« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

書評--天国体質になる!

天国体質になる!──仕事を楽しむ52の秘訣
鶴岡 秀子 (著)
¥1300 講談社

書いてある内容は良いんです。
(amazonのレビューをご参考に)

ビジネスや日常生活での成功の秘訣がたくさん書かれています。

著者名で検索するとWikipediaでも出てきます。

著者の企画する「伝説のホテル」なのですが

「ホームページ上では2006年の起業当初は直営ホテルを2010年に開業予定と記されていた。その後何度か書き換えられ、2011年頃までは2012年開業予定とされていたが、2012年冬頃に開業予定は調整中と変更され、その後の更新はされていない。
2012年4月にタラサ志摩ホテルの運営を受託するも、5か月後の2012年9月にオープンに至らぬまま撤退・契約破棄。」

と説明されています。

ビジネスで成功しなかった人の言葉だと思うと、もう読む気にはなりませんでした。

書評--人生に奇跡を起こす幸運力

人生に奇跡を起こす幸運力―「思いどおりの生き方」を手に入れる6つの感性
花千代 (著)
\1300 大和出版

絶版だがamazonの中古が¥1-

最初に自分の生い立ちを紹介し、こんな生い立ちの私でも成功できたんだから、だれでも幸せになれますよ、という書き方。

ジョセフ・マーフィーのファンだった、と書いてあり、潜在意識の活用も書いてある。

ちょっと鼻につく書き方もしているのだが、自分の体験から全部説明しているので仕方ないかも知れない。

どちらかといえば、というより最初から女性向けの本。

「辛いことは、物語の主人公になり切って楽しむ」(P144)

「苦労の後に「いいこと」が待っているとは限らない」(P146)

なんてことは他の本には書いてありませんね。

お勧め度★★☆☆☆

女性はどう受け止めるでしょうか?

2014年3月26日 (水)

書評--幸せになるために捨てるもの

幸せになるために捨てるもの
中野 裕弓 (著)
¥571 日本文芸社

何を得るでなく、何を捨てるか。
人生で捨てるべきものは多い。

この本は薄くて安いが、これを詳しくしたもの

「幸せになるために捨てるもの84のリスト 」

はamazonの「なか見検索」で目次が見られるので、どんなものを捨てるべき、と著者が書いているか分かる。

説明も読みたければ中古で¥1-なので購入されると良いでしょう。

お勧め度★★★☆☆

書評--誰も教えてくれなかった 運とツキの法則

誰も教えてくれなかった 運とツキの法則   
林野 宏 (著)
\1470 致知出版社

amazonでの評価は高い。

しかし・・・僕から見ると、他のビジネス系の自己啓発書に書いてあることだらけ。
どうして評価が高いのか理解できない。
「誰も教えてくれなかった」ことはない。

「勝ちたい」ではなく「勝つんだ」で運とツキが変わる(P27)

この程度のことなら別に読まなくても良いのでは?

お勧め度★★☆☆☆

書評--クロスロード

書評というより映画?
まあ字幕を読んでいるので書評とも言えなくもない。・・・・カテゴリは気にしないでください・

悟り系の検索をして「アミット・ゴスワミ」という物理学者の名前を知った。
(じつは「超次元の成功法則」にも出ていたのだが)

それで検索すると

映画『クロスロード:新しい世界観の陣痛』
http://www.youtube.com/watch?v=4XbclWTPkEM

という動画があった。
1時間3分の映画の全編をyoutubeで見ることができる。
内容は地球環境を中心に、私たちは一つにつながっており、生き方を変えねば地球は持続できない、というもの。
途中で紹介されている心理学の簡単な実験も勉強になるので一度は見ておく価値があると思います。

その中でも登場する「アミット・ゴスワミ」は物理学者でありながら覚醒したらしい・・・

amazonで検索しても出てこないので、著書はまだ邦訳されていないようです。
以下、サイトを検索してみました。

彼の文章が少し邦訳されています。

http://www.voice-inc.co.jp/content/project/950

http://moo-jp.crystalgarden.shop-pro.jp/?eid=604848

http://moo-jp.crystalgarden.shop-pro.jp/?eid=605220

2014年3月21日 (金)

書評--わかっちゃった人たち

わかっちゃった人たち~ 悟りについて普通の7人が語ったこと
サリー・ボンジャース (著, 編集), 古閑 博丈 (翻訳)
¥1575 ブイツーソリューション

ちょっと前に「誰が夢のバスを運転している?」DVDの際にタイトルの本が売り切れと書いた。
その第二版がようやく発売された。

内容は、本当に普通の人が、話している言葉をそのまま本にしたもの。

自分は存在していない。
現象がただ起こっているだけ。
時間は存在しない。
自分はこの宇宙のすべて。
人生の目的は存在しない。というより人生が存在しない。
マインドは悟れない。
”それ”は探しても見つからない。最初からここにあるのだから。

トニー・パーソンズという名前が頻繁に出てくる。
それは実は「誰が夢のバスを運転している?」の登場人物の一人でした。

お勧め度★★★★☆

関連記事を探していたらこんなのが見つかりました。

「真我が目覚めるとき」

http://4649soul.blog.fc2.com/

これも悟りに関して相当に優れたブログのようです。

2014年3月18日 (火)

書評--宇宙が応援する生き方

宇宙が応援する生き方   
小林 正観 (著)
\1500 致知出版社

amazonの中古が¥130-

この本は講演内容を本にしたようで、ダジャレ全開です。

最後まで一気に読めてしまえます。

欝になるのは2種類ある。
そのうち1種類は「霊体にとり憑かれた場合」(P59)
その場合、7つの言葉(嬉しい・楽しい・幸せ・愛してる・大好き・ありがとう・ツイてる)を3000回繰り返すと霊体が離れていくので欝がなおってしまう。

思いどおりにならないことを思いどおりにしようとするから、思いどおりにならないという結果が返ってきて、それがストレスになる(P66)
もともと思いを持たなければいい。(P124)

江戸時代にできた”テラコヤ”って「寺小屋」じゃないですよ。詳しくは本をお読みください。

という感じで相変わらずの著者でした。

お勧め度★★★☆☆

2014年3月14日 (金)

書評--夢を見て生きる

夢を見て生きる 
ブルース ウィルキンソン (著)  佐藤 純子 (翻訳)
\1400 いのちのことば社

絶版だがamazonで中古が買える。(¥995)

2011年7月。
このブログで「ヤベツの祈り」を紹介したが、同著者によるもの。

第一部はストーリー仕立て。
話は具体的ではないのだが、「平凡」という名前の主人公が夢を叶えるまでの道のり。

第二部は著者の解説。
夢を追って生きようとするときに、必ず現れる障害とそれに対する考え方&対処法。

実は著者も神の伝道師になるのが夢で、その途中に現れる壁に何度も遭遇しているという。

聖書からの引用が多いので、減点だが、それさえなければ、夢に向かって生きようとするしっかりした指針になっている。

聖書に抵抗がない人は、古本で安く売っていたら、是非ご購入を。

お勧め度★★★★☆

書評--幸せになる9つの法則

幸せになる9つの法則
鈴木 秀子   (著)
海竜社 ¥1143

絶版だがamazonの中古が¥35-

この著者名はどこかで見たことある、と思ったらエニアグラム関係を含めて本をたくさん書いている人なのですね。
文章もしっかりしていると思ったら、聖心女子大学の元教授。

「9つの法則」というのはこじつけ気味だが、一つ一つ紹介している逸話などはなかなか良い。
コルベ神父の話はなかなかだし、遊園地へ向かう親子の話(これは僕は別の本で読んだ)も読む価値あります。

般若心経というのが出てくるから仏教系かと思いきや「シスター」なのですね。

本をたくさん出版しているので、著者名で検索すると、いろいろ引用/紹介されています。
参考になる文章も多いです。

お勧め度★★★★☆

2014年3月10日 (月)

書評--感謝力―人生に成功と幸福をもたらすミラクルパワー

感謝力―人生に成功と幸福をもたらすミラクルパワー
原 久子 (著)
春秋社 ¥1500

少し前に僕もここで書いたのだが、同じようなことがこの本に書いてある。

「嫌いな相手に悩んでいるとき、感謝するとその相手の役割が終わったので縁がなくなる。」(P69~73)

両親と不仲の人が感謝するには?
「両親を他人だと思う。」(P168)
これも前に書きました。毎日、食事の支度をしてくれる家族には感謝できないけど、隣のおばさんが1回でも作ってくれたら感謝でしょう?

そして自分の体を借り物だと思う。すると体にも感謝ができる。それを続けると病気も治るそうです。

さて、そのように、人生を改善するには内観法というのがあるのだが、これは著者のセミナーに参加しないといけないかも。

「真我」というのはあなたの幸せを願っている。だから幸せになって当たり前。
しかし、そのためには、幸せになるのを妨げている、これまでに溜めてきたネガティブなものを浄化しないと。
さあ、真我実現セミナーに参加しましょう。・・・(とは直接言っていないが、かなり宣伝的ではある。)
http://www.haraacademy.jp/

セミナー料金も高いが、本の内容は同じ「真我」の佐藤某よりは良いと思う。

お勧め度:★★★☆☆(セミナーの宣伝部分をカットすれば★が1つ増える)

書評--願う前に、願いがかなう本

願う前に、願いがかなう本
Keiko (著)
大和出版 ¥1300

内容は良いかも知れない。
しかし、僕にとっては文章がNG。

「愛を大きくする秘密兵器をご紹介するわね。・・・愛ってね、色がついているの。・・・あなたは、色にエネルギーがあるのをご存知かしら?」(P24)

こういう高圧的な文体は、最初の段階で読む気が失せた。

こういう文が本全体に続いているのを気にならない人には、新しい情報も得られるでしょう。

とりあえず、amazonの「なか見、検索」で冒頭部分の文章を読んでから購入を検討されることをお勧めします。

お勧め度:★★☆☆☆

2014年3月 5日 (水)

書評--魔法使いになっちゃった!?

魔法使いになっちゃった!? 
西山 啓道 (著)
\1500 ブログハウス

タイトルとは異なり、意外に真面目な内容。

人はみんな魔法使い。
潜在意識をクリアにすれば、一人ひとりが本当の魔法使いであったことを思い出す。

成功哲学本ですが、他の本とは一線を画します。

普通の成功本に飽きたら、一度は読んでみても良いでしょう。

半分はチャネリング本の扱いかな?

とにかく読みやすいです。1時間程度で読めます。

お勧め度:★★★☆☆

2014年3月 2日 (日)

書評--ひとり悩むあなたを支える言葉

ひとり悩むあなたを支える言葉~心を救った偉大なセラピストの教え~
諸富祥彦 (著)
すばる舎

「スピリチュアル・カウンセリング」(江原氏でなく)を探していたら著者の本にあたった。
「スピリチュアル・カウンセリング入門」は上下巻で4000円以上するし、中古も高いので考慮中。

さて、タイトルの本ですが、僕は購入していません。
amazonの「なか見、検索」で各セラピストの言葉が、目次に紹介されているのです。
それだけで十分?

カール・ロジャースやらフランクルなど、大御所の言葉がそのまま読める。
一つや二つは心に響く言葉があると思います。目を通してみてください。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »