

2012年12月24日 (月)

書評--いつも幸せな人の心のルール

いつも幸せな人の心のルール
黒岩貴  (著)
¥1050 フォレスト出版

amazonの中古が¥1

amazonのレビューは賛否両論の極端。
中間はない。

「100万回生きたねこ」を機軸に、輪廻転生を紹介し、生まれ変わりが前提になっているので、輪廻転生を信じていない人には向かない。

輪廻転生といえば前世療法のブライアン・ワイス。彼に師事したそうです。

道に空き缶を投げる人がいたら?
怒る?
我慢する?

いろいろな人がいるな、と思って拾う。(p71)
これが著者の正解だそうです。

「怒るというのは自分のイライラを相手にぶつける行為」P80

「他人を支配しようとしてもあなたは幸せになれない」104

お勧め度★★★★☆

« アセンションが・・・・ | トップページ | 書評--死後の世界を突きとめた量子力学 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56387800

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--いつも幸せな人の心のルール :

« アセンションが・・・・ | トップページ | 書評--死後の世界を突きとめた量子力学 »