« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

書評--目覚めた人になる4つのステージ

目覚めた人になる4つのステージ 
ソニア・ショケット (著), 宇佐 和通 (翻訳)
¥ 1,785 ソフトバンク・クリエイティブ

ソニア・ショケットの本はこれで何冊目か数え切れないのだが、ある意味、本の内容は天使のことだけ?のドリーン・バーチューよりも
気に入っている。

さて、これは目覚めた人になるための本。
目覚めるといっても悟りを開くことでなく、自分のスピリット(精霊)に目覚めるということ。

第一段階 あなたのスピリットに気づく・・・このブログを読んでくださる方はOKではないでしょうか?

第二段階 あなたのスピリットを発見する

第一と第二段階が似ていますが、エゴの登場というか、意識具合が違います。

第三段階 あなたのスピリットに委ねる・・・これができていない僕は、まだまだ第二段階なのかも。

第四段階 スピリットとともにフローに入る。・・・(「フロー」は「チクセントミハイ」のワードで検索してください。)

第四段階まで、項目ごとに、実話のエピソードが紹介されていて、興味深く読めます。
(しかし、読むだけではダメというのも、実はエピソードの中に書かれていたりします。(お楽しみに!))

ということで、第四段階まで上がるのに様々な質問事項があって、それに答えてから次に進む形になっている。
すべての質問に答えれば確実に段階が上がるような気がします。
僕の場合、最低でも40日間かかるものを3時間で読んでしまっては・・・、また読み直しですね!

お勧め度★★★★☆

2013年3月29日 (金)

書評--どんな夢も必ず叶うたった1つの方法

どんな夢も必ず叶うたった1つの方法 夢に挑戦する4人の真実の物語
福島 正伸 (著)
¥1300 角川書店

ドリーム・プラン・プレゼンテーション
http://drepla.com/

要するに集まって夢を語り応援しあう大会での4人です。

本の内容は大会の参加者の紹介と報告。
タイトルに期待して買ったのだが・・・

うーん、あんまり(というか、ぜんぜん)面白くない。

お勧め度★★☆☆☆

2013年3月28日 (木)

書評--極


室舘 勲
¥1050 リーダーズクリエイト

ブックオフで¥105だから買ったけど、ちょっと開いて、この著者のものは買ってはいけないと思った。
amazonではなぜか出てこない。

ブログでもわかるとおり完全な右翼です。

http://ameblo.jp/murodate/

お勧め度:マイナス×★×10

書評--悟りのシンクロニシティ

悟りのシンクロニシティ 内なる引き寄せの法則
リーラ・ラブガーデン , プラサード・デイビッド・ワンドレス , アルヴィナ・ワンドレス (著), 市場義人 (翻訳)
\2310 ヒカルランド

発行、2013/3/19。

この著者3人はOSHOの弟子らしい。

どうして引き寄せの法則がうまくいかないことがあるのか?
それは人間が5重の構造をしているから。
一番外側の部分(肉体)で、「引き寄せよう」とポジティブ・シンキングなんてやっても疲れるだけですよ。
だって、ポジティブということは、ネガティブも認めていることになるはずですよね?
ハートからの視点に変えてみませんか?

と、瞑想(どれも簡単)を含めて非常にうまく説明している。

書籍のタイトルが内容そのもの。

瞑想と引き寄せの法則の組み合わせっていうだけで、魅力があります。

関連HP
http://unityinstitute.jp/

お勧め度★★★★☆(引き寄せの法則探求者には★5つ)

書評--天国の住民が教えてくれること

天国の住民が教えてくれること   
ポール ミーク (著)  小野 千穂 (翻訳)
\1600 新紀元社

絶版。amazonの中古も¥1万程度。

この本は某中古書店で見て、気になったので帰宅してからamazonの中古を見て、あまりにも高いので、「今のうちに」とその中古書店で買ってしまった、というものです。

内容は、前半は著者の半生記。

後半は霊界などについての解説。

あの世は7つの階層に分かれているとか、守護霊や指導霊がいる・・・って、僕の奥様がセミナーで日常話しているようなことばかり。
僕にはあまり役立たないけれど、こういう世界を知らない人には相当役立つのではないでしょうか?
奥様も著者も、というか、日本も英国も霊については同じなのですね。(当たり前?)

この本では霊能力のことを「ミディアム」という言い方をしています。
「ミディアム」というのはステーキでも使いますね。レア、ミディアム、ウェルダン・・・
つまり「中間」ということ。
物質界と霊界の中間に位置する霊能者がミディアム。

「支援霊」というのは初めて聞きました。
守護霊は一生変わらないし、指導霊は魂の成長のために存在する。
支援霊は、一緒に学びたがっている霊だとか。

ともあれ、いつでも守護霊が見守っているとか、霊界はすぐ側にある、など再確認できました。

中古本も高いので、この関係を読みたい方は、エマニュエル・スウェーデンボルグの「私は霊界に行った」などの本が近いかも知れません。
古本屋で見つけたら「買い」です。
霊界の説明は奥様のブログと半分くらいは重なっています。

お勧め度:(高価なので略)

2013年3月24日 (日)

書評--あなたのままで、願いをすべてかなえる本

あなたのままで、願いをすべてかなえる本
ある (著)
\1300 中経出版

--amazonの中古が¥1--「買い」です!

==超要約(これは久しぶりかな)==
引き寄せの法則?
私は幸せになりたいから全部試したわ。
でも幸せになれなかった。
「引きよせの法則」って無理でしょ?
アファーメーションとかヴィジュアライゼーションとか、ずっと続ける?
それらをやらなくてはならない、って厳しくない?

私も東大に入りたくてやってみたけど、ダメだった。
それで水商売もしたわ。
お客さんから教わる方が多かった。

結局、「引き寄せの法則」って何なの?
アファーメーションをやらなくては幸せになれない、っておかしくない?
「誰でも幸せになれる」
私もそう思う。
だったら、色々なテクニックでない、そのままを書いてよね。

東大とまではいかないけど、高学歴で収入の高い夫と結婚したい?
あなたは何、寝言を言っているの?
それって誰が決めたの?
あなたは学歴や収入と結婚するの?

いろいろな人と出会って、私は考えた。
私は「私のまま」で良い、と認めてくれる相手と暮らすのが一番の幸せだ、って。
学歴なんか関係ない、収入だって、生計を立てるのに困らなければいい。
一番大切なのは、私が思っていることを自由に発言できて、無理・我慢しなくても良い相手が理想なんだって。

あなたはどう?
無理していない?
あなたはあなたのままで良いのよ!

==要約おわり==

「引き寄せの法則」系に傾倒している方には「目から鱗」かも。

この著者は「引き寄せの法則」を否定していません。
「もっと簡単に幸せになって良いのでは?」という趣旨の本です。

お勧め度★★★★☆
水商売をしていた方なので、途中で出てくる単語がちょっとそれなりかな、というのがあります。「ハイパー勝ち組」とか。だから★4.内容的には★5)
(「引き寄せの法則」ばかりであきあきして、新鮮な発想を求めたい方には★5つ)

2013年3月22日 (金)

書評--あなたの夢をかなえる 目に見えない力の秘密

あなたの夢をかなえる 目に見えない力の秘密 理想の人生を引き寄せる7つのステップ
ロバート・シャインフェルド (著), 本田健 (翻訳)
¥1470 イースト・プレス

2013年3月16日初版。

著者の
ザ・マネーゲームから脱出する法
ビジネスゲームから脱出する法

が、売れたので、著者の1998年の著作まで訳してしまった、としか思えない。
だったら最新の「The Ultimate Key to Happiness 」を翻訳してほしかった。

で、この本は、前半は上記冊の原型というあたりで、後半は絶版になっている「第11番目の鍵」と重なる。
そういう意味では「第11番目の鍵」を読みたい方の参考にはなるだろう。

この4冊の関係を、amazonのレビューで書いているchibicという人の意見は参考になるでしょう。

お勧め度★★★☆☆

書評--コミック版 神との対話

コミック版 神との対話
ニール・ドナルド・ウォルシュ (著), 円茂竹縄 (イラスト)
\1470 サンマーク出版

原作はもう紹介する必要はないだろう。

コミック版はそのエッセンスを、漫画のストーリーの中にうまく組み入れている。
原作は1冊読むのも大変だが、コミックならすぐによめる。

神との対話シリーズでなくて、最初の1冊のみのエッセンス。

それだけで意味がわかるかどうかは不明。
日本人が主人公。
原作を知らずに読むとどうなるか?
興味を持ったら原作を読め、ということになるのか?

うーん、このあたりは微妙だけど、原作を知っている人は、これはこれで良いと思うのではないでしょうか?

お勧め度★★★★☆

2013年3月20日 (水)

最近の知恵袋、顛末記

前回の続きです。

1週間、ここでの書き込みを休んでいました。
サボっていたのでなく、前回、書いた人と応酬を繰り返していたからです。
(揚げ足取りの材料に使われそうなので、僕の発言は2日後にはほとんど削除しています--実際に残っている発言は該当者の知恵ノートに、糾弾材料として紹介されています)

バイオスパーク(引き寄せの法則の説明をしている人)のハンドル名を半角入れただけで混乱させたり、・・・・これはやめてくれないか、と書きました。
汚い言葉で言っても信頼なくすだけだよ、と書いても完全無視。

hass(僕のyahooIDがhass375です)を繰り返して、引き寄せの法則を皮肉る歌を作る。
「それがかえって宣伝になるんだよ。宣伝してくれてありがとう」、と書きましたが、これも通じない。(というかこれに対しては無反応)

僕としては、通常の人間ならそれに対して、反論なり説明があると思っていました。
(それがないので削除しています)

「通常の人間なら」は、”通常”でなくて”人間”の方に係ります。

この前の僕に対する書きこみがこれ↓(いつまで残っているか・・・)
>相手のことが見えていないなんて、お主も奥さまのシリウスも霊能力0じゃのう

え?「引き寄せの法則」は否定しても、霊能力は肯定している?

そうか、これは動物霊だったんだ、と気がつきました。
このID(複数)の元人物は、低級な動物霊(それも哺乳類でなくて、奥様がいつか取り除いたクライエントに説明した軟体動物?--軟体動物にとり憑かれている方からは、「ふざけんな」と返信がありました--これ、相当に重症)にのっとられて、発言している。
とり憑いているのは複数だから、違った人物に見える。(実は自作自演)
通常は判るような、人間としての感情とか思いやりが感じられない。
「こんな汚い言葉で発言して、誰も支持しないだろうな」というのもない。
「ここまでしつこく発言したら、どれだけ嫌われるか、」も解らない。

「霊」だから「引き寄せの法則」は知っている。
それを自分の波動まで落とそう、と必死で「引き寄せ」を否定している。だからあんなに法則をうらむような発言になるのだ、と察しました。

ともあれ、物質界での「遊び相手」は僕ではなかったようなので、1週間、やり取りを繰り返して、先ほどの

>相手のことが見えていないなんて、お主も奥さまのシリウスも霊能力0じゃのう
という発言になったようです。
(さすがに僕の守護霊--僕を守る強い守護霊に感謝--にはたちうちできない、というのあったのか?
発言に様々なトラップをしかけ--例えば、発言に対して、誰がネガティブなコメントをつけるか、など--揚げ足取りの材料を集めようとしていたと推測しますが、僕以外は誰もコメントつけていません。
僕も気をつけて、ネガティブな言葉を避けたコメントだったのでで諦めたのか?--このあたりは不明です。)

ネガティブには近寄らないのが第一。
そう思って引き寄せマスターたちは口をつぐんだ。
僕は、「ほら誰も反論できないだろう?」と思われるのがイヤで、近寄ったのは僕だけ(苦笑)

もうちょっと上のレベルの霊なら、同じ批判をするにしても、他の宗教とか--キリスト教だって「求めよ、さらば与えられん」と言っている--仏教も色即是空と言っている--を相手にするのですが、引き寄せの法則を説明しているほんの数名を相手にするのがどういう存在なのか気づくべきでした。

今回は良い勉強になりました。

奥様がある人を霊視する際に言っていた「この人は動物霊に支配されている」というのを、一連の発言をみて、初めて実感しました。(いままで実感として沸かなかった。)

(なお、奥様の名誉のために--奥様はこの人のネガティブに気づかなかったのでなく、発言を一瞥して「この人、おかしい」と言って、近づいていません)

あえて、URLは今回は書きませんが(前回ちょっと書いた)、検索すれば--お勧めしませんが--文章が人間でなくて「軟体動物」の文章であることがわかるかも?

この文章はネガティブな文章の紹介ですので、少しでもネガティブな波動に近づかないために1週間後に半分(全部?)削除します。

=========

読むだけで、「波動がネガティブになる文章」ってあるのですね。

桜が良い時期となりました。週末にはお花見に行って波動を修正することにします。

2013年3月14日 (木)

最近、知恵袋が・・・

ここ数日、知恵袋が荒れています。(「引き寄せの法則」で検索するとわかります)

最初に↓この質問から始まって(これもいつ削除されるか・・・質問再アップされています)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14103722194
僕が答えたのですが、それを引用して、「引き寄せの法則」を糾弾したかったようです。

その中で引用されているサイトに
「バガヴァッド・ギーター」
があったので、このURLはバガバッド・キーターの信者ですか?と書いたら
「それだけで信者のわけないだろう。」みたいな答えが・・・
(今は全部削除されているので再現できません)
引用しているのだから、支持しているのではないの?
自分の意見を前面に出すなら引用を頼りにするのはやめようよ・・・

で、「引き寄せの法則」を信じた人は死後に後悔するようで・・・
って、この人は死後の世界は信じているのですよね?
だからコメントつけたら・・・

「有名なhass375さん(僕のこと)がこう答えています」って、アップされて、ようするに揚げ足取りですね。
(え?僕って知恵袋ではそんな有名なの?光栄です!、そんな有名なはずないって・・・おそらくその方の人生の中では比重が大きい存在だったのでしょう)

せっかく、”死後の世界”まではわかっている方なのに「引き寄せの法則」を敵視するのは惜しいです。

この方は、おそらくはシルバー・バーチ系です。
「引き寄せの法則はエゴを満たすものだ」・・・みたいな・・・シルバー・バーチは言っていません。「引き寄せの法則」は時代的にずっとあとだから。
でも、シルバー・バーチも敵を作れって言っていないはずなのですが・・・

・・・で、別の問題はそれに乗っかっている70代の方です。

「わしじゃよ、わし・・・」とか書いて、「引き寄せの法則」は完全否定。
残念ながら、これまでの人生でうまくいかなかったのを「引き寄せの法則なんかない」というのでまとめたいようです。(そうでないと、これまでの70年の人生が間違っていたことになるから--まだ遅くないのに!)
この方、頭は悪くないです。
先ほどのURLで引き寄せマスター(ってなぜか僕も入っている)の批判を一人ずつしています。
過去ログを全部見てから書く人でしょう。
(この方、IDを複数もって遊んでいます。)

まあ、そんなこんなで状況報告でした。

2013年3月10日 (日)

書評--私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ

私も運命が変わった!超具体的「引き寄せ」実現のコツ
水谷 友紀子 (著)
\1300 講談社

典型的な「引き寄せ」本。
外国人が書いたものが、どこかしっくりこない方には向いているかも知れません。
基本的なことは網羅されていますので、これ1冊で良いかも。

「引き寄せ」は、初めはできれば小さなもの、例えば、お好みのチョコレートとか、ハンカチなどの小物から始めることをお勧めします。
(P65)

「そもそも、この現実は、私が作り出したのね。ということは、私が解決できるということね」と考えてください。(P105)

「引き寄せの法則が24時間働いているということは、言い換えれば、宇宙がいつもあなたについていてくれる、すなわち協力してくれているということなんです。(P141)

著者の体験談や、巻末には、読者の体験談などもあり、参考になるでしょう。

著者のHP
http://www.yukiko-mizutani.jp/index.html
ブログ
http://ameblo.jp/heart-no-coach/

お勧め度★★★☆☆

2013年3月 6日 (水)

書評--奇跡が起こる遊園地

奇跡が起こる遊園地
ブレンドン・バーチャード (著), 服部千佳子 (翻訳)
\1680 ダイヤモンド社

amazonの中古が¥1-

タイトルで、どれだけ面白いのか、期待して購入したのだが・・・

「他人の価値観で生きるな。夢を諦めるな。」
など、数行で書けてしまう人生の教訓を無理やりストーリー形式にした作品。

最初はホラー系か?と思ったがそうでもない・・・が血なまぐさい過去が描かれたり、読後感があまりよくない。

ただし、ネットではそこそこ評価が高いので、ストーリー仕立てというか、少しサスペンスタッチが好きな人なら面白く読めるでしょう。

お勧め度★☆☆☆☆

2013年3月 5日 (火)

書評--超次元の成功法則(DVD)

超次元の成功法則~私たちは一体全体何を知っているというの!?
ドキュメンタリー映画 (出演) | 形式: DVD
¥3583 日本コロンビア

英語のタイトルは
What the Bleep Do We Know !?

これはザ・シークレットと同じように映画が最初で本の出版がその後。
本のほうはこのブログで紹介しましたが、やっと映画が日本語字幕付きのDVDとなりました。(2月末)

ザ・シークレットはDVDの説明に加えて、本で解説をしていますが、
こちらは、もっとずれているようで、本とは別の学びがあります。

一度に見てしまうのはもったいないので、まだ30分しか見ていませんが、先がとても楽しみです。

お勧め度★★★★☆

ちなみに本は中古がかなり安くなっています。

2013年3月 4日 (月)

書評--1日1分ではてしなく幸せになる本

1日1分ではてしなく幸せになる本   
あおぞら きりん (著)
\1200 ぶんか社

絶版だがamazonの中古が¥1-

どんな本かと思えば、スピリチュアル系の本からの引用だらけ。
僕が読んだ本だけでもざっと以下のとおり。

実際にはこの2倍以上の本の紹介。

ピエール・フランク「宇宙に上手にお願いする法」
五日市剛「ツキを呼ぶ魔法の言葉」
「夢をかなえるそうじ力」
ジョー・ヴィターレ「お金持ちの法則」
カレン・キングストン「ガラクタ捨てれば自分が見える」
佐藤富雄
ケント・キース「それでもなお人を愛しなさい」
「7つの習慣」
「なりたい自分になる一番いい方法」バーバラ・バーガー
「変な人が書いた成功法則」斉藤一人

ということで、どんな本を読もうか、という人には良いかも知れないが、ある程度スピリチュアル系を読んでいる人はわざわざ読むことはないでしょう。

お勧め度★☆☆☆☆

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »