« 書評--すべてを味方 すべてが味方 | トップページ | 書評--幸運を呼ぶサイエンス »

2013年1月 6日 (日)

書評--ひと言の奇跡

ひと言の奇跡―あなたの周りの風景が変わる100の話
金平 敬之助 (著)
PHP ¥1100

絶版だが中古が¥190程度

著者は1932年生まれ。
そのせいか、保守的な内容だが、まあ時々は参考にすべき話もある。

たっとひと言が人生を変えることもある。

野球の嫌いな僕は、野球のたとえ話やエピソードは邪魔で仕方ないのだが・・・

ともあれ、いくつか言葉を拾っておこう。

「苦しみはなくなるものではありません。
気持ち次第で、苦しみでなくなるのです。」P30

「子どもは褒めて育てろというけれど、大人だって褒めてもらいたいんです」P37

すべてを感謝の心に・・・
「パーティの後片付けが大変なのは、友達がたくさんいる証拠」
「洋服がきつくなったのは、食べ物に恵まれているおかげ」
「芝刈りや窓の修理がイヤになるのは、我が家をもっているため」
「政治がけしからんといえるのは言論の自由があるから」P108

サッカー嫌いがはじめてサッカーを見たエピソード
「サッカーっておもしろい。いままで人生損した」P111

「遅刻した部下に「またか」は絶対禁句。
「事故だと思って心配した」から入るべきなのだ。」P174

まあ、ざっとこんなところ。
お勧め度★★☆☆☆

« 書評--すべてを味方 すべてが味方 | トップページ | 書評--幸運を呼ぶサイエンス »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56478466

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ひと言の奇跡:

« 書評--すべてを味方 すべてが味方 | トップページ | 書評--幸運を呼ぶサイエンス »