« 書評--ハッピーシグナル | トップページ | 書評--天使になった男 »

2013年1月31日 (木)

書評--ビジネスゲームから自由になる法

ビジネスゲームから自由になる法
ロバート・シャインフェルド (著), 本田健 (翻訳)
¥1470 ヴォイス

これは著者の「「ザ・マネーゲーム」から脱出する法」の続編。
1年前にこの書評をアップしている。
http://hass.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-f08f.html

さて、タイトルの本はまだ出版されたばかり。
amazonのレビューに前作と同じ、という感想がありましたが。
まあ、確かにほとんど同じ。

しかし、今回の書き方の方がすっと理解でき、損をした感じはしません。
僕も1年間より少しは成長した、ということかも知れませんが。
そういう意味では前著の「改訂版」という位置づけが妥当かもしれません。
前著になかった、「こう説明すると・・・という質問が生じるかも知れませんが・・・なのです」という記述が多くなっている。

私たちがリアルだと信じているのは実は幻想の世界。
かといって、ACIMのように幻想を手放せ、というお説教でなく、ゲームなのだから楽しみなさい、という。
ただ、ビジュアラーゼーションや引き寄せの法則は、第1段階(この物質世界が真実だと思っている段階)の産物。
第1段階を強化してしまうツールとなっている。(P57)
第2段階にすすめば制限のない世界を知ることができるよ、というもの。

そして第2段階でも感謝が大切なのでした。

この本を創造したのも、あなたです。と書いてあったり筋が通っている。

第2段階に以降する途中で不思議なことが起こる、とある。
僕も本を読んで、これから、と夕食の買い物(僕がいるときは僕が食事をつくる)に出かけようとしたら、家の前にトラックが駐車してあって、30分も出かけられなかった。
早速、「奇妙なこと」が起こったか?
つまりこれは自分で創造したホログラフが崩れかけている証拠らしい。

途中、スポーツクラブの駐車場に入ろうとしていた車が、駐車場係に、「この駐車場はいっぱいだから**へ」という説明を受けていたようだ。・・・て、その説明の間、こちらは2分くらい?道路の後ろで待っていた。これって??

なるほど、イライラしないゲームらしい。
この本を読む前の僕は、「後ろの車に配慮してくれよ~」と思ったかも知れない。
でも、前の車も駐車場係のおじさんも、僕のホログラムに登場しただけ、と思えはイライラしない。

つまり「イライラしないゲーム」をプレイしているのだ。
「いいかい?これから、イライラしないゲームを始めるよ。イライラしそうなシーンに出会わせてあげる。イライラしたら負けだよ。OK?」
同じ状況でもゲームだとわかれば我慢できる。実際に、そうかも知れないのだ。
僕は1年前にイライラした波動を宇宙に伝えた。宇宙の反応は1年かかった。そこでそういう状況が起こったのだ。

著者によれば第2段階で、「プロセス」を行っていても結果が出るまで1年くらいかかるらしい。

ともあれ、壮大なゲームです。
物質世界が真実だと思い、自分に”時間”が存在すると思わせ、歴史や銀河系まで創ってしまった自分の無限の能力。

少しは宇宙の真実に近づいた気がします。

前作も読んでいない方は是非お読みください。

お勧め度★★★★★

著者のHP(英語)
http://www.robertscheinfeld.com/

« 書評--ハッピーシグナル | トップページ | 書評--天使になった男 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56666973

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ビジネスゲームから自由になる法 :

« 書評--ハッピーシグナル | トップページ | 書評--天使になった男 »