« 書評--「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則 | トップページ | 書評--確実に自分を変えていく法 »

2013年12月 4日 (水)

書評--今ここに、死と不死を見る

今ここに、死と不死を見る―自分の不死の中心を発見する
ダグラス・E・ハーディング (著), 高木 悠鼓 (翻訳)

シンプル堂で送料込み¥2000・・・おそらくマホロバアートの在庫がなくなるまで。再版はなさそうです。
http://www.simple-dou.com/CCP014.html

10月末に「書評以前」をアップしましたが、やっと最初の数章を読みました。

「深い哲学書」という印象です。
臨死体験や悟りの先駆者の言葉も紹介しながら、理論でなく、簡単に身近な実験で、「私たちは何者か?」という新たな認識を持たせてくれる良書。

本の中の実験の一部は以下でも紹介されていますので、購入はこちらを試されてからでも良いでしょう。。
http://www.ne.jp/asahi/headless/joy/index.html

この本はゆっくり読む必要があるので、これから先が楽しみです。

お勧め度:★★★★☆

« 書評--「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則 | トップページ | 書評--確実に自分を変えていく法 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58694200

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--今ここに、死と不死を見る:

« 書評--「幸せスイッチ」が入る! プラス1%の法則 | トップページ | 書評--確実に自分を変えていく法 »