« 質問への回答(45) | トップページ | 書評--ザ・シフト »

2013年2月17日 (日)

書評--宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方

スピリチュアル・コンパス 宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方
サティシュ・クマール (著), エハン・デラヴィ (翻訳), 愛知ソニア (翻訳)
\1600 徳間書店

この本の基本はアーユルヴェーダ。
といっても、健康法でなく、生き方のほうです。

すべてはつぎの3つに分類されるという。

サトヴィック(sattvic)…優雅さ、あるいは簡潔さ。
ラジャシック(rajasic)…度を越すことや贅沢さ。
タマシック(tamasic)…闇とか気が滅入ること。

これをさまざまな例で紹介している。

サトヴィックな行為とは、執着心なく、見返りを望むこともなく、愛をもって行うことをいいます。
ラジャシックな行為とは、ストレスを感じながら行うこと、満足を得る目的のために行うことをいいます。
タマシックな行為とは、無知のまま、結果も考えずに行うこと、相手も自分も互いに傷つく行為のことをいいます。(P36)

サトヴィックな傾向にある心の人は、宇宙的な流れを信じることができるので、必ずうまくいく、と信頼する気持ちがあります。
(中略)
ラジャシックな人たちはどうかというと、たとえばひとつの教えから次の教えを求めたり、本から本へと読み漁ったり、スピリチュアルな何かをひとつ学んだかと思うと、また次の何かを求めるようなひとたちです。(←僕のことだ(苦笑))
(中略)
タマスは破壊的な心に宿ります。他に危害や苦しみを加える喜びを求めます。自分自身を守るために相手を攻撃します。(P54)

というわけで、どれかひとつに分類されるのですが、それが、現代社会のさまざまな観点から説明されていて、かなり格調高い文章です。

エコロジカルにも言及され、生き方をもう一度、考え直す、そんな本に位置づけられるかも知れません。

amazonのレビューも2人だけですが、それぞれ格調高い感想です。

上記3つの分類というのは類書にはありませんので、是非お読みください。

お勧め度★★★★☆(間違いなく★4以上)

« 質問への回答(45) | トップページ | 書評--ザ・シフト »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/56786786

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙に融けこむエコ・ハートフルな生き方:

« 質問への回答(45) | トップページ | 書評--ザ・シフト »