« 書評--大いなるひとつ | トップページ | 書評--すべてを味方 すべてが味方 »

2013年1月 1日 (火)

書評--ジョン・レノンはなぜ「YES」に涙したのか?

明けましておめでとうございます。
新春にふさわしい1冊目を読みました。

ジョン・レノンはなぜ「YES」に涙したのか?―新しい財産
富樫 康明 (著)
三五館 ¥1100

--絶版だがamazonの中古が¥1--

カーネル・サンダース、エジソン、手塚治虫・・・・人生のどん底から這い上がった人たちを紹介しています。

本の中で紹介されている話や詩を、ネット上で検索してみました。
これを読者の方への新春プレゼントとします。
興味があれば、amazonの「なか見、検索」をみて直接読まれた方が良いでしょう。

千の風に・・・・原作にまつわる話
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/prof/1000winds.html

あしあと(最初は英語ですが、スクロールすると日本語がでてきます)
http://home.interlink.or.jp/~suno/yoshi/poetry/p_footprints.htm

大きな事を成し遂げるために 力を与えてほしいと神に求めたのに  
http://homepage1.nifty.com/taima/yomoyama/yomo273.htm

今日は死ぬのにもってこいの日
http://ichimuler.web.fc2.com/sanga53.html

サンタクロースっているの?という疑問に対するサン新聞
http://www.playnote.net/archives/000773.html

水野源三の詩
http://www1.ocn.ne.jp/~megumi-c/sub1/sub2/mizuno.htm

愛の賛歌、訳。
http://blogs.yahoo.co.jp/boitepostale2006/37534791.html

お勧め度★★★★☆

« 書評--大いなるひとつ | トップページ | 書評--すべてを味方 すべてが味方 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56446676

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ジョン・レノンはなぜ「YES」に涙したのか?:

« 書評--大いなるひとつ | トップページ | 書評--すべてを味方 すべてが味方 »