« 書評--心を上手に透視する方法 | トップページ | 書評--億万長者の「超」法則 »

2013年11月15日 (金)

書評--聖なる旅―ピースフル・ウォリアー

聖なる旅―ピースフル・ウォリアー
ダン ミルマン (著) , 山川 紘矢 (翻訳), 山川 亜希子 (翻訳)
¥1600 徳間書店

40ページまで読んで、全く気づきも学びもないので、読むのを止めた。

その先をパラパラとめくってみたが、チャクラの話が少し出てくる程度かな?という感じで、本を処分することにした。

あとがきによれば「癒しの旅」の続編で、「癒しの旅」は殆ど実話だが、この「聖なる旅」はフィクションだそうな。
作り話のストーリーだからつまらないとは言わない。
同じ著者の「運命のしくみ 成功のしくみ」は2008年の11月にこのブログで紹介している。
しかし、この本はつまらない。(「癒しの旅」の方がおもしろそう。)

お勧め度:★☆☆☆☆
(あくまで僕の評価。物語風が好きな方は評価が異なるでしょう。実際、amazonの評価は高いです)

この本を選択する際に、何を間違えたかというと、ここで紹介したブランドン ベイズの「癒しへの旅」(今年8月にここで紹介)の続編だと思ってしまったこと。(苦笑)
彼女の続編は「心の自由を探す旅―あなたの中にある〈聖なる本質〉を求めて」でした。こちらを読むことにします。

« 書評--心を上手に透視する方法 | トップページ | 書評--億万長者の「超」法則 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58579501

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--聖なる旅―ピースフル・ウォリアー :

« 書評--心を上手に透視する方法 | トップページ | 書評--億万長者の「超」法則 »