« 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ | トップページ | 書評--しあわせトリック »

2014年1月17日 (金)

書評--7日間で突然頭がよくなる本

7日間で突然頭がよくなる本 
小川 仁志 (著)
\1400PHP

タイトルが内容と合わないです。
7日間で頭がよくなりません。

それよりもこれは「哲学を学ぶための7つのコツ」とか、「哲学入門全7章」とかいうべきもの。

たしかに、たくさんの哲学的な見方が紹介してあって、物事を多角的に見たほうが、解決策も見つかりやすいので「頭が良い」とはいえなくはないです。

哲学を学んだことがない人には、一度は読んでみたほうが良い本です。

たとえばあなたは「リンゴ」で何を思い浮かべますか?
リンゴジュース?アップルパイ?
そうでなくて、ニュートンやウィリアムテル、セザンヌ、ビートルズ、アップル社・・・と、こういう様々な発想が出来る人が頭が良い、ということだそうです。(P25)

そういう意味では、この本に書かれている哲学概念ベスト10(本当は30ある)などは誰にとっても重要でしょう。

お勧め度:★★★☆☆(哲学を学んだことのない人には★4)

« 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ | トップページ | 書評--しあわせトリック »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58958699

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--7日間で突然頭がよくなる本 :

« 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ | トップページ | 書評--しあわせトリック »