« 書評--心の自由を探す旅(2) | トップページ | 書評--「使わない!」と人生がうまくいく“18の言葉” »

2013年12月 2日 (月)

書評--リアル・シークレット

リアル・シークレット
ジュセリーノ・ノーブレガ・ダ・ルース (著) , 山川 栄一 (翻訳)
ソフトバンククリエイティブ

第一部は”ザ・シークレット”に「直感」を重ねて役立てる。

第二部は著者へのインタビュー

付録もあり。

まとまりのない文章です。

第一部で引き寄せの法則を説明しておきながら、第二部では**年後には人口の80%が消えるとか、大災害が起きる、なんて”予言”して、ポジティブ思考どころか、いたずらに恐怖をかりたてています。
「ザ・シークレット」のロンダー・バーンは自分の文章を断りもなく使ったとか・・・・まあ、本当なのだろうけれど・・・・文章が盗まれるのは予知できなかった、というわけです。

2009年の出版ですが、東日本大震災については一言の予言もありません。

お勧め度:★☆☆☆☆、

(興味で読むのなら第二部は避けたほうが良いです。暗い予言だらけ)

« 書評--心の自由を探す旅(2) | トップページ | 書評--「使わない!」と人生がうまくいく“18の言葉” »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58684296

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--リアル・シークレット :

« 書評--心の自由を探す旅(2) | トップページ | 書評--「使わない!」と人生がうまくいく“18の言葉” »