« 9月15日セミナーレジュメ | トップページ | スピリチュアルに生きる(143) »

2013年9月19日 (木)

書評--天使との対話

天使との対話―悩みが消えてゆくスピリチュアル・メッセージ   
夏沢 俊介 (著)
成甲書房 ¥1680

絶版だがamazonの中古が¥1-

誰かとのチャネリング本。
相手は「天使」とは一言も言っていないが、著者は「天使」と呼びたい、ということでこのタイトルになった。

しかし文章は天使ではなさそうな・・・・?

「内なる宇宙の目から見れば人類がすでに一体であることは、たとえば人を傷つけることは、自分を傷つけることであり、逆に自分を傷つけることは、人を傷つけることを意味します。・・・・
あなたが人に憎しみを持っているなら、すぐにそれを手放さなければなりません。・・・・
そうであれば個人としてのあなたが、一切の恐怖、暴力、欲望、迷妄を手放し、変わること、すなわち変容すれば、世界は以前とは決して同じではなくなります。ひとりの変容が世界を変えるのです。大げさではなく、、実に、あなたがた一人ひとりは世界であり、世界はあなたなのです。」P80

とまあ、良い文章もあり、愛がすべて、というような説明が全体にいきわたっているのですが、amazonのレビューにも書いてあるように、何かのパクリのような気がしないでもない。

最後のほうで輪廻転生を否定しているし、まあ、通常のチャネリング本というレベルでしょうか。

お勧め度:★★★☆☆

« 9月15日セミナーレジュメ | トップページ | スピリチュアルに生きる(143) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58222025

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--天使との対話:

« 9月15日セミナーレジュメ | トップページ | スピリチュアルに生きる(143) »