« 書評--人生は、意外とすてき | トップページ | 書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? »

2014年1月13日 (月)

書評--もっと哲学がわかる神秘学入門

もっと哲学がわかる神秘学入門
富増 章成 (著)
\1400 洋泉社

--絶版だがamazonの中古が¥270-

文章はギャグを入れたり軽いノリであまり上品とはいえない。
しかし、古代より現代までの「哲学」と「神秘学」の要点をを網羅しているので、OKだろう。
ともあれ「神秘学」というか、オカルトというか、興味がある方にお勧め。
こういう本ばかりを読んできた僕にも良い復習になった。

キーワードを一部紹介しておこう。

アトランティス
グノーシス派
カバラ
スーフィズム
エメラルドタブレット
サン・ジェヌマン
アカシックレコード
シュタイナー
ブラバツキー

お勧め度:★★★☆☆

« 書評--人生は、意外とすてき | トップページ | 書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58935112

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--もっと哲学がわかる神秘学入門 :

« 書評--人生は、意外とすてき | トップページ | 書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? »