« スピリチュアルに生きる(148-3) | トップページ | 書評--不死のしくみ »

2014年1月26日 (日)

質問への回答(51)

Q
私の成人式の時は自分でスーツを買ったのに妹は40万の着物って・・


私は長男ですが、同じようなものです。
母子家庭で貧しかったため、私は昼間の大学に行けずに働きながら夜間部大卒。(もちろん入学金などは自分で働いて支払い)。
弟は昼間の大学卒。おまけにヨーロッパに留学までしている。(もちろん、私が家に入れていた賃金の一部も入っている)
¥3000万の家を購入してローンの支払いは私。
約15年のローンの終わった今、その家は弟が住んで、私は別の家を購入し新たにローンを支払っている途中。
¥40万の着物で嘆いてはいけません。

今ならあなたも大学に進学できるでしょう?(夜間部でも通信教育でも)
親のせいにしている年齢ではありません。
自分の人生は自分で開拓するのです。

あなたが”長女”というマイナス面だけに目を向けているのは賛成できません。
長男・長女と言う立場は責任感も忍耐力も包容力も次女・次男以上に育っているはず。
「お姉ちゃんだから我慢しなさい」の世界です。
それが我々、長男・長女に生まれた宝だと思っています。(長男・長女でない方、ごめんなさい)

さて、私も親の年になって判ったことがあります。
親は自分の子どもが世界中の誰よりも幸せになってほしい。
(あなたも例外ではありません。)
あなたの成人式にも¥40万の着物を着させてあげたかった。
それ以上--¥100万かも知れない。
でも、その時の経済力ではできなかったのです。
心の中で謝るしかなかった。

そしてあなたが卒業し、働くようになって、教育費は妹一人の分だけになった。
だから、少しゆとりができた。
せめて妹だけは・・・って親の気持ち・・・あなたのことをないがしろにした訳ではないです。
口には出さないけれども、心の中であなたに謝っています。
「お前の時はしてあげられないでゴメンネ。貧乏くじ引かせてしまってゴメンネ。」
(口には出さなくてもそう思っています)
だからあなたなら何も言わなくても解ってくれるだろう、と妹さんに着物を買ってあげたのです。
(あなたの方が信頼されています)

実は、私たち、長男・長女には忘れてしまった最高のことがあります。
弟・妹が生まれて来るまでは、ご両親の100%の子どもへの愛情を独り占めしていた。

ご両親に不平不満を言わず、こらえてここで質問する。
優しい子に育ちましたね。
その優しさがあなたが100%ご両親から受け継いだものです。
優しさは人生で一番大切なもの--あなたの宝です。
ご両親に感謝しましょう。

« スピリチュアルに生きる(148-3) | トップページ | 書評--不死のしくみ »

雑談」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59015817

この記事へのトラックバック一覧です: 質問への回答(51):

« スピリチュアルに生きる(148-3) | トップページ | 書評--不死のしくみ »