« 書評--あなたのなかに、すべてがある | トップページ | 書評--3日で人生を変える方法 »

2013年2月22日 (金)

スピリチュアルに生きる(135)

「あなたの人生を変える、スピリチュアル・エリア」

うん、なかなかのタイトルだ。((笑)・・・・ということで思いつきでタイトルを考えています。)
これを説明してみよう。

あなたが悲しいめに遭っているとする。
「私は悲しい」
これって、「私=悲しい」になってしまっています。

悲しいのは、あなたの感情だけ。
もちろん、あなた全体が「悲しみ」で構成されているわけではないのです。

無条件の愛から歓喜・喜び・笑いといったポジティブな感情から、落ち込み・辛さ・悲しみ・絶望といったネガティブまでたくさんの感情があります。

「私=悲しい」ではなくて、あなたは「悲しみ」という波動の中にいる。
隣には喜びという波動がある。
これを「感情エリア」と呼ぶことにしましょう。

「私は悲しみを感じている。」
この場合は、悲しみにどっぷり浸かっている自分のほかに「感じている」という観察する、一段階上の自分があることになります。
ここまで気づけば、「私=悲しい」でなくて、その感情を手放せる可能性が見えてくるわけです。

「私はいま、悲しみの波動の中にいる」
こう気づいたら、もう半分、悲しみから抜け出している。
主観的に悲しんでいるのでなく、悲しみを感じている自分を客観的に見ているから。

あなたはいま、半径10mの円の中央に立っていると想像しましょう。
あなたの周りにはあなたを中心に喜び・満足・期待感というポジティブなエリアと、ねたみ・悔しさ・悲しさというエリアが広がっています。
出来事が起きたときに、あなたの感情はどのエリアに移動するのでしょうか?

上記に書きましたように「あなた」が移動してはいけませんよ。
「あなたの感情」が移動するのです。
実は、高次のあなたは10mの円の中心にいるのでなく、円のはるか上から自分の感情を観察する存在なのです。

それに気づいたらもう「悲しい」ってことはないですよね?
少なくとも、「感情がネガティブな波動に入っている」と、気づけば、感情を変えようとしますよね?
ですから、気づきが大切。

この感情エリアを意識するだけで、ネガティブな感情から抜け出すことができる、とまでは言い過ぎかも知れませんが、少なくともネガティブな感情に浸りきることは少なくなるでしょう?

これがタイトルの「スピリチュアル・エリア」です。

なお、ネガティブな出来事に遭遇したときには「どうしてこんなことが」とつい思ってしまいますが、喜びに満たされているときは「どうして嬉しいんだ」なんて考えません。
ですから「どうして」という疑問が出たらネガティブである証拠。
「どうして」というのは過去を分析するだけで何の助けにもならないことがほとんどです。
「どうして」でなくて「どうすれば」というのは未来志向。
問題が生じたら、「どうすれば」と考えるべきなのです。

(この文章は思いつきで書いているので書き換え予定です)

« 書評--あなたのなかに、すべてがある | トップページ | 書評--3日で人生を変える方法 »

スピリチュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56814584

この記事へのトラックバック一覧です: スピリチュアルに生きる(135):

« 書評--あなたのなかに、すべてがある | トップページ | 書評--3日で人生を変える方法 »