« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

スピリチュアルに生きる(136)

A「いい? 私と”同じこと”を繰り返して言うゲームだよ。準備は?」
あなた「OK」

A:ラーメンは中華そば。
あなた:ラーメンは中華そば。
A:チャーハンは焼き飯
あなた:チャーハンは焼き飯
A:カレーはインド料理
あなた:カレーはインド料理
A:最初に何って言った?
あなた:ラーメンは中華そば。
A:やーい、やーい。同じ事を言うんだから「最初に何って言った?」と言わないから負けだよ。

ここでゲームに負けたのを知らないBがやってきた。

B「いい? 私と”同じこと”を繰り返して言うゲームだよ。準備は?」
あなた「OK」

B:ラーメンは中華そば。
あなた:ラーメンは中華そば。
B:チャーハンは焼き飯
あなた:チャーハンは焼き飯
B:カレーはインド料理
あなた:カレーはインド料理
B:最初に何って言った?
あなた:最初に何って言った?
B:何だ、知っているのか。
あなた:何だ、知っているのか。
B:もうおしまい。
あなた:もうおしまい。
B:もうおしまいだってば。
あなた:もうおしまいだってば。・・・・(無限ループ)

以上は小学4年生との会話なのだが、人生もそうなのかも知れない。

C:いい?どんなことを言われても怒ったり悲しんだりネガティブにならないゲームだよ。
あなた(仮にKとしよう):OK
C:Kちゃんのばーか。
K:別に、怒らないよ。
C:Kちゃんは何の能力もなくて友達の足手まとい。
K:別に怒らないよ。
C:そうかな?本当に足手まといの部分があると思わない?たとえば一緒に**した時に、一番最後だったでしょう?みんな待っていたんだよ。気づかなかった?
K:それは気づかなかった。悪かったかも。
C:やーい、やーい。ゲームはあなたの負け。ネガティブになった(^^)(~~)。
K:しまった・・・

仕切りなおし。

D:いい?どんなことを言われても怒ったり悲しんだりネガティブにならないゲームだよ。
あなた(仮にKとしよう):OK
D:Kちゃんのばーか。
K:別に、怒らないよ。
D:Kちゃんは何の能力もなくて友達の足手まとい。
K:別に怒らないよ。
D:そうかな?本当に足手まといの部分があると思わない?たとえば一緒に**した時に、一番最後だったでしょう?みんな待っていたんだよ。気づかなかった?
K:何を言われても怒らないしネガティブにならないよ。
D:でも、あなたは子どもの頃、友達に嘘をついたことがあるよね?
自分の失敗を友達のせいにして、ごまかそうとしたことがあるよね?
自分が壊しても、誰も見ていないから、って直さなくちゃいけないものをそのままにしておいたことがあるよね?
買い物したときに、レジの人が間違えて安い金額を打ち込んでも、安くなってラッキーと思って指摘しなかったことがあるよね?
バスや電車に乗って、お年寄りが乗ってきた時に、席を譲らないで、「寝たふり」をしたことがあったよね?
ダメじゃん。
K:そういうこともあったね・・・
D:やーい、やーい。ゲーム負け(^^)(~~)。。
K:負けでも良いや。そういうことがあったんだから。
D:で、やり直してみる?
K:やり直せるなら。

そういうことで、私たちはこの制限のある物質界に生まれてきたのかも知れません。

--続く--

書評--ザ・マジック

ザ・マジック
ロンダ・バーン (著), 山川 紘矢 , 山川 亜希子, 佐野 美代子 (翻訳)
\1600 角川書店

--発売日は今月10日なので、安い中古はありません。--

「ザ・シークレット」
「ザ・パワー」
に続く著者の第3弾。

今回は感謝に焦点を当てています。
感謝の本はこれまでも紹介してきましたが、これは「ザ・シークレットの”引き寄せの法則”」を前提に書かれています。
ですので、引き寄せの法則はどうも・・・という人は他のここでも紹介した「感謝すること」などの本を読んでください。

これは28日間の演習です。
1日に1つずつの課題があります。
僕は2時間と8分くらいで読んでしまいましたが。。。。

「現状がどうであれ、お金が十分でないという思考そのものが、すでに持っているお金に対して感謝が足りないことを意味しています。」(P87)

なるほど、そのとおり。

25日目の「魔法のヒント」はなかなか。

「パトカーを見たとすれば、あなたが安全で無事であることに感謝しましょうとの『魔法のヒント』なのです。」(P270)

「どんな状況でも感謝するのです。そうすればどんな状況でも感謝する出来事を引き寄せるのです」
そうだよね。

ともあれ、感謝の大切さを語った本はいくつかここでも紹介しましたが、--本の最初の部分は本を売るためのこじつけか、というのもありましたが--引き寄せの法則とリンクしたものではこれがいまのところ秀逸。

お勧め度★★★★☆

注意:著者の本の中では、いきなりこの本は読めません。「ザ・シークレット」が先です。

ザ・シークレット日本語版ページ
http://www.thesecret-jp.tv/

2013年2月26日 (火)

書評--ごえんの法則

ごえんの法則
小林 正観 (著)
\1429 大和書房

amazonの中古が¥3-

いつも同じようなことを書いている小林正観の本も、10冊くらい読むと、筆者の言いたいことが見えてくるのだろうか?
amazonでは賛否両論だが、僕は代表作の1つにしてOKだと思う。

ごえんとは5円じゃなくて、「縁・円・援・宴・園」。
この5つの漢字にあてはめて、これまでの話題がつづられる、というか、目が良く見えない入院中にテープに録音した、とかで、筆者の集大成なのかも知れない。

たしかにamazonで批判のある、最初は鉱物に生まれ、10万回生まれ変わったら、植物になり、さらに動物に、その後は雲に・・・なんて相当に怪しげ。
でも、読みなれてくるとそのまま読めるから不思議。

トイレ掃除は素手でやれ・・・って抵抗あるよね。でもそれが一番運が良くなる。宝くじもあたる。

植物に毎日声をかけてやると元気だが声をかけないと枯れる。

358という数字の羅列はパワーがある。車のナンバーをこの組み合わせにすると燃費が良くなる。

ゴミが散らかっている部屋からは神様が逃げていく。
最も重要な神様はトイレに住むから、トイレ掃除が大事・・・・ここまでいくと怪しいを通り過ぎている。

著者はどうしてトイレ掃除をすると運が良くなるか、は知らないという。
下手に説明しないところが逆に説得力あるのかも。

1/3は仏教入門のような感じ。

小林正観の本に慣れていてもレビューに批判があるのだから、慣れないとNGでしょう。

でも、亡くなる1年くらい前に語った文章だから、やはり著者の集大成ではないのかな?

お勧め度★★★★☆

書評--ストン!―あなたの願いがかなう瞬間

ストン!―あなたの願いがかなう瞬間 
藤川 清美 (著)
風雲舎 ¥1400

要するに、潜在意識にお願いすれば全部夢は叶う、という成功者というより成金?の書いた本です。

amazonの評価は高いです。

でも、何というか、僕にとっては品が良くないように思えるのです。
一億円の家を買う夢を叶えた?
私には夢が283個ある?

うーむ。
まあ、成功者の体験ですから、内容は別に悪くないです。

タイトルのように潜在意識を利用して「ストン」と落ちるまでいけば夢は叶う、ということ。

お勧め度★★☆☆☆

著者のHP
http://www.kiyomicat.jp/

書評--アイ・ロスト・マイ・ジョブ

アイ・ロスト・マイ・ジョブ―30日で夢を叶えた女性の日記 
リルー マセ (著),  榎本 リヤ (翻訳)
\1400 JMAアソシエイツライトワークス

amazonの中古が¥1-

タイトルのとおり、「失業」した著者が、30日で本を出版したい、という夢をかなえるまでの日記をつづったもの。
引寄せの法則が随所に出てくる、というより、引寄せの法則を身をもって確かめるというもの。

途中、エスター・ヒックスや「神との対話」、「ずっとやりたかったことをやりなさい」「ザ・シークレット」の本も出てくるし、風水やレイキも何の説明もなく登場するので、いきなり読んでもわからない人にはわからない。
要するに、原文が日記形式なのだ。
つまり何の推敲もせずに、思いつくままに綴った文なので、必要でないこともたくさん書かれている。
さらに、訳が悪いと思うのだが、日本語にしてもっと読みづらくなっている、というところ。

それでも失業しても、懸命にポジティブに向かおう、という努力はずっと続けている見本ではある。
失業直後の人で、引寄せの法則を知っている人なら共感しそうではある。
引寄せやポジティブ思考の別の捕らえ方も見せてくれる。

お勧め度★★★☆☆

2013年2月24日 (日)

書評--3日で人生を変える方法

リチャード・バンドラーの3日で人生を変える方法
リチャード・バンドラー , アレッシオ・ロベルティ, オーウェン・フィッツパトリック (著) 野津 智子 (翻訳)
¥1500 ダイヤモンド社

著者のリチャード・バントラーはNLP(神経言語プログラミング)の創始者。
40年のNLPの実践の集大成といったところか。

本の内容はNLPの説明ではない。
3日間に渡るNLPのセミナーを、ジョーという主人公をしたてて、疑似体験する。
(そういう意味では、ちょっと前に紹介した「箱から脱出する」本と似ている。)

====本文より引用=====
たいていの人は悪いことに見舞われた経験があります。
そして、そういうことが今は起きていないのを喜ぶ代わりに、頭の中で何度も何度もくどいほど経験し、結果として自らの過去によって現在を台無しにしてしまっています。(P32)

要は、まずいやな気分にさせられるものをイメージして、小さく白黒にし、遠くへ飛。

ばして取り払うこと。その後、よい気分にしてくれるものを心に思い描いて、大きく、明るく、鮮やかにすること。((P41)---これは効果あるかも。

過去の最もよいことは、すでに”終わっている”という点です。そして、現在の最も良いことは・・・(P76)

もし、誰かが家に入ってきて、壁に落書きしたら、放っておきますか?・・・上からペンキを塗るはずです。なのになぜ、頭の中にあるネガティブな考えのことは放っておくのでしょう?(P78)

たった一つ質問をしなかったせいで後悔するなんて絶対だめですよ。・・ときには降りかかるどんな運命もものとせず、望むことにただつき進まなければならないときがあるのです。(P167)

希望がない場合には、ときとして生み出す必要があります。(P183)

重要なことや目標を明確にするときには、まずこの質問をしてください。
「今まさに、人生で最も大切なものは何か」(P202)

====引用終わり====

ストーリーとしてもそこそこ面白い。
ジョーはセミナーで気に入った女性、サラと会話する。
しかし、車で迎えにくる恋人がいるようだ・・・・??
最後は良い意味での予想外の結末

前に「願いをかなえるNLP」をここで紹介したが、この本の方がNLPの様子が良くわかる。
もう少し勉強しようと、著者の「望む人生を・・・」を今日買ってきた。

お勧め度★★★★★

2013年2月22日 (金)

スピリチュアルに生きる(135)

「あなたの人生を変える、スピリチュアル・エリア」

うん、なかなかのタイトルだ。((笑)・・・・ということで思いつきでタイトルを考えています。)
これを説明してみよう。

あなたが悲しいめに遭っているとする。
「私は悲しい」
これって、「私=悲しい」になってしまっています。

悲しいのは、あなたの感情だけ。
もちろん、あなた全体が「悲しみ」で構成されているわけではないのです。

無条件の愛から歓喜・喜び・笑いといったポジティブな感情から、落ち込み・辛さ・悲しみ・絶望といったネガティブまでたくさんの感情があります。

「私=悲しい」ではなくて、あなたは「悲しみ」という波動の中にいる。
隣には喜びという波動がある。
これを「感情エリア」と呼ぶことにしましょう。

「私は悲しみを感じている。」
この場合は、悲しみにどっぷり浸かっている自分のほかに「感じている」という観察する、一段階上の自分があることになります。
ここまで気づけば、「私=悲しい」でなくて、その感情を手放せる可能性が見えてくるわけです。

「私はいま、悲しみの波動の中にいる」
こう気づいたら、もう半分、悲しみから抜け出している。
主観的に悲しんでいるのでなく、悲しみを感じている自分を客観的に見ているから。

あなたはいま、半径10mの円の中央に立っていると想像しましょう。
あなたの周りにはあなたを中心に喜び・満足・期待感というポジティブなエリアと、ねたみ・悔しさ・悲しさというエリアが広がっています。
出来事が起きたときに、あなたの感情はどのエリアに移動するのでしょうか?

上記に書きましたように「あなた」が移動してはいけませんよ。
「あなたの感情」が移動するのです。
実は、高次のあなたは10mの円の中心にいるのでなく、円のはるか上から自分の感情を観察する存在なのです。

それに気づいたらもう「悲しい」ってことはないですよね?
少なくとも、「感情がネガティブな波動に入っている」と、気づけば、感情を変えようとしますよね?
ですから、気づきが大切。

この感情エリアを意識するだけで、ネガティブな感情から抜け出すことができる、とまでは言い過ぎかも知れませんが、少なくともネガティブな感情に浸りきることは少なくなるでしょう?

これがタイトルの「スピリチュアル・エリア」です。

なお、ネガティブな出来事に遭遇したときには「どうしてこんなことが」とつい思ってしまいますが、喜びに満たされているときは「どうして嬉しいんだ」なんて考えません。
ですから「どうして」という疑問が出たらネガティブである証拠。
「どうして」というのは過去を分析するだけで何の助けにもならないことがほとんどです。
「どうして」でなくて「どうすれば」というのは未来志向。
問題が生じたら、「どうすれば」と考えるべきなのです。

(この文章は思いつきで書いているので書き換え予定です)

2013年2月19日 (火)

書評--あなたのなかに、すべてがある

あなたのなかに、すべてがある―デジタル内観 「精神世界」を超えた最後の自己変革
山本 健二 (著)
¥1200 現代書林

絶版だがamazonの中古が¥300-

ようするに、自分の過去を書き出していって、思考や概念を捨てて本当の自分を発見する、というような。
デジタル、というのは、宗教をこえた内観法だそうで、・・・

ストレス解消の方法には3つあります。
1つは原因を消す
2つめはストレスに打ち勝つ
3つめは、ストレスを認めて逃げ出す(P57)

調和とは「無敵」ということです。無敵ですから戦う必要はありません。(P72)

「気づこうとする努力」や「自己発見しようととする努力」は気づきを否定することになります。(P75)

もうそれだけ勉強したらいいじゃないですか。”永遠の求道者”で終わりますよ。(P151)

これまでの内観研修というのは、途中で感情をわきださせて、感謝に変えるという作業でごまかすわけなんです。(P161)

20年も30年も暗闇だった部屋に電灯をつければパッと明るくなります。100万年続こうが、そこへ光が入れば一瞬にして闇は光の世界に変わります。(P174)

で、デジタル内観を手助けする内観グッズもあるとか・・・うーむ。

この著者の著書には次のものもあるようだ。

新デジタル内観であなたを変える―まったく新しい「悟り」の技術 [新書]
山本 健二 (著)
現代書林

95年発行
絶版で中古が約¥3万。古本屋で数百円で見つけたら「買い」です。

つまり全く新しい悟り方のようです。

さて、タイトルの本ですが、著者はもうこの世にいなし、デジタル内観を教えているところもほとんどなさそう。

お勧め度★★★☆☆(悟りのヒントになるかも、で本当は★4つなのだが、P100に障がい者に対する差別語が平気で使われているのでマイナスポイント--もう20年も前の本だから仕方ないか)

2013年2月17日 (日)

書評--ザ・シフト

ザ・シフト
ウエイン・W・ダイアー (著), 島津 公美 (翻訳)
¥1600 ダイヤモンド社

同タイトルのDVDがあり、この本はその映画を見たことを前提に書かれているようだが、見ていなくても理解できる。
DVDを買おうかどうか、迷ったが、たいしたことがなさそうなのでよほど安くならなければ買わないだろう。
(それより「冒険野郎マクガイバー」の廉価版が出たので優先してしまうだろう)

さて、内容だが、シフトとは人生を転換する、ということ。
物質的な欲を追求していた自分から、スピリチュアルな生き方へシフトする。

意味はわかるのだが、この本はルーミーやら道教からの引用がやたら多い。
「エマソンも言っているように**なのです」みたいな書き方。
引用がなければ、本として成立しなさそうだ。
悟りに関しても、新しい情報はない。

ということで
お勧め度★★☆☆☆

書評--宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方

スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方
サティシュ・クマール (著), エハン・デラヴィ (翻訳), 愛知ソニア (翻訳)
\1600 徳間書店

この本の基本はアーユルヴェーダ。
といっても、健康法でなく、生き方のほうです。

すべてはつぎの3つに分類されるという。

サトヴィック(sattvic)…優雅さ、あるいは簡潔さ。
ラジャシック(rajasic)…度を越すことや贅沢さ。
タマシック(tamasic)…闇とか気が滅入ること。

これをさまざまな例で紹介している。

サトヴィックな行為とは、執着心なく、見返りを望むこともなく、愛をもって行うことをいいます。
ラジャシックな行為とは、ストレスを感じながら行うこと、満足を得る目的のために行うことをいいます。
タマシックな行為とは、無知のまま、結果も考えずに行うこと、相手も自分も互いに傷つく行為のことをいいます。(P36)

サトヴィックな傾向にある心の人は、宇宙的な流れを信じることができるので、必ずうまくいく、と信頼する気持ちがあります。
(中略)
ラジャシックな人たちはどうかというと、たとえばひとつの教えから次の教えを求めたり、本から本へと読み漁ったり、スピリチュアルな何かをひとつ学んだかと思うと、また次の何かを求めるようなひとたちです。(←僕のことだ(苦笑))
(中略)
タマスは破壊的な心に宿ります。他に危害や苦しみを加える喜びを求めます。自分自身を守るために相手を攻撃します。(P54)

というわけで、どれかひとつに分類されるのですが、それが、現代社会のさまざまな観点から説明されていて、かなり格調高い文章です。

エコロジカルにも言及され、生き方をもう一度、考え直す、そんな本に位置づけられるかも知れません。

amazonのレビューも2人だけですが、それぞれ格調高い感想です。

上記3つの分類というのは類書にはありませんので、是非お読みください。

お勧め度★★★★☆(間違いなく★4以上)

2013年2月15日 (金)

質問への回答(45)

Q、占い師にないたいのですが、どうすれば?

資格は不要です。
あなたは今日からカウンセラーや占い師になれます。

問題は実力なのです。
どれだけ的確に相手の質問に答えられるか、相談に乗れるか、です。
実力さえあれば、口コミで顧客が増えます。

「占い」って何占いですか?
姓名判断、手相、奇門遁甲、九星気学、タロット、ルーン、オーラ・ソーマ、宿曜占星術、西洋占星術、東洋占星術、陰陽道、気学、家相学、数秘術、四柱推命、紫微斗数、パーソナル・イヤー、オラクル・カード、易・・・・・・・などいろいろありますが、何をしたいのでしょうか?どの占いが真実だと思われますか?

カウンセリングもいろいろです。
産業カウンセラー、学校カウンセラー、病院ケースワーカー、人生相談・・・・何をしたいのでしょうか?
こちらは場合によっては心理学系大学院卒の資格が必要となります。
心理学ならA・アドラー派の入門書を個人的にはお勧めします。

プロの占い師になろう、という人がカウンセラーの資格をとるべきかどうか、占いで決められないとすると、あなたのやりたいことは
セラピー&ヒーリングかも知れません。
レイキ、サイコ・セラピー、ハコミ・セラピー、カラーセラピー、アロマテラピー、レムリアン・ヒーリング、クリスタル・ヒーリング、シータヒーリング・・・・・たくさんありますので、一生の仕事にするならより多くの候補の中から十分に検討してからの方が良いでしょう。

============

①今お金が無い場合、「私は今、お金を引き寄せている最中だ。引き寄せの法則により必ずおお金は引き寄せられる」と強く心で思い信じて念じている場合、どのタイミング(時期です)から実際にまだお金はないけれど「私はお金がある。引き寄せの法則によりお金が入った」と思うようにすれば良いのでしょうか?
(これ以外は著作権法により省略)


たしかに、マイケル・ロウジェあたりが、「お金を引き寄せている最中」なら、自分の本心と矛盾がないから願望がかなえられやすい、と書いていますね。

>①今お金が無い場合
あなたはお金が欲しいのですね。
あなたが宇宙に「お金が欲しい」という波動を発しているので、宇宙は裏切ることなく、その状態を継続してくれます。
http://www.youtube.com/watch?v=VVQHy7xpNGs

>例えば最初の一日だけ「~の最中だ」と思い2日目からは
あなたの考える宇宙の法則しだいです。
一日で良い、と思えばそうなりますし、継続せねばならないと思えばそうなります。
「宇宙はあなたの思ったとおり」なのですから。


複数の願いででNGだと思えばNGでOKだと思えばOKです。これが宇宙の法則です。

>③実際「引き寄せの法則」を実践
法則に「実践」なんてありません。
いつも書いていますが、万有引力の法則は高いところから飛び降りれば誰でも墜落する、というのが「法則」です。
実践しようがありません。

つまり・・・「実践」という言葉を使うことそのものが、法則を理解していないことであり、「引き寄せの法則」を、まるで魔法か何かのように思っている、ということです。
魔法のテクニックは別にあります。白魔術・黒魔術、それぞれの文献を検索してみてください。
「引き寄せの法則」は魔術でなくて、法則なのです。
「実践」という概念を超えなければ、「法則」によって願望が叶うことはないと思いますよ。

つまりこうです。
「引き寄せの法則を”実践”しなければ願望が叶わない」とあなたは信じている。
だから、あなたの願望はあなたの信念どおり、いまだに叶っていないのです。・・・これが「引き寄せの法則」の本質です。

2013年2月14日 (木)

書評--死の意味と量子論

死の意味と量子論
川又 三智彦 (著)
\1429 高木書房

「死の意味」とは著者が二度の臨死体験をして、生きるより死ぬときに、どうやって満足してこの世をされるか、どれだけ充実した人生を遅れたか、が大切だとする。

亡くなった父親に夢の中で会う。

そんな不思議体験は、同じ不思議な量子論と結びつけて考えられるのではないか?ということで後半は量子論からの死後の世界や人生の目的。
そのへんはamazonのレビューに書かれていたようにこじつけか?とも取れる。

お勧め度★★☆☆☆

2013年2月12日 (火)

書評--「いまここ」にさとりを選択する生きかた

「いまここ」にさとりを選択する生きかた―21世紀のさとり読本 (覚醒ブックス) 
やまがみ てるお (著)
¥1575 ナチュラルスピリット

--今年発売なので中古はない--

タイトルのとおり、さとり系。

悟るとどうなるか、が淡々と続く。
「たとえば・・」もないし、著者の体験談もない。
良く言えば文章にムダはない。
悪く言えば、文章としては平坦すぎて飽きるかも知れない。

一言でいえば、思考を観察している側が本当の自分である、ということ。

ワークがいくつか出てくるが、思考や感情を観察している”本当の自分”に気づきなさいということ。

しかし、これって
「リビング・デリバレイトリー―自分が決める人生の生き方」
ハリー・パルマー 著
中古:447円
(旧タイトル「意図的に生きる」・・・¥94)
の、「感情に名前をつけられるか?」という課題(第7章前半)のほうで試しているし、ワークとしては同著者の「リサフェーシング」の方がやりやすそう。
(すでにこのブログで紹介している)

ACIM(奇跡のコース)のように、自我を捨てなさい、と言っていない意味では、エックハルト・トール(さとりを開くと人生はシンプルで楽になる)やガンガジ(ポケットの中のダイヤモンド)と同じ路線なのだろうが、終わりの方になって引き寄せの法則が出てくるのが気になる。
ラマナ・マハルシは物質次元の欲望を満たそうとせずにずっと裸で過ごした--まあ、インドですから。ダスカロス(エソテリック・プラクティス)もみすぼらしいシャツの写真だ。

そういう意味では、最後の方で「引き寄せの法則」が出てくるのはどのようなわけだろう?
巻末の参考文献ではこのブログでも紹介している「リアリティ・トランサーフィン」がでてきたり、
「ミリオネア・マインド」
「ユダヤ人大富豪の教え」なんてのも含まれているのはどういうわけ?

自我=物質界での成功、と本当の自分=悟った自分 の両方が成立するのが宇宙?

著者のブログ(って一瞬しか開けないのですが・・・設定によっては開ける??)
http://oyamagamiteru.blog.fc2.com/

途中、アウストラル・ピテクスから始まる人類の歴史が紹介され、これが宇宙の流れ(P195)が紹介されていて、おそらくは、-- 一人一人は小さな存在だが、宇宙の一部として生きるのだから繋がっているという意味なのだろうが--ちょっとまえに紹介した

「ビジネスゲームから自由になる法」
ロバート・シャインフェルド (著),
や、アーノルド・パテント(すでにここで紹介済み)あたりはちょっと違う。

この世界は自分が監督・主演・脚本などすべてを自由にできる映画館であり、宇宙には自分ひとりしか存在しない、としている。

僕は、ちょっと前に、この「ビジネスゲームから自由になる」を読んで、数日間、感覚が変わった。
この世界はゲームなのだ。
マージャンでも囲碁でも良いのですが、みんなが知っている将棋を例にしましょう。
将棋というゲームが人生そのものだとすると、人生に勝つのは名人しかいません。
将棋があたかも人生そのものだと思い込んで、王様を取るのに大変な努力をする。
あの角道を塞ぐにはどうしたら良いか、王様を守るために、矢倉をどう組みますか?

でもね、王様を取る、って将棋というゲームをやっていなければ、立ち上がって、ヒョィと駒を持ち上げれば良いのですよね?

ゲームだということに気づかなければ一生苦労する。
この世界が「マネーゲーム」(シャインフェルド著)ならば、いくら頑張っても、年金や税金に苦労するだけ。そんなゲームがいやならゲームを継続する必要はないよ、ということ。

本に紹介されているように人類は350万年前のアウストラル・ピテクスから進化してきたのか?
実は、猿から人類に進化する途中経過は発見されていないそうです。(ダーウィンのはあくまで進化「論」ですから)
それは、そうです。僕は、プレアデスとか、シリウスから転生してきたと思っているから。

「リ・メンバー」(スティーヴ・ロウザー著)に書かれているように、”壮大なかくれんぼゲーム”をやっていたのに気づきました。
何の制限もなしに、思ったことが即時に実現する存在は、制限のある世界を体験したいと思いました。
だから物質という世界に下りてきたのです。

しかし、途中に、本来の自分に気づくようにクリスタルを置いておきました。
これが「リ・メンバー」や「・・・から自由になる」という本。

”壮大なかくれんぼゲーム”というのは自分の生きている物質世界が本物だ、と思わせることです。
そこで、「物質は存在している」という概念を作り出しました。(本当は幻想です)

自分がいなければ”この世”は存在しません。
自分が消滅したときに”この世”も消滅します。
なぜなら、”この世”は幻想だから。

しかし、早く気づいてはゲームがなりたたないので、ゲームだと気づかないように、様々な仕掛けを作りました。
人類の歴史が350万年?
それを気づかないように歴史年表まで作ったのは自分でした。
そういう意味ではアリストテレスもダーウィンもニュートンもアインシュタインもマルクスも存在しません。
幻想の中で生きるには必要だったから、そういう「歴史」を構築して、この物質界に降りてきたのです。

話を変えましょう。
職場で嫌いな人がいるって?
それは自分で創造したのです。
自分だけの世界なのですから、自分の世界に現れてくる人は自分で創造しているのです。
「自分の生きる世界には嫌いな人も存在する」って。

ゲームに入る前なら見抜けたのですが、がんじがらめなので見抜けないのです。

・・・と、ここまでは理論的には解ったのですが、裏づけというか、確信がないです。
なので、これからも勉強を続けます。

話を戻して、
タイトルの本はいい線を行っていると思います。
でも、途中で紹介した、「リ・メンバー」とか「ビジネス・ゲームから脱出する」にはかなわない。

そういう意味で

お勧め度★★★★☆

2013年2月11日 (月)

書評--ガラクタ捨てれば未来がひらける

ガラクタ捨てれば未来がひらける (小学館文庫)
カレン・キングストン (著)  田村 明子 (翻訳)
¥600 小学館

--amazonの中古が¥1--

2010年8月。
「ガラクタ捨てれば自分が見える」の書評で書いた
>これから処分するかも知れないもの。(結構迷うのでした)
>昔のLPレコード
>テープデッキ
はとっくに処分。
そしてバイクもない。

しかし、それから2年半。
洋服を数着もらい、本も増えた。

さて、同じ著者の、こちらは整理法というより、スペース・クリアリングと風水が中心のもの。
整理術も思い出しましたが、スペース・クリアリングは儀式的な要素が多く、ろうそくやらお供え物など、僕はいろいろな道具を準備する気にはなれません。
でも、ウチの奥様が、似たような部屋の浄化法をやっているので、こういうのは世界的にも共通することがあるのだな、と思います。

部屋を整理したい人は「・・・自分が見える」のほうが、整理術が多いです。

クリアリングするのは邪魔なものがなくなってからが当然なので、整理が先です。

基本的にはすべてのものにはエネルギーが宿っているということ。
サイコメトラー(持ち物で持ち主の情報を得る)では、持ち主のエネルギーも宿っているということ。
今は役立たないものは、古いエネルギーを溜め込んでいるということ。
だから、古くなって使わないものは処分すべきなのです。

原作は今回紹介した「・・・未来がひらける」の方が先らしい。
実用的な整理術はあとからついてきたもので、本来はスピリチュアル系の著者ですから。
スピリチュアルなスペースを創るにはこの本が良いでしょう。

お勧め度★★★☆☆

書評--超次元の扉

超次元の扉―クラリオン星人にさらわれた私 (超知ライブラリー)
マオリッツオ・カヴァーロ (著)  浅川嘉富 (監修), やよしけいこ (翻訳)

昨年5月、同著者の「クラリオン星人はすべてを知っていた」の書評をアップしたが、信憑性がどこまであるのやら・・
でも、古本で¥105だったので、また買ってしまった。

「時間と空間は結びつき合った存在だが、分離できないというわけではない。・・・・人間の死は時間と空間が融合して生み出した見せかけの状況に過ぎない。人生も死も現実ではなく、存在さえしない。人間の頭の中だけに存在するしろものだ。人生と死は、偽りの投影であり、プシケの認識異常によって引き起こされる・・・」

うーん、こういう記述って、物理次元は幻想っていうのと似ていてちょっと考えてしまうのですよね。

(ところで、「プシケ」ってどこかで聞いた。)

さて、本の内容は、誘拐よりも、クラリオン星人が上記のように、宇宙や時間を説明するのが中心です。
どんなことが書いてあるか、amazonのレビューに詳しく書いてある方がいますので、ご覧になってみてください。

お勧め度★★☆☆☆

書評--願いを叶える7つの呪文

願いを叶える7つの呪文 “言葉”を使った引き寄せレボリューション
ウィリアム・グラッドストーン (著), リチャード・グレニンガー (著), ジョン・セルビー (著), 菅 靖彦 (翻訳)
\1680 ソフトバンククリエイティブ

この本は1917年発行の本の解説書。
日本語訳は以下。

ザ・マスター・キー
チャールズ F.ハアネル (著)  菅 靖彦 (翻訳)
\1470 河出書房新社

「ザ・マスター・キー」はもともとは24週間の通信講座だったらしい。
だから1週間に1章ずつゆっくり読まねば効果がないとされている。
(僕は、一気に読んでしまったので・・・)
「ザ・マスター・キー」のamazonでのレビューは賛否両論。
内容が古いという意見があるが、約100年前の本だからそれはそうだろう。
しかし、最近の引き寄せ本のように、単なるエゴを満たすために、ほしい物を引き寄せるテクニックとは一線を画す。

さて、話をもどして、「願いを叶える7つの呪文」は、その100年前の文章を現代風に解説したもの。
本質は100年たっても変わらないのだから。 

人間は宇宙精神と同一でありることが強調されている。

7つの呪文とは次のとおり。

1.私は喜びにあふれた内側に焦点を当てることを選びます
2.私の心は静かです。私は今、静寂の中にいます
3.私はソースからのガイダンスを受け取る準備が出来ています
4.私は自分が何を望んでいるか知っています
5.私は創造的なパワーとつながっているのを感じます
6.私のビジョンは今、完璧で、非の打ち所がありません
7.一瞬一瞬、私の夢は実現しつつあります

これを読めば、単なる欲望を満たすのでなく、宇宙と調和しようという趣旨がわかるだろう。

P228では思考が物質の影響を及ぼすというプリンストン大学の実験結果が紹介されている。
思考が乱数発生器の結果に明らかに影響を及ぼした、という。
(現代的に解釈とはこういう意味もある)

P290~P304は「ザ・マスター・キー」からの重要ポイントの引用なので、「ザ・マスター・キー」まで買うつもりがなければこの本だけでも、足りるかも知れない。

お勧め度★★★☆☆

書評--バーソロミュー2

バーソロミュー2 大いなる叡智が語る神への覚醒(めざめ) 
バーソロミュー (著),  陽子 ヒューイ (翻訳)
マホロバアート ¥2300

絶版だが「バーソロミュー2」だけ中古で¥800.
1~3の3巻のシリーズ。
(この他に「旅日記」はありますが、記憶ではあまり面白くないです。)

チャネリング本。
下記に一部を引用しておきましたが、2巻は悟り系です。
しかし、1巻で「思い描いたことは実現する」、というのもあります。
チャネリング、ワークショップの細切れですが、編集で工夫されているようです。

==一部紹介==

あなたが悟りの境地に達していないのは、本当はすでに悟っているのに、そのことに気づかないからです。(P23)

あなたは純粋な目覚めた意識であり、それが肉体として体現されているのです。(P60)

あなたは大いなる光です。(P73)

あなたのなかの神を見つけたいと思っている部分、”大いなる故郷”へ帰りたいと願う部分は、まだ自分は神から切り離されていて、どこかへ行って何かをしなければならないと信じている部分です。(P84)

この地球界の意識へ入ってくるにあたり、あなた方は全員で約束をして、時間や空間や進歩や死滅などというものが存在するふりをしようと決めたのです。(P93)

お勧め度★★★★☆
とりあえず一番安い「2」から購入されてはいかがでしょう?
1と3は中古でも¥2500します。

2013年2月10日 (日)

書評--今すぐやらなければ人生は変わらない

今すぐやらなければ人生は変わらない―もっと運がよくなるシンプルな法則
ロビン シャーマ (著), 北澤 和彦 (翻訳)
海竜社 ¥1400

著者の「心のカップを空にせよ」はよかったのだが・・

著名人の名言にコメントをつけただけ、という感じで、ちっとも面白くない。
自分を大切に生きろ、とか当たり前のことを、だらだらと文章をつづっているだけ。
最初の数ページでやめた。

お勧め度★☆☆☆☆

2013年2月 9日 (土)

書評--サイキック・キッズ

サイキック・キッズ 
ジャッキー・ニューコム 著
¥1890 コスモトゥーワン

--amazonの中古が¥1--

天使の専門家、ジャッキー・ニューコムのHP(掲示板?)に寄せられた、サイキック能力のある子どもたちのレポートと著者の解説。

子どもたちは天使を見たり、すでに他界した人と対話したり、生まれる前のことを語りだす。

一般向けの本ではないが、小さな子どもがいて、不思議なことを話しだしたら、「どういうこと?」「どう対応すれば?」ということで参考になると思われます。

自分の子どもがクリスタル・チルドレンやインディゴ・チルドレンの可能性がある、と思った方はお読みください。

お勧め度
★★☆☆☆(一般の方)・・・著者の天使本はお勧めが多いです。
★★★★☆(小さな子どもがいる方)

2013年2月 7日 (木)

書評--波動の報告書

波動の報告書-足立育朗の世界-
小林正観
¥1500 弘園社

(この本はamazonでは見つかりませんでした。弘園社で検索すると小林正観の本を出版するためにできた会社だとか・・・)

これは著者の初期の本です。
足立育朗の紹介本。
この本の出版と前後して足立育朗の「波動の法則」が出版されましたが、まだ出版されていないときに、著者が紹介したい、と思って書いたそうです。
その後の小林正観の本はほとんど一本調子ですが、この本hほかの本にあまりかかれていないこともたくさんあります。

波動の法則などの紹介HP
http://homepage2.nifty.com/Hiroshi_m/books.htm

この本に紹介されていた坂村真民の関連ページ
http://www.earth-words.net/human/sakamura-sinmin.html

シャーリー・マックレーンは釈迦の一番弟子と二番弟子の名前
舎利子=シャーリプトラ
目連=モッカラーナ
と関係あるのだそうな??

足立育朗が主催する「形態波動エネルギー研究所」
http://www.ginusen-ifue.jp/indexj-2.html

ある図形の上にものをおくと物が変化するそうな。
上記ページなどで検索するとその図形が見られます。

本に紹介されていた河井寛次郎
その 名言を検索してみました。

1. すきなものの中には必ず私はいる。
2. 新しい自分が見たいのだ──仕事する。
3. この世は自分を探しに来たところ、この世は自分を見…
4. 過去が咲いている今、未来の蕾で一杯な今。
5. 私は習慣から身をねじる、未だ見ぬ私が見たいから。…
6. 手考足思 
7. 鳥が選んだ枝、枝が待っていた鳥 
8. 美を追いかける、美が追いかける。
9. 手霊足魂 
10. 暮らしがしごと、しごとが暮らし。
11. (現代人は)底辺の短い鋭角系の二等辺三角形だ。底…
12. 私は木の中にいる、石の中にいる、鉄や真鍮の中にも…

============

役割(宇宙から与えられた)に気づくと、宇宙はその「役割」をどんどんやってもらいたくて、その「役割」をこなすため必要な人にどんどんあわせます。資金が必要なら資金が集まるようになっている。(P131)

お勧め度★★★☆☆

2013年2月 4日 (月)

書評--あなたも宇宙とつながっている

あなたも宇宙とつながっている――今、伊勢神宮に魅かれる理由 
浅見 帆帆子 (著), 浅見帆帆子 (イラスト)
\1260 亜紀書房

前半はこれまで書いた本と重複。
「~で書いたとおり、~なのです」って新しい情報はないのですね。

後半はサブタイトルのとおり、伊勢神宮の紹介。

「運が悪いなあ、と感じることが続くとき、自分に何を知らせようとしているのかに気づくと、運の悪いことは不思議とそこでとまります。
起きている「事柄」のほうからしてみると、その人になにかを気づかせるために起こっているので、気づいてくれれば目的達成だからです。
・・・はじめの段階で気づかないと、わからせるまで何度も似たようなことが起こるのです。・・・起きたことにマイナスの反応をすることで、さらにマイナスの出来事を引き寄せるのです」P34

って、これは僕もすでにHPで書いていること。

著者はその自分の体験例として、最初は駐車違反で自分だけ反則切符をきられ、それからすぐ後に高速道路で自分だけがスピード違反の切符を切られ、それから車が故障した、という・・・(P35)
これがネガティブになっているよ、という宇宙からのサインだって?
ただの違法駐車やら交通違反じゃねーか!
しかも、「自分だけ」って書いているところを見ると、みんなもやっている、と思っているらしく、違法駐車の反省もなさそう。

著者のHP
http://www.hohoko-style.com/
著者のジュエリー店のHP
(それぞれ高額です。結局、物質的な世界を追求する道になってしまったようですね)
http://hoho-amiri.com/top/

お勧め度★☆☆☆☆

2013年2月 2日 (土)

書評--天使になった男

天使になった男
ジョー・タイ (著)
\1300 ディスカバー

--amazonの中古が¥1--

スピリチュアル・ストーリー。
自殺しようとした男が、その日の朝に戻り、スピリットというか、天使(?)に、日常恐怖を乗り越える方法を教わり、その日をやりなおす、というもの。

ストーリー展開はそこそこ面白い。
(たぶん映画にすると面白い)
感動するかどうか?
それはamazonのレビューのとおり、個人差があるでしょう。

僕としては¥1-だから一度読む分には後悔しないで、そこそこ楽しめるでしょう、というあたりか。

お勧め度★★★☆☆

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »