« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月25日 (木)

宇宙の真実セミナーメモ(64)

たまに書く、まとまりのない文章です。(はっきり言って、というかタイトルも「メモ」)
国家試験のために中断宣言をしたのに、勉強をおろそかにしてどうして書いている、って?--某大学関連専門学校から非常勤講師にならないか、という声がかかったからです。--まだ未決定。

==========

思いがけないお金が手に入ったら「夢のようだ」
災難に遭ったら「これが現実だ」
これっておかしくありませんか?

嫌いな相手があなたの”現実”に現れたとします。

公式です。

「いなくなって欲しい。=いなくならない。」

これはどういう意味かと言えば、いなくなって欲しい、というのは、その相手が存在することを認めている、ということです。
「そういう相手はいない」としなければ、相手は存在したままなのです。

公式2です。

「**になりたい=まだ**になっていない」

既になっている人は「**になりたい」とは決して思いません。
大人は大人になることはできません。
日本人は日本人に「なる」ことはできません。
「なりたい」とも思いません。

ここから「引き寄せの法則」でよく言われる「既になったかのように振舞いなさい」の意味が判ります。

「お金持ち」は「お金持ちになりたい」とは思いません。(もっとお金が欲しい、というかも知れませんが)
どうやってお金を使うか、です。
「素敵な異性とデートしたい」って、それが現実化している人は思いません。相手をどのように楽しませるか、です。

ここにヒントがありそうです。

============

「正義」を扱う映画には悪役が必要です。
悪が存在しなければ正義も存在しない。
つまり、正義というのは悪の存在によって成り立つのです。
さて、そんな映画が終わって出演者たちが勢ぞろいしたら、どうでしょう?
映画が終われば悪役にも拍手するのではないでしょうか?

ここで「人生は映画」という例えを出しました。
人生は映画のスクリーン。あるいはコンピューター動画のディスプレイ
映画が気に入らなければ見なければ良いし、動画が気に入らなければファイルを削除すれば良いだけです。

あなたは映画を楽しみたいのでしょう?

私たちは自由で何の制限もない世界からこの物質的な制限のある世界にやってきました。
制限のある世界を楽しみたいからです。

物質界は様々な軋轢やら苦しみがあることでしょう。
それは経験したかった・・・(と識者は言います。:私は悟っていません)
全部が実現したらどうなります。
5億円と理想的な家庭が手に入って何でもできたら・・・?
そういうところに私たちはいたのです。
それって学びがない・・?

===============

私たちは元々、時空の制限のない世界にいるのです。
それが飽きて制限のある世界を味わいたいと思った。
だから色々な制限を設けて(あたかもそれが実在するかのように)制限のある世界を楽しみたかった。
それを見抜けますか?
私も見抜けません。(笑)

説明が難しいのだけど、制限のない世界で制限がある世界を構築するのは簡単です。
しかし制限のある世界で制限のない世界を想像するのは難しいのです。
だから、あえて、難しい世界にしている。

この時空の制限がある世界は当たり前ですよね?
その概念を覆すのは難しい・・・と思う設定というか、環境を作ったのです。

将棋って(別に囲碁でもチェスでもオセロでも良いのですが、ここではみんなに知られている将棋にします--って前に書いているような・・63で書いていますね)
王将を取るゲームです。
2次元世界にいれば--名人相手なら--王将を取るのは不可能に近い。

でも3次元世界にいれば、将棋版を上から見下げて、王将を拾い上げれば良いだけ。
どうしてこんな世界で悩んでいるの?--という感じ。
ルールなんて将棋の世界だけでしょう?

3次元世界の私たちも同じかも知れません。
どうして悩みを置くの?

==========

「幸せになりたい」と言いながら、幸せでない行動をする人がいます。
「幸せになりたい」なら、いますぐ幸せになって良いのでは?
それを、制限を自ら作って、お金が**だけ貯まれば、恋人ができれば・・・と今すぐに幸せになることを拒否しているかのようです。
悩むのを止めれば良いんじゃない?
「あの人のせいで、あの事件のおかげで・・・・」

どうやら、私たちは幸福を自ら制限しているようです。

「あの人」のせいで職場がうまくいかない。(「あの人」以外は問題ないですよね?)
「あの事件」があったから幸せではない(「あの事件」以外は問題ないですよね?)
お金がなくても幸せになっていいんじゃない?(お金以外は問題ないですよね?)
恋人がいなくても幸せになっていいんじゃない?(以下同文)

「あの人」がいても幸せになっていいんじゃない?
「あの事件」があっても幸せになっていいんじゃない?
お金がなくても幸せになっていいんじゃない?
恋人がいなくても幸せになっていいんじゃない?

2013年7月20日 (土)

書評--脳科学からみた「祈り」

脳科学からみた「祈り」 
中野 信子 (著)
\600 潮出版社

文字の大きい、ページ数の少ないこの手の本は、たいした事ない、というのが僕の印象だったが、この本はそこそこ読める。
そして脳科学の最先端を簡潔に説明している。

「利己的な傾向を持つ人々の方が、そうでない人々より、主観的な幸福感が低い」P94

運の良い人は「配慮範囲」が広い。
(配慮範囲、というもの脳科学の用語なのですね。意味を知りたい方は本書を読みましょう)

「幸せ物質」オキシトシンは人の幸福を願うときに分泌されるのでした。

ということで、最先端の脳科学に基づいた、幸福になる方法でした。

お勧め度:★★★★☆

amazonの中古で\48-

著者の他の本も読んでみたいと思います。

2013年7月16日 (火)

書評--サイン

サイン ~神さまがくれた、幸せの羅針盤~
龍&アニキ (著)
\1000 ランダムハウス講談社

文庫本¥651
amazon中古¥33-

ちょっと前に「サイン2」を紹介した。
順番が異なるがタイトルの本をゲット。

前半は生きる目的。魂の成長や「人生を謳歌して、行き切ること」。そして愛。

それでも交信というかチャネリング相手は「神様」ではなさそうだが。。。。?

他の部分で書いている「すべては神」だということには矛盾しないから、まあいいか。

「神は見守っている人間をとおし、経験をしている」P44
だから神は人間を愛している、というのが、なるほど、という感じ。

ただし、この本が出版された時点での2012年の予言は外れたようです。

「神との対話」に比べると質的に落ちるのだが、気楽に読みたい人には良いかも。

お勧め度:★★★☆☆

2013年7月10日 (水)

書評--Gの法則

Gの法則―感謝できる人は幸せになれる
ロバート・A. エモンズ (著)
\1600 サンマーク出版

この著者は感謝と心理学・医学の関係の研究者。
研究者だけあって、心理学や医学的根拠もたくさん示している。
また、若い頃にある団体にとったアンケート、そのポジティブorネガティブな考え方がその後の人生にいかに影響したかを紹介している。
あるいは、9.11の前後の人々の心の変化。
9.11のテロがあっても感謝する場合にはどうか?
様々な方面から「感謝」を説明している。

さて、タイトルの「G」とはgratitude(=感謝)でなくて、大文字にしたGratitudeのこと。
自分がされたことに対する感謝でなくて、貢献したことによる感謝だという(P121)

感謝の本はこのブログでも紹介したが、その中でも優れた文章というか、格調高い文章だ。

もう1つ、「感謝日記」という記録、つまり文字にしようと一日を振り返ると、感謝できることが多いことが再認識できる、としている。
ということでこの本に出会えたことに感謝!

お薦め度:★★★★☆

amazonの中古が¥197- 買いでしょう。

2013年7月 9日 (火)

書評--ザ・フューチャー・イズ・ユアーズ

ザ・フューチャー・イズ・ユアーズ あなたの運命を明らかにするダイナミックテクニック
アン ジルチ (著), サヤカ カーンドーフ (翻訳)
\1500 ランダムハウスジャパン

今日のamazonの中古が¥4-。買いでしょう。

FLPと名づけられたこのテクニック。
(FLPとはフューチャー・ライフ・プログレッション・・・NLPと間違えそう)

5年後10年後の未来の自分に選択を教わるというもの。
あるいは、誰にでも4つの未来が見え、どれを選択すると良いのか判断できる、というもの。(そういう意味では未来は確定していない)

簡単に言えば過去世療法の逆で、未来を見るという、自己催眠的なもの。
(そういう意味ではブライアン・ワイスの「未来世療法」に近いかも)
未来を見るテクニックというか、イメージ方がたくさん紹介されている。

そういう意味ではamazonのレビューにある「個人セッションをうけされるための本」というのは当たらないと思う。
まだ試していないが、これまでにない、新しいメソッドとして、高く評価したい。

お勧め度★★★★☆

2013年7月 5日 (金)

書評--原典 ホ・オポノポノ

原典 ホ・オポノポノ―癒しの秘法 (bio books)
マックス・フリーダム ロング (著),  林 陽 (翻訳)
\1995 ビオ・マガジン

最近「はやり」のホ・オポノポノだが、4つの言葉を唱えるだけで、クリーニングができるなんて、どうも納得いかなかった。
実は、正統派のハワイアン・ヒーリングでは、既に30年前にその効果と落とし穴を証明すみだという。

その点は僕が引用するよりも、以下にかなり詳しく書かれている。

http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeWorld/Books/Secret_Science.html

そもそも訳者もW・アトキンソンの「引き寄せの法則」などを訳した人で、この本の重要なところは、日本の神道との共通点だとしている。

願望は実現することもきちんと説明されている。

タイトルどおり、たしかにハワイアン・ヒーリングの原典である。

お勧め度★★★★☆(間違いなく4以上)

読者特典として「上級ホ・オポノポノ」と「自己暗示法」のPDF版がDLできる。

2013年7月 2日 (火)

書評--すべての「思い込み」から自由になる生き方

CD付 すべての「思い込み」から自由になる生き方
阿部 敏郎 (著)
¥1680 中経出版

発売されたばかりなので中古はない。

著者の本は何冊かここで紹介済み。

内容的に新しいものはない。
しかし、この本は男女とお金の話題に絞っていて、他の本より詳しい。
最初の男女の関係の説明は、うまく行っている人には不要だが、後半のお金の引き寄せ方は参考になる。

そしてどうして購入したかというと、瞑想CD付きだからだ。
ちょっと前に紹介したボブ・フィックスのナレーションとマイケル・ハマーの音楽。
瞑想ってこんなCDを流しながらやった方が良いかも。

ドリーン・バーチューのチャクラ・クリアリングのCDとはまた別の感覚になる。

お薦め度★★★★☆

書評--宙(そら)が教える「受け取る」の仕組み

宙(そら)が教える「受け取る」の仕組み
Mana (著)
¥1680 晋遊舎

発売されたばかりなので中古はない。

「空--舞い降りた神秘の暗号」から5冊目。
(僕はうち3冊持っていて、ここで紹介済。これが4冊目)

内容的に新しいものはない。
しかし、最後の雲国斎との対談は一読の価値あり。

著者の本を購入されるなら上記の1冊目とこの本でOKでしょう。
宇宙の仕組みを非常にわかりやすく説明しています。
(言葉は易しいですが、内容は深いです。)

お薦め度★★★★☆

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »