« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月29日 (水)

書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる

ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる―いつでも誰でも簡単に、望みを叶える量子物理学的手法
うさぎ (著)
¥800

やられたな!という感じ。
小林正観が、阿部敏郎が、エイブラハムが、ザ・シークレットが、そして僕が、説明が足りなかった引き寄せの法則を、量子論を用いてうまく説明している。

アファーメーションのように、ポジティブ波動を発して強引に望みを「引き寄せる」のでなく、
波動は電波と同じなのだから無数のパラレルワールドの中から同じ周波数に「チューニング」する。
その周波数帯がタイトルの「ヒューマン・バンド」。

例えば「お金を大切にすると、お金が集まる。」ここまでは小林正観も何度も書いている。
どうして?
著者はいう。
お金も波動でエネルギーだから、大切にしてくれる波動のところへ共振し、集まりやすくなる。

この装丁の本は通常、¥1000以上するものだが¥800とは良心的。(消費税別)

amazonでは否定的なレビューもあるが、引き寄せの法則を補完する必読書として僕は勧めたい。

お勧め度:★★★★★

著者からの紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/bestseller700manbutoppa/39483870.html

最近、続刊が出版された

====メモ(これらも含めてこの本は説明している)=====

小林正観の五戒・・不平・不満、愚痴、泣き事、悪口、文句

小林正観の「き・く・あ」・・・・競わない・比べない・争わない

ザ・シークレットの「高い」波動・・・愛・感謝・賞賛

小林正観の「そ・わ・か」・・・掃除・笑い・感謝

書評--不死のしくみ

不死のしくみ: 生きることはとてもシンプルで、だれもが完璧! 一瞬で「いまここ」に導く瞑想CD付き 
阿部 敏郎 (著)
\1785

久々の阿部さんの本。発売されたばかり。

内容はこれまでに書かれた事の繰り返しだが、タイトルどおり、これまで扱ってこなかった「死後の世界」の話もある。

「成功という言葉の意味を広げてください。自分を敬うこと、人生に感謝すること、・・・やりたいことをすること・・・・そのひとつひとつが成功です。」P61

「感謝はあなたの信念を深めます。信念が強まれば、願いが現象化するスピードが増します」P69

「なぜ自分がそれをできないか、なぜ自分がそれを持てないかと考えている人は、それを手に入れることはできないでしょう。・・・・なぜできるかを考える・・・なぜ持てるかとかを考える」P91

って、引き寄せの法則?
確かに著者はこの世には引き寄せの仕組みがある、としています。後半は「さとり」の世界について記述です。

まだ聞いていないが、CDも付属してお買い得?

お勧め度:★★★★☆

2014年1月26日 (日)

質問への回答(51)

Q
私の成人式の時は自分でスーツを買ったのに妹は40万の着物って・・


私は長男ですが、同じようなものです。
母子家庭で貧しかったため、私は昼間の大学に行けずに働きながら夜間部大卒。(もちろん入学金などは自分で働いて支払い)。
弟は昼間の大学卒。おまけにヨーロッパに留学までしている。(もちろん、私が家に入れていた賃金の一部も入っている)
¥3000万の家を購入してローンの支払いは私。
約15年のローンの終わった今、その家は弟が住んで、私は別の家を購入し新たにローンを支払っている途中。
¥40万の着物で嘆いてはいけません。

今ならあなたも大学に進学できるでしょう?(夜間部でも通信教育でも)
親のせいにしている年齢ではありません。
自分の人生は自分で開拓するのです。

あなたが”長女”というマイナス面だけに目を向けているのは賛成できません。
長男・長女と言う立場は責任感も忍耐力も包容力も次女・次男以上に育っているはず。
「お姉ちゃんだから我慢しなさい」の世界です。
それが我々、長男・長女に生まれた宝だと思っています。(長男・長女でない方、ごめんなさい)

さて、私も親の年になって判ったことがあります。
親は自分の子どもが世界中の誰よりも幸せになってほしい。
(あなたも例外ではありません。)
あなたの成人式にも¥40万の着物を着させてあげたかった。
それ以上--¥100万かも知れない。
でも、その時の経済力ではできなかったのです。
心の中で謝るしかなかった。

そしてあなたが卒業し、働くようになって、教育費は妹一人の分だけになった。
だから、少しゆとりができた。
せめて妹だけは・・・って親の気持ち・・・あなたのことをないがしろにした訳ではないです。
口には出さないけれども、心の中であなたに謝っています。
「お前の時はしてあげられないでゴメンネ。貧乏くじ引かせてしまってゴメンネ。」
(口には出さなくてもそう思っています)
だからあなたなら何も言わなくても解ってくれるだろう、と妹さんに着物を買ってあげたのです。
(あなたの方が信頼されています)

実は、私たち、長男・長女には忘れてしまった最高のことがあります。
弟・妹が生まれて来るまでは、ご両親の100%の子どもへの愛情を独り占めしていた。

ご両親に不平不満を言わず、こらえてここで質問する。
優しい子に育ちましたね。
その優しさがあなたが100%ご両親から受け継いだものです。
優しさは人生で一番大切なもの--あなたの宝です。
ご両親に感謝しましょう。

スピリチュアルに生きる(148-3)

反対に考えるシリーズ3

○私たちは”生きている”のでなく、生かされている。
 10年後、どうなっているか私たちは全くわかりません。
 極端に言えば、明日も命があるかどうかさえわかりません。
 この物質世界を経験できる、1日1日が恩寵であり、神様からのプレゼントなのです。

○お金がなくても今のままで充分。
 人と比べるからお金持ちとか貧乏とか捉えてしまうのです。
 健康で三度の食事が食べられれば、幸福の条件は満たされているはず。
 それにさらに条件をつける必要なんてありません。 

--続く、かも?(まだ続くのかっ!)--あとでまとめます。

2014年1月24日 (金)

書評--こころのおそうじ

こころのおそうじ。―読むだけで気持ちが軽くなる本
たかた まさひろ (著)
¥1300

絶版だが、中古が¥1-
文庫本化もされていて¥600

これ、良い文章です。
たしかに気持ちが軽くなる。
スピリチュアル系というわけではありませんが、下手なカウンセラーに相談するくらいならこの本を読んだ方が良いかも知れません。

たとえばこうです。
「あなたが好きな人にどう思われるか、と考えながら行動するのはOK。
でも、嫌いな人にどう思われるか、まで気にして行動する必要はないのではありませんか?」
気楽に活字を読みたい人は購入してください。

お勧め度:★★★★☆

amazonの「なか見検索」もできますが、著者のメルマガを記録したこちらのブログのほうが分かりやすいでしょう。
僕もちょっとしか読んでいませんが、分量として本1冊分以上の内容があります。
たぶん本と同じようなことを書いているので、本を買わなくても良いかも。

http://www.h5.dion.ne.jp/~takata/

別にブログもあるようです。

http://www.bestwish.jp/

書評--すごい! 人生逆転の法

すごい! 人生逆転の法: 「思考が必ず現実化」する”世界で一番”の習慣 
ロッキー リャン (著), ソフィア ツァオ (翻訳)
\1500 三笠書房

最初はロバート・キヨサキとかアンソニー・ロビンスとか誰でも知っているような本の紹介。
それから潜在意識の使い方とか目標を101たてろ、とか。

どこかに書いてあるようなことばかり。

つまらなかった。

お勧め度:★☆☆☆☆

2014年1月23日 (木)

質問への回答(50?)

「質問への回答」がいくつで継続しているのか検索する時間がないので(50)としました。--あとで時間があれば修正します。

通常の感情がなくなった?

(俗に言う『ありがとうをいう』とか『トイレ掃除をする』とか『イイコト日記をつける』とか)

============

>(俗に言う『ありがとうをいう』とか『トイレ掃除をする』とか『イイコト日記をつける』とか)
そもそも「ありがとう」と感謝することを「俗に言う」というところで間違っています。

あなたは感謝しながら生きていますか?
ということです。毎日感謝できることがたくさんあるのに。

良い結果を生じるために感謝する、というのは本当の感謝ではありません。取引です。

道を歩いているとこんな季節でも花を咲かせている植物があります。
こんなに寒い時期でも花を見せてくれてありがとう、というのが「感謝」です。

>トイレ掃除。
本当にやっていたのでしょうか?
便器だけでなく、ロータンクの中も、床も配管もやって、手洗いタオルがある場合は替えて、トイレットペーパーの補充もされたのでしょうか?
トイレのドアの開閉の具合が悪ければ、スライドラッチを調整する、とか、ドアクローザーを調整するとか(初めて聞く言葉があれば、これから調べればよいだけです。調べますか?)
トイレ掃除をやると運が良くなる、というのは掃除の行為そのものでなくて、トイレを使う人が気持ちよく使えるように、という波動を発する、ということに気づいていましたか?

>イイコト日記
という言葉は知りませんが、感謝日記はわかります。その日の出来事で感謝できることを書き綴るのです。
100や200ではない。
感謝できることがたくさんあって、「今日も生かしてくれてありがとう」となるのです。

この背景には悪口やグチや不平不満を言わない、というもの含まれています。

1日に10分間感謝して、残りの23時間50分を不平不満を言っていたらそうなります

2014年1月22日 (水)

スピリチュアルに生きる(148-2)

逆にとらえるシリーズ(シリーズかっ?)

やりたくない仕事で我慢するよりやりたい仕事の方が稼げる。

○ずっとやりたかったことを、やりなさい。
ジュリア キャメロン (著) 菅 靖彦 (翻訳)

○ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる
マーシャ・シネター 

って、不安ですよね?
だから今の仕事で我慢する。
そうではないのですよ、と僕の守護天使は語りかけます。

僕がやりたいのは、ちょっと前に書いた、
○ハングル入門
希望の方はご連絡ください。授業料¥1000/1時間
最低賃金法によれば東京都の最低時給が¥810程度。
つまり資格も学歴もなくても働けばその賃金はOKということです。
大卒で資格があるなら¥1000もらっても良いよね?

○数学の復習
小学・中学から高校1年までの数学を教えます。(中学・高校数学の教員免許あり)
もう一度数学をやってみたい方、国家試験等で必要な方に。
まあ、1回では終わりませんが、高認までは応援します。(過去に高認に合格させた実績あり)
これも¥1000/時

○スピリチュアル・アドバイス
ここで、こうやって宣伝してどれほどの希望者がいるか、です。
これも¥1000/時

ご希望の方はご連絡ください。

・・・って、違う。
あなたはどうして好きな仕事をしないのですか?ということです。
好きな仕事をすれば収入が入ってくるとしたら、あなたはどうされますか?

2014年1月21日 (火)

スピリチュアルに生きる(148)

ある家に居候がいました。
居候は、最初は遠慮していましたが、やがてその家の家族に、少しずつ要望を言うようになりまました。

「冷蔵庫を使わせてほしい」
「宅配便を受け取っておいて欲しい」

要望は少しずつエスカレートしていきました。
「自分が寝ている間はもう少し静かにして欲しい」
「自分がいる部屋に入るときは扉をノックして欲しい」

さらにエスカレートしていき、不平不満をいうようになりました。
「いつもの部屋をあなたが使うなら、今日は自分が寝る場所がないじゃないか」
「寝坊したから駅まで送っていってくれ」

居候はだんだん不幸を感じるようになりました。
(続く※)

同じ物事でも「当たり前」になってしまってはいけないのでした。

こんなどうしようもない話を書いてどうする、って?
この居候のように、家に住まわせてもらっていると思っている間は感謝なのだが、それを忘れると不平不満になるということです。
で、私たちも自分の力で生きているのでなく、ほんの数十年、部屋ならぬ肉体を借りて、生かされている、というふうに、物事を逆から見てみようということです。

(※つづき)
ついに居候は、その家の家族に「自分の部屋に勝手に入るな」と言いました。
家族は答えました。
「そこが君の部屋になったことは一度もない。」
(おしまい)

私たちの人生も仮の住み家であることが間違いありません。

さて、物事を逆から見てみることをいくつか思いつくまま並べてみましょう。

1、良い事があったから感謝するのでなく、感謝するから良い事が起こる。
(これはこれまでも説明してきました。)

2、成功したら幸福でなく、幸福だから成功する

3、何かが得られれば幸せでなく、得られなくても幸せ(どちらが絶対的な幸せでしょうか?)

4、欲しいものは得られない。(これもこのブログの読者には説明不要でしょう)

5、イヤなヤツはいなくならない。

 人生の目的の一つは愛を学ぶためです。
 自分の気に入った人を愛するのは簡単です。
 課題としては嫌いな人をどうやって愛するか?
 嫌いなままでは課題を乗り越えたことになりませんから、ずっと残る。
 そしてその人を心配したり、気持ちを抱きしめられるようになったときに、その人は自然と消えます。
 (最近、これを証明するかのようにある出来事が起こりそうです。結果が出たらまた紹介します)

6、宇宙の中に私が生きているのでなく、私の中に宇宙がある

 宇宙が私の中にあるとすると、「宇宙」よりも「私」の方が大きいことになります。
 私が空間を見るとき、自分の心の中を見ていることになります。
 時間も空間も「私」が創りだしていることになります。
 これは覚醒した人がみんなそういっているので、たぶん正しい。(僕は悟っていないので「たぶん」としか言えない--しかし逆説的に「私たちはすでに悟っている」というのもあります。)

 すると、私が外側でなく、自分の内面を見つめるときは、宇宙の創造主を見ているようなものでしょう。

 こう考えてくると、体験するすべてのことは、「私が作り出したスクリーンに展開される映画」という説明ができるのでした。
 時間と空間という座標軸を描く。
 通常は数学で座標を描くのは紙。
 この場合はスクリーンor心の中。
 つまり永遠の今に生きている私が時間と空間を作り上げ、私の創造する宇宙の中にたくさんの登場人物を創っている。
 ということは他人=自分。
 だから他人に対して行う事は自分に対しておこなうこと。

 こうして、先ほどの仕組み--キライな人を抱きしめるとその相手なり状況が消滅する--がうまく説明できます。

書評--1日で人は変われる!

1日で人は変われる!
C. ワイドナー (著), 森村 里美 (翻訳)
\1300 講談社

絶版だがamazonの中古が¥1-

メンターもの。
amazonUSAで1位になったことがあるらしい。
話の内容はミケランジェロのダビデ像製作になぞらえ、主人公に生き方のヒントを与える、というもの。

ミケランジェロなんて何も知らないから、生き方というより、美術や彫刻について勉強になった。

システィーナ礼拝堂はネット画像で見ても見事だし、ピエタも良いね!(話の途中で出てくる)

お勧め度:★★★☆☆(転職すべきかどうか悩んでいる人には良さそう)

2014年1月19日 (日)

スピリチュアルに生きる(147)

隣に住む「おばさん」が、1度だけあなたの夕食を作ってくれたとしましょう。

すごい感謝ですよね?

別に作れなくてもいい。惣菜を買ってくてくれたら感謝(って前にも書きました)

それなのに、毎日、食事を作ってくれる家族には何も言わない?

2014年1月18日 (土)

スピリチュアルに生きる(146)

ここ2回の書評でアップした「しあわせトリック」「しあわせの雑学」のどちらかに書いてあったのですが、(すぐには見つからなかった)ビートタケシがバイク事故で入院していたときに、コートの襟を立てて歩いている人を病室から見て、「オレ、あの人になりたい」と思ったそうです。
つまり日常の何気ない生活が「しあわせ」。

そういえば、明日の朝は私たちには来ます。
しかし、明日の朝があるかどうか、という地域に住んでいる人がいます。

そう、「何もない」ことが幸せ。
そう考えると感謝できることのカウントが増えます。

1億円が手に入れば幸せ。
・・・って、幸せを制限していませんか?
つまり1億円がなければ幸せになれない、という意味です。

素敵な配偶者が見つかれば・・・・
これも同じ。
配偶者が見つからなくても幸せ、というのはいかが?

そんなこと言ってもYeonsoさんは結婚しているから言えるのでしょう?--って?
違います。
siriusと知り合うまでの40年間、僕は独身でした。

で、幸せって部分でカウントする必要があると思うのです。
1億円が手に入らなくても、今でも幸せな部分はありますよね?

たとえば食事が食べられる--思うままの食事が出来ない方がおられます。
たとえば住む家がある--ホームレスが多い。
たとえば景色が見える--目の不自由な方もおられます。
街を歩ける--車椅子ではどうでしょう?

そうやって考えると感謝することばかり。

でも、職場の人間関係が・・・非常によくわかります。
そんなヤツは「自分の家まで、意識の上でも連れて帰ってやらないよ」と言って、意識から捨ててきましょう。
どうして連れてくるのです?
それでも「職場で言われたあの一言をどうしても思い出す」って?

相手は、精神的に子どもなのです。可哀想なのです。気の毒なのです。
自分の幸福を自分で決められずに人のせいにする。
「誰々のせいだ」と言っている子どもです。

自分の人生がうまくいっていないので人を責める。
つまり自分で自分の人生が不自由。
自分の力だけではどうにもならない--っていう人は気の毒ですよね?

他の人を犠牲にせねばならない生きかたはもっと不自由。
怒りを他の人にぶつける人って、「自分の幸福は他人次第」と思っているのでしょう。
他の人次第で自分の幸・不幸が決まってくると思っているのでしょう。
だから本当に気の毒。

===では、これから「感謝」のワークをしましょう===
(って、Yeonsoのブログにワークがあったのか?という方は大正解!(笑)3分で終わります)

あなたの周辺を見てください。
本1冊、CD1枚、洋服1着は、その店で、あなたがBESTだと思って購入したものですよね?
あなたはBESTだと思っているものに囲まれています。
本は何冊あります?
CDやDVDは?
洋服はや靴は?
全部カウントしてください。
500くらい?
ではあなたは500の幸福に囲まれています。

そんなにないって?
ではあなたの身体にしましょうか?
あなたの腎臓は大丈夫ですよね?
あなたの肝臓はしっかり働いていますよね?
・・・・ってキリがないので後は調べてね。臓器もたくさんあります。

あなたはこのモニターが見られるのですよね?
であれば、インターネット環境があるのは世界で1%なのですが、感謝できませんか?
そして僕のパソコンのインターネット環境はやっとXPなのですが、それ以上だと僕より恵まれています。
僕のケータイは「ガラケー」と”言われる前”のPHS(パーソナル ハンディフォン システム)なのですが、ソフトバンクやドコモを使っている時点で僕より恵まれています。

あなたは僕より幸せですよね?

==以上、ワーク終わり==・・・・どうです?簡単なワークでしょう?

書評--しあわせの雑学

しあわせの雑学―一日一杯の読むスープ
近藤 勝重 (著)
¥1300 幻冬舎

文庫本あり。中古¥1-

著者は毎日新聞論説委員。
経歴的に言葉遣いには敏感。

雑学を交えての幸せの考え方、ですね。

1つだけ紹介しておきましょう。

P138
オヤジギャグはシアワセのダジャレ

老婆は1日にしてならず。
40にしてマドモアゼル

こういうダジャレを言っても大学生は笑わないとか。

なぜなら、元の言葉を知らないから。

これで教養があるかどうか判る。

「コーディネートはこうでないと。」

「シアワセはシワとアセ」

お勧め度:★★☆☆☆

そういえば僕もダジャレを言ってないな~

まだお読みでない方は、僕が作ったダジャレ満載の以下の「新迷解国語辞典」をご覧ください。
http://homepage3.nifty.com/hasunuma/starthp/subpage04.html

問題
海老の血液型は?

書評--しあわせトリック

しあわせトリック 
おかの きんや (著)
\1000 ポプラ社

著者はプロの漫画家らしい。

コップに水が入っている。
「まだ半分ある」「もう半分しかない」
同じ出来事だが気持ちの持ち方で幸せな考え方をしよう、という内容。

○あと5歳若かったら・・・と思うとき。
5年後から現在に戻ってきた、と思えば、「やり直したいことを今やればよい」P27

○あなたはいい人ですか?それともいい人になりたい、という人ですか?(P70)

○許せない相手。
その相手のためなら許せなくても、自分が自由になるためななら許せるでしょう?
自分のために許す。あとは神様に任せましょう。(P93)

とまあ、こんな話が37くらい載せられています。

恵まれていることに目を向けましょう。

お勧め度:★★★☆☆

2014年1月17日 (金)

書評--7日間で突然頭がよくなる本

7日間で突然頭がよくなる本 
小川 仁志 (著)
\1400PHP

タイトルが内容と合わないです。
7日間で頭がよくなりません。

それよりもこれは「哲学を学ぶための7つのコツ」とか、「哲学入門全7章」とかいうべきもの。

たしかに、たくさんの哲学的な見方が紹介してあって、物事を多角的に見たほうが、解決策も見つかりやすいので「頭が良い」とはいえなくはないです。

哲学を学んだことがない人には、一度は読んでみたほうが良い本です。

たとえばあなたは「リンゴ」で何を思い浮かべますか?
リンゴジュース?アップルパイ?
そうでなくて、ニュートンやウィリアムテル、セザンヌ、ビートルズ、アップル社・・・と、こういう様々な発想が出来る人が頭が良い、ということだそうです。(P25)

そういう意味では、この本に書かれている哲学概念ベスト10(本当は30ある)などは誰にとっても重要でしょう。

お勧め度:★★★☆☆(哲学を学んだことのない人には★4)

2014年1月16日 (木)

書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ

喜ばれる―自分も周りも共に幸せ 
小林 正観 (著)
\1429 講談社

amazonの中古が¥90-

相変わらずの小林正観。

〇植物に「おはよう」というと植物も喜ぶ(P15)

〇お金を大切に使うと自然に入ってくる(P31)

新しい説明として
〇ラーメンは流行っていない店に入る
というものがあった。
そのほうがタイトルのとおり、「喜ばれる」。
しかし美味くないのでは?
一口食べて美味くなければ「私の体の一部になってくれてありがとう」とお礼をいうと味が変わるとか。(P38)

〇悪口は言わない。そう心がけている人でも気づかないのが「天気の悪口」
 たとえば「今日も寒いね」(P56)

ということで、ネタばれになるので、内容の紹介はこの程度としておきます。
これまでの著者の主張と重なることが多いのですが、新しい学びもありました。

著者の本の中では読みやすいです。(講演の記録だから)

お勧め度:★★★☆☆(小林正観をほとんど読まない人には★4つ)

2014年1月14日 (火)

書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? 
志賀内 泰弘 (著)
\1500 ダイヤモンド社

amazonの中古が¥72-

タイトルと違って、「なぜ」に対する答えは書いてありません。

ただ、小説形式ですので、ストーリーがある分、

○人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」

のような本よりは面白く読めます。(これも「なぜ?」に対する答えはありません)

読後感も悪くありません。

なぜ?を追求するならカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば・・・」でしょう。
これは前に紹介しましたが、風水の視点。
どの方角に何を置くか、ってその方向にガラクタがあったら意味がありませんから。

ということで、お勧め度:★★★☆☆

2014年1月13日 (月)

書評--もっと哲学がわかる神秘学入門

もっと哲学がわかる神秘学入門
富増 章成 (著)
\1400 洋泉社

--絶版だがamazonの中古が¥270-

文章はギャグを入れたり軽いノリであまり上品とはいえない。
しかし、古代より現代までの「哲学」と「神秘学」の要点をを網羅しているので、OKだろう。
ともあれ「神秘学」というか、オカルトというか、興味がある方にお勧め。
こういう本ばかりを読んできた僕にも良い復習になった。

キーワードを一部紹介しておこう。

アトランティス
グノーシス派
カバラ
スーフィズム
エメラルドタブレット
サン・ジェヌマン
アカシックレコード
シュタイナー
ブラバツキー

お勧め度:★★★☆☆

書評--人生は、意外とすてき

人生は、意外とすてき 私をいつくしむための50のレッスン
レジーナ・ブレット (著), 小川 敏子 (翻訳)
\1575 講談社

これ、amazonのレビュー投稿がないのが不思議なくらい、学びの多い本です。(この文章をamazonに投稿しました)

帯にはこうあります。

●生きる道がわからないなら、次の一歩だけ踏み出す。
●誰かをうらんで過ごせるほど、人生は長くない。
●「欲しいもの」か「必要なもの」か、考えてから買う。
●できない理由のコレクションをやめる。
●特別な日のためのキャンドルを、なんでもない日にともす。
●「五年たっても、まだ悩んでいるか?」と自問する。
●かなわない望みはない。全部いっぺんにかなわないだけ。
●便利でない、美しくない、楽しくないモノはすべて捨てる!

帯以外の、僕の印象に残った目次タイトルは次のような感じ

●「いま」を「つらい過去」に占領させない
●必死に生きよう。さもなければ必死に死のう
●世界中の人が「無理!」と言っても、やりたかったら断固やる
●幸福とは、すでに持っているものを必要とすること

お勧め度:★★★★★(中古が¥1-)

2014年1月10日 (金)

書評--青い象のことだけは考えないで!

青い象のことだけは考えないで!
トルステン・ハーフェナー (著), ミヒャエル・シュピッツバート (著), 福原美穂子 (翻訳)
\1680 サンマーク出版

原書のタイトルは
Denken Sie nicht an einen blauen Elefanten!
(僕は3年間ドイツ語を学んだことがある。)

さて、タイトルも著者のお気に入りのようで、考えるな、といわれると余計に考えてしまう、という。
この著者、2ヶ月ほど前に紹介した「心を上手に透視する方法」と同一。

つまり、心理の専門家。
この書き込みの一番最後にある数字が書いてあります。---もちろん、今は見ないで。
あなたにこれからその数字を当てていただきます。

10から50までの数字のうち、1つを思い浮かべてください。
書いてある数字は奇数です。
もう1つ。
2つの数字は異なります。
たとえば「11」や「33」ではありません。
「17」や「19」なら選んで構いません。

もう一度書きます。
2つの数字は奇数で、2桁は異なる数字です。(答えは最後)

===話は変わって===

この本はプラシーボ効果など、思考が身体に与える影響とか、言葉による実験データなどがたくさん紹介されている。
話は多岐に渡り(わるく言えばまとまりがない)、最終的には人生の可能性を広げる思考法を説明している。
それも単なるポジティブシンキングはかえって悪い影響を及ぼすことがあることや「成功すれば幸せになれる」は間違いだとしている。

「何かに成功すれば幸せになれると思っていたら、いつまでも幸せになれない。これはいくつかの研究であきらかになっている。実際はその逆なのだ。幸せであれば成功する」p263

その思考方法も紹介している。

お勧め度★★★★☆

さて、先ほどの数字の解答が見えてしまわないように余計な話を。

僕は先ほど、ドイツ語を学んだことがある、と書いた。
こう書くと、少しはドイツ語ができると思われるかな?
いや、全くできない。
(これがこの本の主題でもある言葉のマジック?)
たしかに大学時代の必修科目の第二外国語はドイツ語だったので、ウソではないのだが、1年で済むところ、2年続けて単位を落として、3年の時にやっと単位を取れたのだった。
夜間部なので授業が少なく、フランス語やスペイン語などの選択肢がなかった。
フランス語やスペイン語ならフランス・スペイン以外にもたくさん使えるのに、ドイツ語ってドイツとオーストリアしか使っていないので魅力がなかったのだ。

今は英語の勉強をもっと真面目にやっておくべきだった、と思っている。
日本語に翻訳されていない本を読むには、英語力(スピリチュアル系のほとんどが英語)が必要だからだ。
いや、今からでも遅くはないだろう。
少しずつ英語を覚えてみよう。

韓国語なら片言くらいは何とかなるのですが・・・・

ハングル(韓国語でなく文字のみ)を覚えたい方は「3時間で覚えるハングル」
http://homepage3.nifty.com/yeonso/hanh.htm
をご覧ください。
読んでいられないよ~という方は、直接指導も承りますのでメールください。
(授業料は¥1000/時間ということで)
1日で基本のハングルを読めるようにします。

さて、2桁の数字の解答です。

「37」
まれに
「35」

これが著者のいう心理誘導とのこと。

2014年1月 9日 (木)

書評--運命を変える7つの学びのステージ

運命を変える7つの学びのステージ―幸せに向かう心のレッスン   
ジェームズ アレン (著) 葉月 イオ (翻訳)
\1100 ゴマブックス

この本は他のジェームズ・アレン本(たとえば原因と結果の法則)のように成功哲学が中心ではない。
むしろ、正しく生きなさいとか、モラルを守りなさいとか書かれている。

そしてamazonのレビューには、こんな訳にしやがって、みたいなことが書かれている。
たしかに訳が滅茶苦茶で原文の精神を損ねる本というのは多数存在する。

ではこの本の原文はどうだろう?

King of Mind,Body and Circumstance
で検索すると、英語のサイトにあたる。
全文が読める。(とっくに著作権切れなので)
http://james-allen.in1woord.nl/?text=man-king-of-mind-body-and-circumstance

ざっとみたところ、そんなに原文を改ざんしているとは思えない。

つまり、ジェームズ・アレンは単なる物質的な成功を求めるよりも、人道的な生き方を重要視していた、と見るべきだろう。
この時代のW・アトキンソンなども同じところを目指していたようである。

2014年1月 6日 (月)

書評--心に残る感動の物語

4000万人が泣いた心に残る感動の物語
李 昌祐 (編集, 原著), 洪 和美 (翻訳)
\1000 日本文芸社

--絶版だがamazonの中古が¥100--

余計な説明は書きません。35篇のミニストーリーです。
このブログでも紹介したこともある本を含め、下記の書籍をお気に入りの方にお勧め

○世界でいちばん大切な思い/イ・ミエ(第2巻あり)
○奇跡の体験/チャールズ・E・セリアー(続編あり)
○幸せを呼ぶ奇跡のお話/イタ・ハルバースタム
○鏡の法則/野口嘉則
○明日はもっと素敵な日-こころのチキンスープベストセレクション/ジャック・キャンフィールド
○ゆるしのメッセージ―最高の自分をつかむために /くらなり ひろし

【注意】
電車の中などでは決して読まないでください。

お勧め度★★★★☆
(★5でないのは、単なる悲しいお話もあるから)

もとになったサイトは次のとおり(韓国語)
http://www.happy.co.kr/happy2005/happy_index.html

さて、検索するとこんな本も同じような感じ?
「魂が震える話 ― 人がひとを想うということ ―」
(中古もちょっと高い)
1つのストーリーがyoutubeで読めます。
http://www.youtube.com/watch?v=uh9jdPpv5K8

2014年1月 5日 (日)

書評--ツールズ(2)

Tools
2回目通し読み。

どうやらこの本は「スピリチュアル・システム」を説明している。

「苦しみを選ぶ」
これはどういうことか?
宇宙が、私たちの人生にもたらしてくれたものを避けないということだ。
すでに起こった過去の出来事も、私たちの選択の結果だとすれば、まさに”選んで”いる。
そしてすべての出来事を受け容れられるようになった時、それは私たちが無条件に宇宙を肯定している、ということだ。
つまり、「苦しみ」というのは宇宙を無条件に肯定する教材として与えられているのかも知れない。

ということで、それに加えて「感謝の流れ」。
宇宙が与えてくれるものすべてに感謝するのだ。
苦手な人・嫌いな人は「感謝」する教材として与えられているのかも知れない。
だとすれば、直接的に相手にその相手を感謝する必要はなく、(もちろん、自分に対して殺意を抱く人を感謝するのは無理だろう)「源泉」に感謝するのだ。

そうして、自分の力で、宇宙を動かすことなどできない、と知ったとき、
自分の運命を創造しているのは、ハイヤー・フォースだと悟ったとき、
ハイヤーフォースとつながることができる。

実のところは、そのためにネガティブな出来事が生じているらしい。
力づくでも変えられないような、ネガティブな出来事は、「変えようとする」のでなく、受け容れる必要がある、ということを宇宙が教えてくれている。
すると逆説的であるが、物事がうまくすすむようになる。

問題とその答えはセットになっているのがスピリチュアルシステムであるらしい。

いや~、レベル高いよ、この本は。

2014年1月 1日 (水)

書評--ツールズ/The Tools

あけましておめでとうございます。

============

このブログで「2013年3月 2日 (土)」にさわり部分だけ案内して、もう9ヶ月。
やっとゆっくり読めました。
文字数も内容もスカスカの本は1時間で読めますが、これは6時間かかりました。
(というか、繰り返し読まねばならないから数十時間かな?)

3月2日の記事は削除します。

==とりあえず3月2日分をこちらにもコピー==

ツールズ/The Tools
フィル・スタッツ (著), バリー・マイケルズ (著), 野津智子 (翻訳)
\1600 早川書房

まだ、途中までしか読んでいないのですがが、相当にレベルの高い自己啓発書です。
人生を変える文字通り、5つの「ツール」。
といって瞑想や儀式でなく、考え方そのもの、行動の指針。

つまらない自己啓発書10冊分以上の価値があります。

ツール1
苦しみを望む。

苦しみを避けるのでなく、「望む」。
そうしたら苦しみは苦しみでなくなってしまうよね。
コンフォートゾーン(快適な場所)にいたままでは進歩は望めない。
勉強だって、遊んでいただけでは身につかない。

その考え方を説明している。

以下、タイトルのみ紹介。

ツール2 進んで与える愛。

ツール3 内なる権威

ツール4 感謝の流れ

ツール5 危機

とまあ、ツール2とツール4はともかく、1,3,5のタイトルを聞くとしり込みしてしまいそうです。
でも、人生には1,3,5もあるわけで、それらをどうとらえるか?
「ハイヤー・フォース」を味方にしてパワーをもらえば良いようです。
人によってはこれが人生の教科書になるでしょう。
読み終わったらまた感想の続きをアップする予定。
==以上、3月2日分==

著者は2人だが、中心に書いているのは元弁護士の現職セラピスト。
ただのセラピーではない。人生を変えるセラピー。

「Tools」というのは人生を変えるツール。

ツール1 苦しみを望む。
スポーツ選手が脚力を鍛えるには苦しい練習を積まねばならない。
スピリチュアリストが精神を向上させるには、「コンフォートゾーン(快適な場所)」にいたままでは進歩は望めない。
だから「苦しみを望む」。
実のところ、「かかって来なさい」と、”苦しみを望む”だけで、ゲーム感覚になるかも知れませんよね。
イヤだからと、避けている苦しみがやってきたのと訳が違う。
すると、「苦しみ」を与えていた「ハイヤー・フォース」(目に見えない、宇宙の、自分の味方のエネルギー)まで応援してくれるようです。

ツール2 進んで与える愛。
自分の好きな人を愛するのは易しい。
自分の嫌いな人・苦手な人を愛するのが本当の愛。
M・L・キングはこう言っていた。
「キリストが”汝の敵を愛せ、と言ったのは助かった。”好きになれ”でなくて良かった」
好きになる必要はない。
ハイヤー・フォースは「こんな人でも愛せるか?」と、私たちの成長のための課題をくれる。
もちろん、宗教的な修行まがいではありません。
肯定できないことに妥協する、ということでもありません。
しかし、愛すると「見えない力」が働いて物事が良い方に向くようです。

ツール3 内なる権威
これは僕はコメントできません。
大勢の前や権威のある人の前に立つと、頭の中が真っ白になる、というような緊張感から抜け出すTOOLです。
僕は、昔の職業柄というか、数百人の大人の前でも「言いたいことを伝えられる機会」と思っていますので、僕にはこのTOOLは必要ない、というか卒業しているかも?
しかし、このツールはそれが苦手な方が乗り越えられるツールです。
(そういえば、中学時代から僕は生徒総会で発言を繰り返していた--余談です。)

ツール4 感謝の流れ
不平不満の発言で満たされている方にはこのツールは必須。
そんな発言をしようとしたときに、「感謝」を思い出すのです。

そして感謝するのです。
自分が生まれてきたことに。
自分の身の回りにあるもの、ひとつひとつ。
これって、買い物で「今売っているもので一番気に入った」として買ってきたものですよね?それって買ったら満足しておしまい?、
明日、生きているかどうか判らない状況で今日を生きている人がいます。
日本では病気や事故に遭わなければそんな心配ない。
感謝です。

この本では、既に起こったことでなく、「起こらなかったこと」にも感謝することを紹介しています。
銃撃戦に会わなかった。(日本ではほとんどない)
これまでの人生で火事に遭わなかった。
なんていうもの感謝。

これまでの「感謝」本と違い、これもハイアー・フォースが働いていることを説明しています。

ツール5 危機
さて、この「ツール」を用いると「ツールがなくてもOK」という状況が現われるそうだ。
そして「ツール」を使わなくなると、元の自分に戻るだけ。
消費主義=本を購入するだけで消費しているだけ。活用しない。
そういったCMが蔓延しているので、そこからの脱却。
私たちは「消費者」でなくて「創造者」にならなければならないのですよ・・と著者は言う。

第7章
「今回は効果は多少あったものの、そんな”ハイヤー・フォース”って存在するのですか?」
と著者は共著者のフィルに質問をぶつける。
フィルは答える。
目に見える「科学的」を追っても仕方ない。それよりレベルの高い、「目に見えないもの」がハイヤーフォースなのだから。

以上のツールを活用すればハイヤー・フォースからは無限のエネルギーが流れてくる。
それを理論的・科学的に説明することはできない。
理論や科学を超えたところからくるものだから。
こういう例えはどうだろう。
私たちの周囲には様々な電波が飛び交っていて、あとはTVの周波数をあわせるだけ。

ということで、ざっと感じたことを述べましたが、是非読んでみてください。

お勧め度(再掲)★★★★★

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »