« 書評--その科学が成功を決める | トップページ | 奥様はセミナー講師 »

2013年9月 7日 (土)

書評--お金はこうして引き寄せる

「かわいそうな私」にさようなら! お金はこうして引き寄せる
マリー=クレア・カーライル (著), 江原啓之 (監修, 翻訳)
\1600 日本文芸社

江原啓之訳だから彼のファンなら文句ないでしょう。

僕はといえば、この手の本はかなり読んでいるから新しい情報はほとんどありません。

でも、お金についての自分の考え方などを書き出して行って、自分のお金に対する見方を再認識するには役だちそうです。

内容としては、タイトルにあるように「かわいそうな私」として悲劇の主人公になっていてはお金がやってこない、ということ。
「かわいそう」を演じてしまうのは、人から慰めてもらえるから?

そんなに簡単にお金が手に入るなら苦労はしないって?そう苦労せずに入るのです、と著者はいう。

江原啓之 が訳すくらいだから、単なる自己啓発でなく、見えない力にも支えられる。

お勧め度★★★☆☆

« 書評--その科学が成功を決める | トップページ | 奥様はセミナー講師 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58142148

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--お金はこうして引き寄せる :

« 書評--その科学が成功を決める | トップページ | 奥様はセミナー講師 »