« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

書評以前--今ここに、死と不死を見る

書評以前--今ここに、死と不死を見る

☆「今ここに、死と不死を見る」(送料込み2,000円)

某古本屋で¥105で見つけた本ですが--まだ読んでいません--amazonの中古は元の定価より高いです。

良さそうな本なので検索しました。

この本を出版した「マホロバ・アート」という会社は今はないようです。
しかし、高木さん(サネヤロウマンなどを訳している)のHPから送料込み\2000で手に入るようです。

http://www.simple-dou.com/details1.html

僕は「顔があるもの 顔がないもの」(送料込み2,000円)を発注しました。
返信メールでは、おまけもついてくるようです。
(これは他の方にもついてくるかどうか知りません。僕が「サネヤ・ロウマンを何冊か読みました。マホロバアートがなくなるなんて残念です」と書いたためかも知れません。)

ここに「頭がない方法」というのがあります。
http://www.simple-dou.com/list1.html

あまり有名でないダグラス・ハーディングですが、実はすごい人かも知れません。
読むのが楽しみです。
(今は2日前にアップした「なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法」を反芻しているところ)

超要約--なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法--間違っているかも。あてにしないでね。

あなたは映画を見る。本を読む。ゲームをする。
それは義務ではないのだが、そうする。
そうすることが幸せだからだ。
あなたは今「人生ゲーム」を味わっている。
生きているって幸せではないか!
==超要約終わり==

問題は、”人生はゲームだ”と気づいたときに「奇妙なことが起こる」と前著であるマネーゲーム&
ビジネスゲームに書かれていたのですが、それが僕には起こらないことです。
まだ僕は「ゲームの中」にいる? 

将棋というゲームがあります。
王将を取るゲームです。
しかし、将棋というゲームをしなければ、王将をヒョイと持ち上げておしまい。

囲碁というゲームがあります。
一言で言えば陣地取り。
しかし、ゲームから抜ければ碁盤は全部自分のもの。
いやいや、住んでいる土地が全部自分のもの。

オセロというゲームがあります。
黒でも白でも自分の色が多ければ勝ち。
ゲームをしていなければ、最初から全部白にでも黒にでもできる。

では人生というゲームは?

どんな仕事をするか、お金をいくら儲けるか、どんなところに住むか、どんな人と結婚するか・・・

ここから抜け出したとき、--まさに、ビジネスゲームやマネーゲームから抜け出すのです--悟りの世界?--どういう世界が待っている?

>ロバート・シャインフェルドさん、
ここが一番大切なんだから、しっかり説明してくれよ!

という、今日このごろでした。

2013年10月30日 (水)

書評--運と縁の法則

パイロットが空から学んだ運と縁の法則
坂井 優基 (著)
\1500 インデックス・コミュニケーションズ

著者はスピリチュアル系でなく、タイトルどおりジャンボ・ジェットの機長。
事故を起こさないように細心の注意をせねばならない立場だが、その先に運というものがあるのではないか、という視点からいろいろと勉強したようだ。

良いことも悪いことも数倍になって戻ってくるが、運を呼び込むには時間差がある。

と、どこかで聞いたような話なのだが、パイロット独自の視点もあり、エピソードもある。

「良いことをする時には下心があってはいけない、と言います。・・・・・・下心があるのはいけないからと何もしないよりも、下心があっても人の役に立つことをした方がはるかに世の中は良くなります」P98

なるほど、これは聞いたことなかった。

職業を選ぶときは給料で決めないこと。会社の景気は変るから。でも好き嫌いで決めるなら、給料が悪くても頑張れる。(P156要旨)

**になりたい、は間違い。なることが目標であればうまくいかない。その先にある、**になって何をするか、まで見つめる必要がある。(P164要旨)

お薦め度:★★★★☆:スピリチュアル系でない、自然体の文章を読みたい方に特にお薦め。amazonの評価も高いです。

著者のHP(これもスピリチュアル系でないHPです)
http://www.sakaiyuuki.com/

2013年10月29日 (火)

書評--なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法

なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法   
ロバート・シャインフェルド (著)  栗原弘美 (翻訳)
\1575 VOICE

「マネーゲームから脱出する」「ビジネスゲームから脱出する」に続く著者の本。
上記2冊が良かったので内容も見ずにamazonで予約しました。当然、まだ発売したばかり。

内容は前書に増して「悟り」に近いです。

必要最小限の説明しかないので、一度読んだだけでは分からないこともありますし(言葉が難しいわけではない)、説明がやや飛躍しているところもあって、読み直さないといけないのですが、たとえば「本当の幸せとは・・・・・・」と、説明のとおりなら確かにいつでも幸せなわけです。

僕の一読の理解では、下手に先入観を与えてしまうかも知れませんので、あとは余計なことは書かないほうがよさそうです。

お勧め度★★★★☆

2013年10月25日 (金)

書評--スピリチュアル・パワーが目覚める10の秘密

スピリチュアル・パワーが目覚める10の秘密―ダイアー博士の愛と幸運を呼ぶ生き方
ウエイン・W. ダイアー (著),  堤 江実 (翻訳)
\1200 PHP

「ひとたびあなたがその気になって、あなたの望むものは、それが何であれ、もうすでにここにあるのだというふうに行動するならば、あなたは夢を現実のものにするための眠っていた力を活性化することができるのです」P86

って、何と説得力のない文章なのでしょう。
かつてのJ・マーフィーやナポレオン・ヒルも書いていましたが、21世紀になっても書くか~?という文章がずっと続く。
スピリチュアル系の本を多少読んでいるなら、いずれもどこかで読んだことのある文章ばかり。
引用も多い。

だた、第4の秘密「正しい恨みというものは存在しません」は、まあまあか。

「億万長者になりたいのは誰?と言う人気番組がアメリカにはあります。」(P64)って、それはミリオネアだろう?(訳が悪い?)

さて、最初の千ドルを手に入れるレベルは人を非難することから離れること。
32000ドルレベルは愛、平和、喜び、許し、親切。

ある師が批判されたり、馬鹿にされても相手に祝福をおくっていた。
帰依者がどうしてそれに穏やかに対応できるのか?と質問した。師はこう言った。

『「もし、あなたが誰かに贈り物をもらったとしても、あなたが受け取らなかったら、その贈り物は誰のものかね?」
あなた自身に聞いてみてください。
「なぜ私は、誰かのものでしかないことなのに、それに対して恨みの気持ちを持ったりするのだろう」』(P69)

著者はこの時代(原著は2001年)あたりからスピリチュアルになっていったようです。
なので、どこか文章が説得力がない、というか借り物の文章に思えてしまいます。

お勧め度★★☆☆☆ (この著者のものならこれより後の時期のものを読んだほうが良さそうです)

2013年10月23日 (水)

書評--イルミナティだけが知っている

イルミナティだけが知っている【洗脳工学篇】 闇の支配者「絶対構造」の超からくり (超☆はらはら)
ベンジャミン・フルフォード (著)
ヒカルランド ¥1600

この本で世界観が変わるかも?
マシュー君が批判している「イルミナティ」の概念は覆されるかも知れない。
(※「マシュー君のメッセージ」で検索のこと。)

どこまで本当かウソが全く不明だが、これまでに誰も書かなかったことが書かれている。

が、とにかく読みづらい。
たとえば
「分子を形成するために原子が結合することで、原子のプシコイド的性質がより複雑な分子のプシコイド的性質に変貌する。」P97
これじゃ、分らないだろう。

しかし、amazonのレビューを読むとそれなりに評価されている。

amazonで著者名「ベンジャミン・フルフォード」で検索すれば著書がたくさん出てくる。
それらの本のレビューだけでも全く新しい考え方なので、一読の価値はありそう。

9・11や3・11が陰謀だったとか、(これは既にネットでもいろいろ書かれていますが)
「人殺し医療 マフィアが支配する現代メディカル・システム」という本では医療が病気を作っているとか、
本を読むかどうか、それこそレビューを読んで決められる、というか、レビューだけでも知らなかったことがたくさん。

で、スピリチュアルと関係ない本も紹介するの?と思われる方もいらっしゃるでしょうけれど、イルミナティの宇宙観って結構スピリチュアル的に避けて通れないようなのでここで紹介しました。

書評--サイン3 前世が導く、現世を生きる道

サイン3 前世が導く、現世を生きる道
龍&アニキ (著)
¥1000 ランダムハウス

サイン1、2と読んできましたが、これで最後かな?

第一部は70年前の過去世の話。
戦争に行き、愛する人へのメッセージをボトル、というか水筒に入れて無事に現代に到着した?
この話が実話なら感動できる。

第二部は100ページに渡る小説。結構文章力がある。

というか前世の存在を半信半疑の人向けなので、僕には物足りないのですが。

第三部は元ブログの「神様ほっとらいん」というQ&A。
下手なカウンセリングよりずっと良いかも。

前にこのシリーズを紹介した時に書いたけど、このブログはもう読めないのですよね。
だから本で読むしかないか・・・

もちろん僕は、著者のチャネリング相手が「神様」だとは思っていないけど、それを除けばそこそこ良いチャネリングだと思いました。これにて「サイン」は最終巻でしょうね。

お薦め度★★★☆☆

書評--心を軽くする言葉

心を軽くする言葉-宇宙を味方の「か・が・み」の法則
小林正観 (著)
\1500 イースト・プレス

amazonのレビューでみんなが言っているようにこれまでの著書の再編成。
身開き2ページの右が3~4行の名言集?で左側がその解説。

繰り返しを読みたい人には、よいまとめだが、重複を余計だと思う人にはムダな本。

とりあえずタイトルの「か・が・みの法則」だけ抜き出しましょう。

運命をつかさどる「河」(か)
感情をつかさどる「我」(が)
身体をつかさどる「身」(み)

って、ほとんどこじつけじゃないの?

そんなこじつけなら僕でもできる。
「シリウス」でやってみましょう。

「信じる」のシ
「理解する」のリ
「嬉しい」のウ
「好き」のス

これで人間関係がうまくいく!

お薦め度★★★☆☆(小林正観をあまり読んでいない人向け)

2013年10月22日 (火)

書評--自分のほんとうの運命に気づく本

自分のほんとうの運命に気づく本
キム・アネ・ヤネス (著)
青春出版社 ¥1500

amazonの中古が¥45-。買いです!

この本に書いてあることはamazonの「なか見!検索」で目次を見ると概ねつかめる。

著者はドイツの有名な超能力者。
ドイツ人の本を読んでよく思うのはアメリカのものよりしっくりくるな、という印象。
スピリチュアル系をたくさん読んでいる人には目新しい情報が少ないかも知れませんが、同じ内容でも、彼女が書くと新鮮。
スピリチュアル系をあまり読んでない人にはお勧めの1冊。

仕事でも何年たってもうまくいかないときは、・・・
「あなたの本当の人生の目的ではありませんよ、というメッセージかも知れません。」P32

どうしてこんなことが起こるの?でなく、この状況を受け入れて、その状況に対して何ができるか、と前に進む。
「ある悪い現象が起きたとき、・・・そのメッセージを無視していると、さらに悪いことが・・・メッセージを理解させるために」P61

仕事が楽しくなくなったとき、別の道を進むメッセージかも知れません。
「今の仕事が楽しくないのは自分にとってもう”賞味期限”が切れているからです」P93

仕事に関して1章を割いて、配偶者についても1章を割いている。
特に仕事に関しては自分の人生の目的にあったものを見つけるのが宇宙への義務だとしている。
僕が前回、転職で参考にしたのは「会社は絶対辞めていい」「くさったバナナを捨てる法」だったが、これは今から考えると否定的。
それよりも自分の生まれてきた目的である「天職」に就こうよ、という意味では積極的というかポジティブ。

また、もう1章の配偶者選びも、まだの方にはお勧め。

人生は魂の成長のためにある。そのためにも生まれてきたときに決めてきた才能を生かす仕事をしなくてはなりませんよ、と。

どうしても人間関係で避けたいことがあるときは「自由意志」を使いなさい、と。

お勧め度★★★★☆

2013年10月19日 (土)

書評--どんな状況からでも成功する法

どんな状況からでも成功する法
コーチ・カルダン (著)
きこ書房 ¥1400

著者はイラン人で元ストリート・チルドレン。
それから現在の成功を手に入れたのだから「どんな状況からでも成功する」はタイトル負けではない。

人生の教科書はナポレオン・ヒルとアンソニー・ロビンスの本だとか。
両者の教えの紹介を兼ね、自分の人生を綴っている。
そういう意味では特に目新しい学びは少ないのだが、アメリカ人でもヨーロッパ人でもなく、イランから脱出し、「おしん」を見て、日本に来て溶接工になり、短期間で日本語を覚え、あこがれの日本人女性と結婚した、というのは、珍しい。

それなりの説得力のある本です。

『私は、人と会う前や、話をする前に、必ず決めておくことがあります。
それは、自分は「影響を与える立場になるのか」それとも「影響を受ける立場になるのか」ということです。』P180

『「助けて」と言うことは、相手にチャンスを「与える」こと。』P198

お勧め度★★★☆☆

しかし、だれかがレビューには「高額セミナーが待っています」と書いてあったが・・・
HPは下記のとおり。初回に限り、体験1時間で¥10万!

http://www.kardan.jp/

2013年10月18日 (金)

書評--「よかった」の口ぐせが幸せを呼ぶ

「よかった」の口ぐせが幸せを呼ぶ (ユタの末裔が教える「夢実現メソッド」)
島袋千鶴子(琉球風水師) (著)
¥1333 マキノ出版

内容はタイトルがすべてを物語っています。。

『自分の運をいかし達成力を高めるには、夢や目標を「過去形」で考えると良いのです。・・・・・夢や目標がすでにもう「かなった」ことにしてしまうわけです。』(P44)

『「夢や目標そのもの」に意識を集中できれば、それは、いつかきっと実現します。しかし、「夢や目標がかなっていないこと」のほうにシフトすると、残念ながら「かなっていえないこと」のほうが実現してしまいます。なぜなら「夢や目標がかなっていないこと」に心が向かっているからです。』(P48)

途中にそれを実行してラッキーな現実を引き寄せた具体例も紹介されています。

その後は質疑応答集。

まあ、引き寄せの法則をちょっと語り口を変えただけの内容ですが、わかりやすいです。

お勧め度★★★☆☆

同じ著者の

「開運!お茶碗5円玉―玄関に置くだけで幸せを呼ぶ琉球風水の知恵」

も、レビューを見ると、タイトルそのままらしい。これはすごく簡単だからやってみます。

書評--ミラクル

ミラクル 『彼ごはん』で夢をかなえた私の物語
SHIORI (著)
宝島社 ¥1000

スピリチュアル系ばかりでなく、たまにはこんなサクセスストーリーも良いかも。

著者が22歳までに料理本を出版する、と決めて、その夢に向かっていき、実現するまでの過程。

「彼ごはん」というシリーズは230万部売れたとか。

amazonで中古が¥1-なので、息抜きしたい方はどうぞ。

薄い本なのですぐに読めます。

2013年10月14日 (月)

スピリチュアルに生きる(144)

10月13日放送の囲碁NHK杯
黒:山下名人VS白:趙25世本因坊
解説:武宮9段

ここで解説者から人生を考えさせる名言が・・・

1「頑張った打ち方ですが、頑張れば良いというわけではないのです。頑張るというのは自然ではないので無理があるということでもあるんです。」

なるほど、頑張って幸せになるのでなくて、頑張らなくても良いのが最も幸福なのです。
条件が満たされれば幸福なのは本当の幸福でなくて、条件なしでも幸福なのが幸福なのです。
参考動画(究極のバシャール)
http://www.youtube.com/watch?v=h9h_F3SUq3M

2「碁というのは形が悪いほうが負けなんです。形が悪いということは石の効率が悪いということです。」

碁では「愚形」というのがあります。アキ三角とか陣笠とか。(一言で言えば必要ない石のこと)

人生も同じかも。
運転免許を取得するのに六法全書を買って、道路交通法を暗記するようなもの。
人生を自分のために100%使うのでなく、悪口を言ったり、グチを言ったりして時間を無駄につかうこと。

人生で愚形を作らないようにしましょう。

書評--直観力の育て方

直観力の育て方 
アンドレイ・リッジウェイ (著), 野津 智子 (翻訳)
\1700 PHP研究所

読んでみたら「ただのエッセー集?」というくらい文章がつまらない。
訳が悪いのか原文が悪いのか?
ということで調べたら、訳者はまずまず。(訳者の他の本は何冊か持っている)
ということは原文が悪いんだ!

「直観力の育て方--あなたの中の”眠れる力”を目覚めさせる方法」というタイトルに騙されたが、原題は「Intuitive Living」。
訳すと「直感で生きる」とか「直感の生活」あたりだろう。

直感力を生かした人として紹介されているのはジャンヌ・ダルク、ライト兄弟、M・L・キング、ミケランジェロ、オスカー・ワイルドなど。
って、歴史上の有名人はみんなそれなりに直観力を生かしたのではないか?

途中に紹介されているのは、「エネルギーセンター」って読んでみるとチャクラのこと。

著者は相手のリーディングをする際にはタロットとルーンを使うとか。
それ、直感(は少し使うとしても)じゃないだろう?タロットなんか、僕でもできる。

これじゃ、amazonの中古が¥35も納得。

お薦め度:★★☆☆☆

直観というタイトルなら、ベニー・ピアスとかリン・ロビンソンあたりの方がずっと良いです。

こんな本を選んでしまった僕はまだ直感力が弱いかも。

2013年10月12日 (土)

書評--究極の損得勘定

究極の損得勘定  〜損得で考える宇宙法則〜
小林正観
1,500円 宝来社

この本は一般の書店には売っていないようである。
http://www.thanksthanks.net/product-list/49

しかしこの書名タイトルで検索すると、他の本が出てくる。
他の本にも同じ文章が出ているものが多そうだ。

さて、内容。

3次元的問題解決方法

その1、目の前の人・物・現象を、自分の気に入るように作り変える。

その2、逃避

その3、我慢

4次元的問題解決方法

気にしない

5次元的解決方法

気にならない。

======

人間の体を壊す4つの条件
・酒
・タバコ
・暴飲暴食
以上で20%。残り80%は
不平不満・愚痴・泣き言・悪口・文句

まあ、いつもの小林正観さんの文章でした。

お勧め度:★★★☆☆

2013年10月11日 (金)

書評--もう悩まない! 「引き寄せの法則」

もう悩まない! 「引き寄せの法則」 「類は友を呼ぶ」だけではない法則の真実と実践法
ボブ・ドイル (著),  住友 進 (翻訳)
\1680 ソフトバンククリエイティブ

著者は「ザ・シークレット」の出演者。

原題は
Follow Your Passion, Find Your Power: Everything You Need to Know about the Law of Attraction
(情熱に従い、力を見つけよう:「引き寄せの法則」について知るべきすべて)

引き寄せの法則は判った。
では実際うまく人生を送るには・・・?
というザ・シークレットの後、講演などで質問されたことのQ&Aが入っている。

「宇宙はあなたの願望に気を配っていない」のです。あなたの波動を受け取っているのです。(P161)
と、僕が関係本を10冊以上読んでから理解できたことの説明をさっと書いている。

お金持ちになった自分をイメージングしたぞ、さあ現実の仕事に戻って稼がなくちゃ(笑)・・・ではうまくいかないことも書いている。

著者は正直に、自分も引き寄せの法則の教師になりながら、自分がうまく引き寄せていなかった、と告白。その正直さが逆に誠実な文章だと思える。

引き寄せの法則本が1冊また出版された、のでなく、抵抗の解放の仕方、波動の法則など深い説明がたくさん。これは大切なテキストです。

その中で、EFT・タッピング(用語が不明な方はネット検索すれば出てきます)とセドナメソッドが有効だとしている。
タッピングの本は1冊読んだのだが、実際にやったことはない。--今度はやってみるか。
セドナメソッドは僕の知る限り邦訳されているのは以下のみ。(前に紹介しました。良い本です)
「人生を変える一番シンプルな方法―世界のリーダーたちが実践するセドナメソッド」

引き寄せの法則の科学的説明は「投影された宇宙」マイケル・タルボット著、を推薦している。

お薦め度:★★★★☆(効果次第で★が増えるかも)

2013年10月 9日 (水)

書評--人生に奇跡を起こす天使のスピリチュアル・サイン

ドリーン・バーチュー博士の人生に奇跡を起こす天使のスピリチュアル・サイン
ドリーン バーチュー (著), チャールズ バーチュー (著), 保科 京子 (翻訳)
¥1400 ランダムハウス講談社

著者のチャールズ・バーチューって?
ネットで調べたらドリーン・バーチューの長男とか。

ドリーンバーチューも離婚して元夫に慰謝料を払わねばならないので大変なのです。
 ↓  ↓  ↓
(ドリーン・バーチュー 日本語公式サイトより)
http://doreen.jp/newsletter/2009-11.html

だからたくさんのオラクルカードを作ったり、たくさんの本を書かねばならないのです。

特にタイトルの本はドリーンバーチュー親子の文章じゃなくて、ほとんど読者の天使体験の投稿文じゃねーか。

これなら他の奇跡体験・天使体験本のほうがまし。

奇跡の体験/チャールズ・E・セリアー(続編あり)

幸せを呼ぶ奇跡のお話/イタ・ハルバースタム

あなたの天使がいるところ―こころのチキンスープ14

数年前までのドリーン・バーチューは良かったのだが・・・・

書評--もっと“シンプル”に生きるための10日間レッスン

もっと“シンプル”に生きるための10日間レッスン   
シェリー カーター=スコット (著) 鈴木秀子(訳)
三笠書房 ¥1400

--絶版だがamazonの中古が¥1--

『車で通勤している人たちに「今、何をしているのか」と尋ねれば10人中9人はこう答えるでしょう。
「職場に行くところです」
けれども今このときに意識を向け、心の平和を得ることを学んだ人ならば、きっとこう答えるでしょう。
「車を運転していますよ」』(P46)

『他人を手厳しく批判するのは「自分が優越感を持ちたいから」でしょう。・・・・
他人を厳しく評価することで、優越感を得て、心のどこかにある自身のなさや不安を隠そうとしていたのでした』(P54)

『何かが起きるたび、人には2つの選択肢が用意されています。
責任ある行動をとり、自らの手で「何かを起こす」か、あるいは「心を解き放つ」かです。・・・
人間関係においても、責任をもって絆を深めなければならないときもありますし、あきらめて立ち去ることが必要なときもあります。
自分の信念を貫くために上司と戦わなくてはならないときもありますし、もっと大事な戦いにエネルギーをとっておかなくてはならないこともあります』(P75)

『後悔するのは、やらなかったことばかり』(P88)

(著者は自分の足のスタイルが気に入らなかったが)
『結局のところ自分の太い脚を好きになることで、「冷戦」を終わらせようとするしかないのです・・・・わたしがこんな風に考え始めると・・・少しずつ引き締まってきました。これは私が自分の脚を受け入れたからこそ、私の望むような形に変わってっくれたのです』(P98)』

以上が、僕が選んだ、前半の5日間のエッセンス。(ってただの引用--これじゃ著作権法違反だが)

さて、10日分を読みたい方は実際に手に取りましょう。

お勧め度:★★★☆☆

書評--笑顔で光って輝いて

笑顔で光って輝いて   
小林 正観 (著)
実業之日本社

絶版だがamazonの中古が¥125-

五戒:不平不満、怒り、グチ、文句、悪口
原因と結果は逆。こういう言葉を言っているとそういう状況が現れる。
逆に感謝し続けると感謝できることが起こる。

サボテンに毎日挨拶したら、1か月もしたらサボテンのトゲが全部落ちたとか。

まあ、いつもの小林正観節です。

その中で、はじめて読んだ話が、小学校3年生の女の子の自由研究の話。
チョコレートに「バカヤロウ」と100回いい続けた物と、「ありがとう」といい続けたものを家族に食べさせたとか。
家族の感想はご想像のとおり。

みなさんも実験してみますか?

お勧め度:★★★☆☆

2013年10月 7日 (月)

書評--感謝が習慣になる21日

感謝が習慣になる21日―一生感謝実践ガイド 
ジョンクゥアン (著), ソジョンヒ (著)
\1400 小牧者出版

これがですね~、絶版の上に中古もamazonでは売っていない。
(僕は中古書店で購入)
この元になっているのは

一生感謝―幸せの扉を開く29のカギ 
ジョンクゥアン (著), 吉田英里子 (著)

という本でこちらはまだ売っています。

著者は韓国の牧師。
だから聖書からの引用も多いですが、感謝するのにヒントがたくさんあります。

寝たきりの母親に感謝することを探す、という項目があるのですが(P93)
感謝できることを1000も見つけたという。
日常生活の中で感謝できることを1000探せれば人生そのものが変わりそうです。
(やってみよう)

それと本の中で紹介されていたのは、ヘレン・ケラーの「3日間だけ目が見えたら」という文です。
以下のサイトで紹介されています。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~peaceful_hiraku/message31/031.htm

ともあれ、絶版なのでお薦め度は省略ですが、類書が多いので、(たとえば「Gの法則」)他の本でも大丈夫でしょう。

書評--神のようになる

神のようになる―カバラーと人生の窮極目的
マイケル バーグ (著), 大沼 忠弘 (翻訳)
\1800 ISIS

E・バトラーの「魔法入門」もカバラーの案内書だっだけど、こちらはもっと解り易い。

==超要約==
人は自分だけ受け取りたい=エゴに支配されている。
そういう欲望を持つのは「自分」でなくてエゴ。
人間は「エゴ」という牢獄に閉じ込められて、死刑宣告されている。
エゴが死ぬとき、人は死からすら逃れることができる。
エゴの喜びは本当の喜びではない。
私たちは「分かち合う」神のようになるとき、エゴと決別する。
その過程は苦しいかも知れない。しかし苦しければ苦しいほど神に近づく。
それを乗り越えたときに、真実の幸福に到る。
==超要約終わり==

本質は宗教とは別物で(聖書は登場する)、不快なことを求めれば求めるほど神に近づきます。

お薦め度:本としては★★★★☆・・しかし行動するとなるとそう簡単じゃないよね。

2013年10月 2日 (水)

書評--あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ(2)

(10月6日の国家試験の勉強のため書き込みがスローダウンしております。)

9月2日に書いた書評

あなたの才能がすぐに目覚める4ステップ
ダン ロウ (著)  黒輪 篤嗣 (翻訳)

のP193
「33284に問い合わせよう」があまりにも印象深く、「読んでからのお楽しみ」と書いたが趣旨だけ書いておこう。

33284というのは「DEATH」をケータイで入力するときの数字。
つまり、私たちの肉体は借り物で、所有物もすべて借り物、あの世に戻るときには何一つ持っていけない、という意味。

そんなの当たり前なのだが、どうも意識しないで生きることが多い。

この本で例えているのは「返せといわれたらいつでもすぐに返さねばならない」ということ。

何をなくしても、いずれは返さねばならないのだから嘆く必要はない、ということ。

問題はその返す時期が不明だ、ということです。

以上が趣旨。

自家用車でも持ち家でも、そう思っていたのは実は借り物。

気が楽になりますね。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »