« 書評--誰が夢のバスを運転している? | トップページ | 書評--人生のすべては、取り返しがつく! »

2014年2月22日 (土)

書評--宇宙につながる運命の金の糸

宇宙につながる運命の金の糸―ミラクルを実現する5つの法則
佐藤 明紀良 (著)
\2100 ハート出版

1,2,3・・・(ひ、ふ、み・・・)
という頭文字を使って

「ひ」必要なときに、必要な援助が私に与えられる
「ふ」不屈の精神が、あらゆる物事を成し遂げさせてくれる
「み」自らの細胞が・・・(P30)

こういうのって自然じゃないよね。

それを「かきくけこ」の5Kも使って
関係
教養
工夫
健康
貢献

だって。こじつけが含まれているよね。

アダムスキーの本までも紹介する宇宙ワールド(P171)では「あかさたな・・」を使って
「あ」あらゆる物事は・・・
「か」考えるより・・・

こんな語呂合わせだったり、半分は趣味で作っているとしか思えません。

あとは、感謝しようとか、目標を設定しようとか、他の本に書いてあることばかり・・・

帯の宣伝によればこれが現役大学教授の「名物授業」なわけね。

お勧め度:★☆☆☆☆

« 書評--誰が夢のバスを運転している? | トップページ | 書評--人生のすべては、取り返しがつく! »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59176559

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--宇宙につながる運命の金の糸:

« 書評--誰が夢のバスを運転している? | トップページ | 書評--人生のすべては、取り返しがつく! »