« 書評--この7つの天使があなたに奇跡を起こす | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ »

2013年9月 1日 (日)

書評--人生が180度変わる幸せの法則

人生が180度変わる幸せの法則
木下 晴弘 (著)
総合法令出版 \1200

ちょっと前に紹介した「涙の数だけ大きくなれる!」の著者なんですけどね。
”レジ打ちの女性”はいかがでした?

さて、今回は著者が主張したい人生の教えを小説形式にしたもの。
主人公が病に倒れ、新たな気づきを得て、人生を再起する、というもの。

しかし・・
プロの小説家ではないので仕方ないのですが
脳内出血で倒れて半身不随(P60)って何?
脳内ってどこ?
クモ膜下出血?硬膜下血腫?それとも・・・?
それは何で分ったの?CT?それともMRI?

次の場面では右半身が付随になり、言語障害になっている。
右半身が付随になったのなら脳の言語の部分は大丈夫だろうし、その逆もしかり。(僕はそんなところが気になりました)

と、まあ、専門のストーリーテラーでなくて言いたいことは他のことなので仕方ないのですが、
最後の部分は・・・・?(これを書いてしまうとそちらが気になって読んでしまうと思いますので批判は書きません。)

ストーリーが終わった直後に「あとがき」で「いかがだったでしょうか?言いたいことは・・・」って、それを言いたかったの?という感じ。
例えば「他人の喜びを我が喜びと感じ、それを追求する人生」・・・って、そんなことストーリーで語っていた?

まあ、マイナス面だけ書きましたが、それでもこのストーリーは一読する価値はあるのであえて批判しました。

お薦め度:★★★☆☆(ここで紹介した「鏡の法則」とか「ゆるしのメッセージ」には負けてます)

« 書評--この7つの天使があなたに奇跡を起こす | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58110019

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--人生が180度変わる幸せの法則 :

« 書評--この7つの天使があなたに奇跡を起こす | トップページ | 書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ »