« 書評--スピリチュアル・パワーが目覚める10の秘密 | トップページ | 書評--運と縁の法則 »

2013年10月29日 (火)

書評--なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法

なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法   
ロバート・シャインフェルド (著)  栗原弘美 (翻訳)
\1575 VOICE

「マネーゲームから脱出する」「ビジネスゲームから脱出する」に続く著者の本。
上記2冊が良かったので内容も見ずにamazonで予約しました。当然、まだ発売したばかり。

内容は前書に増して「悟り」に近いです。

必要最小限の説明しかないので、一度読んだだけでは分からないこともありますし(言葉が難しいわけではない)、説明がやや飛躍しているところもあって、読み直さないといけないのですが、たとえば「本当の幸せとは・・・・・・」と、説明のとおりなら確かにいつでも幸せなわけです。

僕の一読の理解では、下手に先入観を与えてしまうかも知れませんので、あとは余計なことは書かないほうがよさそうです。

お勧め度★★★★☆

« 書評--スピリチュアル・パワーが目覚める10の秘密 | トップページ | 書評--運と縁の法則 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58473162

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--なにが起こっても、「絶対幸せ」でいる法 :

« 書評--スピリチュアル・パワーが目覚める10の秘密 | トップページ | 書評--運と縁の法則 »