« スピリチュアルに生きる(143) | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ(2) »

2013年9月24日 (火)

書評--人類との対話〈1〉

人類との対話〈1〉静けさの前の嵐
ニール・ドナルド ウォルシュ (著),  飯島 奈美 (翻訳)
\1890 アルファポリス

「神との対話」シリーズから数年。

これは著者が世界中を講演したり、ラジオ番組に出演して、参加者・視聴者とのQ&Aを紹介しながら、社会をスピリチュアルに変えていくことを説明している。
その意味で「人類との対話」。

中にはきつい質問者もいるが、著者なりに誠実に答えている。

著者の基本は7つの質問。
これは冒頭にあるが、amazonの「なか見検索」でも読める。
この7つの質問が世界を変えるという。

その説明が長く、前置きが終わって
「さあ、いよいよ本題に入ろう」ていうのがP154。
さすがに長すぎる。半分くらいで良いのでは?

その後、世界の経済の問題を中心に現代社会の批判を展開している。
読んでみて判ったのは、著者は本もたくさん読み、様々な本からの引用をしていることと、弱者をいかに救う社会にするか、というのを中心に書いている、ということだ。
単なるスピリチュアルで有名になった人とは違う。

社会問題と「神との対話」での説明を交えているので、復習にもなる。

お薦め度★★★★☆

« スピリチュアルに生きる(143) | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ(2) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58257611

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人類との対話〈1〉:

« スピリチュアルに生きる(143) | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ(2) »