« スピリチュアルに生きる(148-5) | トップページ | スピリチュアルに生きる(148-6) »

2014年2月12日 (水)

書評--ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる

ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる 
マーシャ・シネター (著)
\1950(新書版\924)VOICE

中古は¥1-

先日予告したとおり、タイトルの本を10年ぶりに読み返しました。

あらためて気づきましたが、これ、結構スピリチュアル。

お金というタイトルですが内容は、自分を大切に生きなさい、ということ。

生活のために、自分を犠牲にしていませんか?

起きている時間のほとんどを我慢する仕事にあてて良いのですか?

ということで、好きなことをしてポジティブな波動であるなら、生きていくためのお金くらいは入ってくるでしょう。

お勧め度★★★★☆

これとセットで
「ずっとやりたかったことをやりなさい」(最近続編も出た)ジュリア・キャメロン著
「本当に好きなことをして暮らしたい」バーバラ・シェール著
があるから読み返さねば。

さあ、やりたくない仕事から足を洗う準備にかかろう。

これから先、今の職場でこのまま学びが全くないわけではないが、2年半でかなり学び、新たな学びが少なくなっている。
高次から、辞める方向性が示されることも、だんだん多くなっている。

これをウチの奥様は「卒業」という言葉を使った。
なるほど。
まもなく今の職場は卒業だ!

« スピリチュアルに生きる(148-5) | トップページ | スピリチュアルに生きる(148-6) »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59120135

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--ワクワクする仕事をしていれば、自然とお金はやってくる :

« スピリチュアルに生きる(148-5) | トップページ | スピリチュアルに生きる(148-6) »