« 書評--今ここに、死と不死を見る | トップページ | 書評--ひとり悩むあなたを支える言葉 »

2014年2月27日 (木)

書評--新しい黄金時代への鍵

新しい黄金時代への鍵―「愛を生きる」高次元の叡智 
ミケーラ コルドー (著),  内園 かおり (翻訳)
\2800 太陽出版

チャネリング本。
アセンデッドマスターやミカエルの言葉に満ちている。

この本によれば、地球はすでに1997年にアセンションしている、という。
2012年は何もなかったかのように終わってしまったら、逆に信じられるかな?

地球は既に5次元に移行しているが、この本の読者はライトワーカーとして
まだ3次元レベルに留まり、一緒に5次元に上昇しようとしているという。

天使本でないにもかかわらず、守護天使に言及しているのでは、この本が一番詳しい。

紫の炎、とか12の光線とか、類書でも書いてあったが、380ページに及ぶこの本は、さらにエレメンタル、地球のチャクラ、イニシエーションと何かと説明のフォローがなされている。

以上に書かなかった用語として、巻末の用語集では

オーバー・ソウル
ロゴス
ハーモニック・コンヴァージェンス
アヴァター
サナンダ

などが紹介されている。

類書を読まれている方は聞き覚えがあることでしょう。

それらの類書がよくまとめられている、という感じです。

お勧め度★★★★☆
(定価は高いですが、やっと中古が700円台になりました)

« 書評--今ここに、死と不死を見る | トップページ | 書評--ひとり悩むあなたを支える言葉 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59207606

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--新しい黄金時代への鍵:

« 書評--今ここに、死と不死を見る | トップページ | 書評--ひとり悩むあなたを支える言葉 »