« 書評--史上最高のセミナー | トップページ | 書評--宇宙につながる運命の金の糸 »

2014年2月20日 (木)

書評--誰が夢のバスを運転している?

誰が夢のバスを運転している? (DVD)
\3360 ナチュラルスピリット

いつもは本ですが、今回はDVDとなります。
発売されたばかりで中古はないし、それなりの値段ですが、90分の講演や授業では¥3000ということはよくあるので、奮発しました。

目覚めた人9人による説明。

○この二元的世界は幻想

○ワンネスのみが真実

○悟ることはできない。すでに悟っているのだから。

○あなたは死ぬことはない。生まれていないのだから。

とまあ、これまでも覚醒した人の本を読んできましたが、そうきたか?という発言もありますね。
一切は「無」なのだけれど虚無主義とは全くことなり、愛がすべてであるとのこと。

お勧め度★★★★☆

出来事がただの幻想であるなら、私たちの思考もただ流れている。
それを「観察」するのが高次の自己なのまでは分かる。
自分の思考や感情を観察し、人も観察し、植物も、建物も・・時間までも観察する。
しかし、それより背後に「無」というのがあるらしいから難しいですね。
もっとも、考えてもどうなるものでもない、とも言っているけど。

ところで、同じようにインタビューした本で先月発行された「わかっちゃった人たち」が品切れ。
重版を待っているところです。

« 書評--史上最高のセミナー | トップページ | 書評--宇宙につながる運命の金の糸 »

書評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/523730/59168125

この記事へのトラックバック一覧です: 書評--誰が夢のバスを運転している? :

« 書評--史上最高のセミナー | トップページ | 書評--宇宙につながる運命の金の糸 »