« 書評--マインドリッチ | トップページ | 書評--すべてを受け入れて自由になる »

2013年8月22日 (木)

書評--運はいつでも変えられる

運はいつでも変えられる―輝きを生きるためのフォーチュン・クリエイション・マジック
白尹風あまね (著)
\1260 VOICE 

amazonの中古が¥36-。買いです。

女性が書いたスピリチュアルの入門書的なものはたくさん読んできたが、この本はそこそこの優れもの。
通常は1度読んで処分してしまうのだが、これは類書にないことも書いてあって、参考になる。

「もし今、ほしい物が手に入っていないとしたらあなたは「ほしい物が手に入らない現実」を引き寄せているのです。」P20

「私たちの究極の先祖とは「創造主」そのもの。」P37

「人生にハイアーセルフが出る幕を与えてください」P66

「「運を良くしたい」と言いながら、なかなか現実を変えられない人は、自分の運は自分で創っていると認めるのがいやなのです。それは、環境や人のせいで自分は不幸になったという「被害者意識」を手放したくないから」P78

「カルマの解消・・・・・それは簡単。「相手の真の発展のために尽くす」ことです。」P92

「天は今、自分に何をして欲しいと思っているのだろう」・・・・まずそういう生き方を選ぶこと。それが「究極の開運法」です。P113

紹介されているエクササイズも分かりやすくて簡単。

amazonのレビューにもあるが巻末の12の言葉(アファーメーション)も良くできている。

お勧め度★★★★☆

« 書評--マインドリッチ | トップページ | 書評--すべてを受け入れて自由になる »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58038929

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--運はいつでも変えられる:

« 書評--マインドリッチ | トップページ | 書評--すべてを受け入れて自由になる »