« 書評--手相を書くだけで運命が変わる | トップページ | 書評--決定版 世紀の号外!歴史新聞 »

2012年12月 9日 (日)

書評--「成功哲学」を体系化した男 ナポレオン・ヒル

「成功哲学」を体系化した男 ナポレオン・ヒル
マイケル・リット・ジュニア (著), カーク・ランダース (著), 田中孝顕 (翻訳)
\1400 きこ書房

「思考は現実化する」の著者の伝記。

成功哲学関係のナポレオン・ヒルの本は、タイトルや形を変えていくつか出ているので読んでいる。

しかし、伝記は初めてである。

というより、僕は伝記というものを読んだことがほとんどない。

著者の文章力だろうか、かなりテンポ良く、判りやすい文章である。

そして、ただ、アンドリュー・カーネギーに会って、成功者を紹介されたのでなく、意外に波乱万丈なのだったと知った。

倒産・離婚・背任・裏切り・・・

それを乗り越えたからこそ、「成功哲学」が完成したのですね。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--手相を書くだけで運命が変わる | トップページ | 書評--決定版 世紀の号外!歴史新聞 »

書評」カテゴリの記事

コメント

ナポレオン・ヒル博士の成功哲学は、多くの方が参考にされたり、進めておられるように、とても素晴らしい内容だと感じます。ただ、怠け者の私の場合は、初めはなかなか結果を出すことが出来ませんでしたが、普通の方であれば、もっともっと結果を出せたんだろうな…と感じます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56281413

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--「成功哲学」を体系化した男 ナポレオン・ヒル:

« 書評--手相を書くだけで運命が変わる | トップページ | 書評--決定版 世紀の号外!歴史新聞 »