« 書評--どんな夢も必ず叶うたった1つの方法 | トップページ | スピリチュアルに生きる(137) »

2013年3月30日 (土)

書評--目覚めた人になる4つのステージ

目覚めた人になる4つのステージ 
ソニア・ショケット (著), 宇佐 和通 (翻訳)
¥ 1,785 ソフトバンク・クリエイティブ

ソニア・ショケットの本はこれで何冊目か数え切れないのだが、ある意味、本の内容は天使のことだけ?のドリーン・バーチューよりも
気に入っている。

さて、これは目覚めた人になるための本。
目覚めるといっても悟りを開くことでなく、自分のスピリット(精霊)に目覚めるということ。

第一段階 あなたのスピリットに気づく・・・このブログを読んでくださる方はOKではないでしょうか?

第二段階 あなたのスピリットを発見する

第一と第二段階が似ていますが、エゴの登場というか、意識具合が違います。

第三段階 あなたのスピリットに委ねる・・・これができていない僕は、まだまだ第二段階なのかも。

第四段階 スピリットとともにフローに入る。・・・(「フロー」は「チクセントミハイ」のワードで検索してください。)

第四段階まで、項目ごとに、実話のエピソードが紹介されていて、興味深く読めます。
(しかし、読むだけではダメというのも、実はエピソードの中に書かれていたりします。(お楽しみに!))

ということで、第四段階まで上がるのに様々な質問事項があって、それに答えてから次に進む形になっている。
すべての質問に答えれば確実に段階が上がるような気がします。
僕の場合、最低でも40日間かかるものを3時間で読んでしまっては・・・、また読み直しですね!

お勧め度★★★★☆

« 書評--どんな夢も必ず叶うたった1つの方法 | トップページ | スピリチュアルに生きる(137) »

書評」カテゴリの記事

コメント

とても勉強になりました。
自分が目覚めるといいのですが・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/57063997

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--目覚めた人になる4つのステージ:

« 書評--どんな夢も必ず叶うたった1つの方法 | トップページ | スピリチュアルに生きる(137) »