« 書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる | トップページ | 書評--心の翼を手に入れる5つの物語 »

2014年2月 2日 (日)

書評--新・成功哲学

新・成功哲学―伝説の能力開発トレーナーが明かす   
高橋 定男 (著)
\1300 現代書林

絶版だがamazonの中古が¥145-

ベースになっているのがナポレオン・ヒル。

〇お金を愛していると集まってくる。

〇あげた分だけ返ってくる。(P66)

〇人間は自分を受け入れた程度だけ相手を受け入れることができる。(P75)

心理学も導入しながらなかなか良いことを書いている。
これまでの自己啓発書にはなかった語り口。
なかなかの本・・・と思っていたら山本五十六の「男の修行」という詩が出てきた。(P160)

はい、これでこの本の価値は★1つになりました。(山本五十六が出てくるまでは★4いくかどうか、と思っていたのに-ー海軍大将といえば大量殺人鬼ではないか!)

著者のHP
http://summit428.com/index.php?%E3%83%88%E3%83%83%E3%83%97
上級はセミナー料金が4日で¥30万!

途中で紹介されていたゲシュタルト(ゲシュタルト療法にご存知ない方は検索してね)の詩は初めて読んで、感心したのですが・・・

<ゲシュタルトの祈り;フリッツ・パールズ,國分康孝訳>
 我は我がことをなさん 汝は汝のことをなせ
 我が生くるは 汝の期待にそわんがためにあらず
 汝もまた 我の期待にそわんとて生くるに非ず
 汝は汝,我は我なり
 されど,我らの心 たまたまふれあうことあらば
 それに越したことなし 
 もし心通わざれば それもせんかたなし

<パールズを超えて;ウォルター・タッブズ,國分康孝訳>
 曰く 我は我がことをなし 汝は汝のことをなす,と
 されど それのみならば 我らの絆,失わるること明白なり

 我が生くるは 汝の期待にそわんがために非ず
 されど,我 かけがえなき汝の存在に脱帽せんとするものなり

 そしてまた 我も汝に脱帽の礼をうけんと欲す
 我ら相互に 心とこころふれあいしときのみ
 我らここに在り,と宣言すべきなり
 汝との絆失わば 我すでにおのれを喪失したも同然なり

 我らの心ふれあいしは 偶然にあらず
 心を尽くし思いをこめて 求めあいしがゆえに
 心通うに至りしなり
 いたずらに,事の流れに おのれをまかしたるに非ず
 内に期するところありしが故に 心ふれあうに至りしなり
 然り,事の起こりは 我が発心なり
 されど 我が発心のみにて 足れりとするに非ず
 真理のきざしあるは 我と汝と 共にあるときなり

って、訳が文語なので口語訳も紹介しておきましょう。(「ネットでも「ゲシュタルトの祈り」、そしてその弟子であるタッブスの「バールズを超えて」の様々な訳が見つかります。

<ゲシュタルトの祈り>F.S.Perls

私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。

私がこの世に存在するのは、あなたの期待に応えるためではない。

あなたも、私の期待に添うためにこの世に存在するわけではない。

あなたはあなた。私は私。

もし偶然にもあなたと私が出会ったなら、それは素晴らしいこと。

もし出会わなかったとしても、それはそれで素晴らしいことだ。

===============

<パールズを超えて>W.Tubbs

私は私のことをする。あなたはあなたのことをする。

もしそれだけならば、お互いの絆も私たち自身も失うことになる。

私がこの世に存在するのは、あなたの期待に応えるためではない。

しかし、私がこの世に存在するのは、 あなたがかけがえのない存在であることを認めるためであり、

そして私もあなたからかけがえのない存在として認めてもらうためである。

お互いの心がふれあった時にはじめて、私たちは本当の自分になれる。

私たちの心のふれあいが失われてしまえば、私たちは自分を完全に見失ってしまう。

私とあなたの出会いは偶然ではない。

積極的に求めるから、あなたと出会い心がふれあう。

心のふれあいは、成り行きまかせではない自分から求めていったところにある。

全ての始まりは私に委ねられていて、そして一人では完結しない。

本当のことは全て、私とあなたとのふれあいの中にあるものだから。

別バージョンの邦訳

「ゲシュタルトの祈り」フリッツ・パールズ

わたしはわたしのことをする。

あなたはあなたのことをする。

わたしは何も、あなたの気にいるためにこの世に生まれてきたわけじゃない。

あなたも私の気にいるために生きているわけじゃない。

あなたはあなた、わたしはわたし。

もしも、わたしたちがお互いに出くわすなら、それはすばらしいことだ。

しかし、もしも、出くわさなかったら、それは、しかたのないことさ。

原文

【BEYOND PERLS】

If I just do my thing and you do yours,
  We stand in danger of losing each other
  And ourselves.

I am not in this world to live up to your expectations;
  But I am in this world to confirm you
  As a unique human being,
  And to be confirmed by you.

We are fully ourselves only in relation to each other;
  The I detached from a Thou
  Disintegrates.

I do not find you by chance;
  I find you by an active life
  Of reaching out.

Rather than passively letting things happen to me,
  I can act intentionally to make them happen.

I must begin with myself, true;
  But I must not end with myself:
  The truth begins with two.

by Walter Tubbs

« 書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる | トップページ | 書評--心の翼を手に入れる5つの物語 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59053107

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--新・成功哲学:

« 書評--ヒューマンバンドをチューニングすれば全てが思い通りになる | トップページ | 書評--心の翼を手に入れる5つの物語 »