« 書評--もっと哲学がわかる神秘学入門 | トップページ | 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ »

2014年1月14日 (火)

書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか?

なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? 
志賀内 泰弘 (著)
\1500 ダイヤモンド社

amazonの中古が¥72-

タイトルと違って、「なぜ」に対する答えは書いてありません。

ただ、小説形式ですので、ストーリーがある分、

○人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」

のような本よりは面白く読めます。(これも「なぜ?」に対する答えはありません)

読後感も悪くありません。

なぜ?を追求するならカレン・キングストンの「ガラクタ捨てれば・・・」でしょう。
これは前に紹介しましたが、風水の視点。
どの方角に何を置くか、ってその方向にガラクタがあったら意味がありませんから。

ということで、お勧め度:★★★☆☆

« 書評--もっと哲学がわかる神秘学入門 | トップページ | 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/58944757

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--なぜ「そうじ」をすると人生が変わるのか? :

« 書評--もっと哲学がわかる神秘学入門 | トップページ | 書評--喜ばれる―自分も周りも共に幸せ »