« 書評--不死のしくみ | トップページ | 書評--新・成功哲学 »

2014年1月29日 (水)

書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる

ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる―いつでも誰でも簡単に、望みを叶える量子物理学的手法
うさぎ (著)
¥800

やられたな!という感じ。
小林正観が、阿部敏郎が、エイブラハムが、ザ・シークレットが、そして僕が、説明が足りなかった引き寄せの法則を、量子論を用いてうまく説明している。

アファーメーションのように、ポジティブ波動を発して強引に望みを「引き寄せる」のでなく、
波動は電波と同じなのだから無数のパラレルワールドの中から同じ周波数に「チューニング」する。
その周波数帯がタイトルの「ヒューマン・バンド」。

例えば「お金を大切にすると、お金が集まる。」ここまでは小林正観も何度も書いている。
どうして?
著者はいう。
お金も波動でエネルギーだから、大切にしてくれる波動のところへ共振し、集まりやすくなる。

この装丁の本は通常、¥1000以上するものだが¥800とは良心的。(消費税別)

amazonでは否定的なレビューもあるが、引き寄せの法則を補完する必読書として僕は勧めたい。

お勧め度:★★★★★

著者からの紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/bestseller700manbutoppa/39483870.html

最近、続刊が出版された

====メモ(これらも含めてこの本は説明している)=====

小林正観の五戒・・不平・不満、愚痴、泣き事、悪口、文句

小林正観の「き・く・あ」・・・・競わない・比べない・争わない

ザ・シークレットの「高い」波動・・・愛・感謝・賞賛

小林正観の「そ・わ・か」・・・掃除・笑い・感謝

« 書評--不死のしくみ | トップページ | 書評--新・成功哲学 »

書評」カテゴリの記事

コメント

何年か前に、安田隆さんの「波動干渉と波動共鳴」や中村天風の本をアマゾンで購入した関係で、このうさぎさんの「ヒューマンバンド~」がお勧めされていたので、2巻目ともども、購入しました。

また、小林正観さん(お亡くなりになられたようですが)の「すべてを味方 すべてが味方」等も読んでいたのですが、今一つピンとこない。そういう感じだったわけです。

それが、この「ヒューマンバンド~」では、量子力学的視点から、いろんな要素が「同調、飽和、結晶(あるいは「同調、増幅、現象」)」という概念に整理されていて、分かりやすかったです。

また、「与え×感謝の二乗=実現」という公式は、アインシュタインの「e=m c二乗」という相対性理論の公式と同じ構造で、「自分の想念と現象が実は=であり、その確率を高めるために必要なのが、感謝と肯定の積み重ねなのだ」。というのも、目からうろこという感じでした。

あと、「般若心経」で言う「無」や「空」も「チューニング」という風にとらえれば、良くわかるわけです。

つまり、増えようが減ろうが、生じようが滅しようが、汚れようがきれいになろうが、対象となるものに「チューニングを合わせなければ」、無いのと同じ、自分には関係ない。こういうことだと分かります。

つまり、このヒューマンバンドの考え方こそ「般若波羅蜜多(悟りあるいは真実へと至る知恵)」なのではないかと思ったりします。

その一方で、不幸な人は、自分自身を自分の手で「不幸な境遇」に「チューニング」しているので、それに気づきさえすれば、いくらでも逆転が可能だと、この本は教えてくれるわけですがね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59029744

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる:

« 書評--不死のしくみ | トップページ | 書評--新・成功哲学 »