« 書評--天国の五人 | トップページ | 書評--幸運予告2 »

2013年4月27日 (土)

書評--運命好転十二条

運命好転十二条
小林正観 (著)
\1500 五月書房

いつもの小林正観なのだが、この本は他の本と違い、なぜか中本も半額以上。
しかし内容は他の本とあまり変わらない。
人気があるのはタイトルのせいか?

第一条「さわやかであること」
第二条「幸せを口にすること」
第三条「素直であること」
第四条「誠実であること」
第五条「掃除をすること」
第六条「笑うこと」
第七条「感謝すること」
第八条「人に喜ばれること」
第九条「言葉を愛すること」
第十条「おまかせをすること」
第十一条「投げかけること」
第十二条「食生活」

最後の方の投げかけるだけちょっと紹介しておきましょう。

「投げかけたものが返ってくる。
投げかけないものは返ってこない。」P171

これだけだそうです。
つまり、何もしないでよいことを期待しても良いことは起こらない。
投げかけていないから。

投げかけとは「人に喜ばれるように生きる」こと。

人間の本能は「喜ばれると嬉しい」ようにできているのだから、人に投げかければ自分もうれしい。

だから辛い思いをしてまだ「投げかける」必要はないのだそうです。

まあ、引き寄せの法則に似ているかも。

お勧め度★★★☆☆(小林正観の本を読んでいない人にはもう少し良い評価になります)

« 書評--天国の五人 | トップページ | 書評--幸運予告2 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/57254396

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--運命好転十二条:

« 書評--天国の五人 | トップページ | 書評--幸運予告2 »