« 書評--天国の住民が教えてくれること | トップページ | 書評--極 »

2013年3月28日 (木)

書評--悟りのシンクロニシティ

悟りのシンクロニシティ 内なる引き寄せの法則
リーラ・ラブガーデン , プラサード・デイビッド・ワンドレス , アルヴィナ・ワンドレス (著), 市場義人 (翻訳)
\2310 ヒカルランド

発行、2013/3/19。

この著者3人はOSHOの弟子らしい。

どうして引き寄せの法則がうまくいかないことがあるのか?
それは人間が5重の構造をしているから。
一番外側の部分(肉体)で、「引き寄せよう」とポジティブ・シンキングなんてやっても疲れるだけですよ。
だって、ポジティブということは、ネガティブも認めていることになるはずですよね?
ハートからの視点に変えてみませんか?

と、瞑想(どれも簡単)を含めて非常にうまく説明している。

書籍のタイトルが内容そのもの。

瞑想と引き寄せの法則の組み合わせっていうだけで、魅力があります。

関連HP
http://unityinstitute.jp/

お勧め度★★★★☆(引き寄せの法則探求者には★5つ)

« 書評--天国の住民が教えてくれること | トップページ | 書評--極 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/57050541

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--悟りのシンクロニシティ:

« 書評--天国の住民が教えてくれること | トップページ | 書評--極 »