« スピリチュアルに生きる(145) | トップページ | 書評--なぜビジョナリーには未来が見えるのか? »

2013年12月25日 (水)

質問への回答(46)

==Q、40過ぎなのに結婚相手が見つからないが・・・==

==A(女性は「男性」を「女性」に読み替えてください。==

あなたの理想の結婚相手の理想の男性像にあなたは合致していますか?
換言すれば、一緒に暮らしたい女性はどのような男性と一緒に暮らしたい、と思っているか、
ということです。
あなたが女性なら、あなたのような男性を選びますか?ということです。

「ザ・シークレット」の著者、ロンダ・バーンの妹は一緒に暮らす男性が欲しい、と言いながらダブルベッドの真ん中に寝ていたそうです。--一緒に寝たらベッドの真ん中はありえませんよね?
クローゼットも全部が自分の服で占めていたそうです。--上記に同じ。
それをロンダ・バーンが指摘して、彼女の妹は、理想の男性と一緒に暮らすことを考え、
ベッドの半分で寝て、クローゼットを半分、相手のために空けて生活していたらまもなく
理想の相手と出会えたとか。

結婚とは衣食住を共にする、ということです。
”衣”はともかくとして、食をともにするということは、あなたが肉が好きならベジタリアンとは一緒に暮らせないということです。

あなたの描く理想の女性の食の好みは何ですか?
たとえば、和食だとしましょう。
そうしたら、作るのは誰ですか?
あなたの理想の女性像は「簡単な食事でも良いから、仕事で疲れた時に食事を作ってくれる」
男性なのではありませんか?

短刀直入に聞きます。
あなたはそれができますか?--私はあなたの料理の実力を知らないので--
単にご飯を炊いて、味噌汁を作って、漬物を作って、簡単なおかず(たとえば野菜炒め)を作る。

例えば、の話が続いていますが、和食を好きな彼女なら美味しい味噌汁が飲みたい。
それってインスタント味噌汁ではないです。
一晩、利尻コンブを水につけて、鰹節を削って、赤味噌と白味噌をブレンドしながら作る味噌汁です。
それはOKでしょうか?

漬物はOKでしょうか?
塩分は材料の2.6~3%という感じですが。
私の白菜の漬物のレシピを貼っておきます。
http://blogs.yahoo.co.jp/hass375/30870607.html

野菜炒めの材料はどうしましょう?
葱と生姜と大蒜をみじん切りして香りが出てから材料を入れます。
キャベツを炒めるには固い部分からです。

モヤシは独特の臭みがあるので、ヒゲを取ります。(これだけで約15分)

この基本をクリアしていれば「食」に関してはOKです。--OKでなければ今日から修行です。
(この応用で、八宝菜までできます)

繰り返します。
あなたの理想の女性が一緒に暮らしたいのは、料理が全くできない男性でなくて、料理ができる男性ではありませんか?
(もしできなければ明日から修行です--レシピを見ながらとか相手は拘りません。美味しければOK。
10種類は料理のレパートリーを作ってください。--もし、料理が得意なら余計なことでした)

次は衣食住の「住」ですね。
自治体で決まっているゴミ出し。--燃えるゴミ・燃えないゴミ・その他、必要です。
あなたの暮らすべく理想の女性は、誰がゴミ出しをやると思います?
話し合って「ゴミ出し当番」を決めるようではマダマダ。
全部あなたがゴミ出しをするという覚悟です。

次は、「衣」ですね。
洗濯は誰の担当?(って担当を決めるようではNGです--全部あなたがやるのです)
掃除は誰の?・・・・

家庭生活をしていると様々なトラブルがあります。

ファンヒーターが壊れた。
パソコンが壊れた。
ガス台が壊れた。

この3つが同時に来ても、出来るところまで修理をやり遂げるのがあなたの”理想の女性”との出会いです。
(あなたの”理想の女性”のイメージでは、まずは業者に依頼しないで、あなたに見て欲しい、と言うでしょう?--夫を信頼しているから。)

僕のレポートは下記のとおり。
http://hass.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-f52f.html

まあ、経年劣化があるので、当然、直せないものはあります。
それを判断し、その時に業者に連絡するのは誰でしょう?
あなた?
それとも未来の奥様?

==結論==
この(自分が作った)料理を食べさせたい。という自慢料理が10品完成し、掃除も洗濯も僕がやるのにどうして一緒に暮らす人が現われないの?(現われて当然)という状態になったときに、理想の相手が現われます。
どうすれば?
辻クッキングの「TEXT BOOK」を紹介しておきましょう。
レシピどおりなら味がぶれないです。
(絶版のようですが、amazon中古で手に入ります。中国・日本・西洋の3種類の3冊を揃えればOK)
偉そうに言っていますが、僕も未だにレシピを見ながら作っています。

PS

今日は「ワタリガニ」が安かったので、買ってきて、奥様が「美味しい」と言ってくれる様子を描きながら、ワタリガニで味噌汁を作りました。
奥様が帰宅するなり「生臭い」の一言。(灰汁を取ったり大変だったんだけどね。まあ、確かにカニの匂いはあるけど)
「飲んでみてイヤなら残せば良い」と言いました。
そして、味噌汁を提供すると「塩辛い」の一言。(つまり、ほとんど残した)
そこで「君のために作った」とか言わず「イヤなら残せば。明日の朝、俺が食べる」と。それだけ。

これがレイキティーチャーとの夫婦生活です。

« スピリチュアルに生きる(145) | トップページ | 書評--なぜビジョナリーには未来が見えるのか? »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58820829

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(46):

« スピリチュアルに生きる(145) | トップページ | 書評--なぜビジョナリーには未来が見えるのか? »